« 英国王は登場しませんが。 | トップページ | どこにでもある残酷 »

2009年1月18日 (日)

今年の大河は欠かさず見なければなるまい。

主人公の直江兼続が仕える殿が北村一輝なので(゚▽゚*)
期待満々で見始めました。
とりあえず第1回と第2回は、子役たちの巧さと可愛らしさに目を奪われっぱなしで、再放送もしっかり見てしまった(笑)。そして今日が第3回。演じる人たちが大人の俳優に入れ替わりはしたけれど、まだ人物紹介がメインなところがあるし、主人公たちの若さを出すためにコミカルな演出が多かったのも構わないのだけれど、画面までがすごく明るくてフラットなのはうちのアナログテレビのせいなのかな…。これからはもっと野外ロケが増えていくとうれしいです。

Photo_8

北村演じる上杉景勝はどんな性格なのだろうかと気になって、藤沢周平の歴史小説『密謀』(新潮文庫)を読みました。原作本のほうは読んでしまうと楽しみを損なうのでパス。
主人公が兼続で、景勝は兼続と二人きりで打ち合わせる場面くらいしか登場しません。それでも会話は一方的に兼続がしゃべり、合間に景勝の「・・・・・」が挟まる程度。よく言われるとおりの無口な男。でも、小説も終わりのほう、関ヶ原決戦のあとに初めて、兼続の進言に対して景勝が叱りつける場面があり、ここが小説の山場になっているとともに、景勝の人間臭さが表出する唯一の場面になっていました。

ネタバレになるけれど、この小説の中の景勝は「天下人になるような器量ではないと自覚している男」。今日のドラマでは、同じく謙信の養子・景虎に勝っている点が一つも思い浮かばないと、冗談半分ながら兼続に言われてしまう場面がありました。これからさまざまなエピソードを通じ、ドラマの中の景勝も成長していくはずで、せめて度量は大きい人物だったり、裏表がない人物だったりして、子供には分からないかもしれないけれど大人にはしっかり魅力が伝わる人物になっていってくれることを北村ファンとしては祈りたいです。でも、よほど大丈夫だと思います。後からじわじわと深みを発揮してきますからね、北村さんは。

« 英国王は登場しませんが。 | トップページ | どこにでもある残酷 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28528602

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の大河は欠かさず見なければなるまい。:

« 英国王は登場しませんが。 | トップページ | どこにでもある残酷 »

インデックス

無料ブログはココログ