« ダリオ館の幽霊 | トップページ | MWA賞最優秀長篇賞受賞作 »

2009年2月27日 (金)

社会派ボンド

「007/慰めの報酬」(2008年 イギリス/アメリカ)
★★★★

観たのは1カ月近く前。愛する女性を失った痛手から立ち直れずにいるジュームズ・ボンド・・・はてさて、前作「カジノ・ロワイヤル」のヒロインがエヴァ・グリーンだったのは覚えているけど、彼女がどうなったのかが思い出せない! とても歯がゆい思いで観たのが心残り。たぶん似たような理由で、前作の復習をした人が多かったに違いない。映画館の帰りにさっそくレンタル店に寄ったら前作DVDはすべて貸し出し中。その後も店を覗くたびに貸し出し中。これが作戦だったらずるいな〜。

Photo

なんだかジェイソン・ボーン・シリーズのような007でした。でも、ダニエル・クレイグにはこういうストイックな役のほうが似合ってると思うし、マット・デイモンよりもこの手の役がしっくりくる。

悪役も、その賛同者たちも、彼らの企ても、時代に即していて非常に分かりやすく、ボンドに肩入れしやすかったです。背中の日焼け跡などおかまいなしのオルガ・キュリレンコ(中南米系と思ったらウクライナ人)と、この映画の中の清涼剤であったジェマ・アータートン(登場したときのファッションが印象的!)という2人のヒロイン、加えてあっさりしたラストも好みでした。上映時間はカジノ・ロワイヤルより40分近く短いところが、カジノよりも007シリーズらしい感じがした。こっちのほうが好きです、たぶん。

敵役のマチュー・アマルリックは「潜水服は蝶の夢を見る」で知ったけれど、雰囲気的に日本だと、元パンクロッカーがその後に俳優に転身、またはその後に作家に転身した人たちを思い浮かべる。

« ダリオ館の幽霊 | トップページ | MWA賞最優秀長篇賞受賞作 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28397740

この記事へのトラックバック一覧です: 社会派ボンド:

« ダリオ館の幽霊 | トップページ | MWA賞最優秀長篇賞受賞作 »

インデックス

無料ブログはココログ