« これぞライブ・バンド! | トップページ | ドイツの記録的ベストセラー »

2009年1月10日 (土)

30年ぶりの…

先週半ばにパット・メセニー・グループのライブをブルーノート東京で見ました。私にとっては、1980年前後に中野サンプラザで初来日か2度目の来日コンサートを見て以来ということになるので、なんとほぼ30年ぶりwwwwww
30年という実感がまったくない……。


メンバーはメセニー(g)、ライル・メイズ(key)、スティーヴ・ロドビー(b)、アントニオ・サンチェス(ds)でした。チケット代が安くないので、正月にはお年玉の出費もあるしと、実は誘われたときはちょっと渋ったのだが、ライル・メイズが一緒というのでやっぱり見たいということになり、ソールドアウトぎりぎりで予約。しかし、ライブというのはやっぱりいいものです! 日常の嫌なことから一瞬のうちに解放されたりします。

4、5曲目に「Are You Going With Me?」をやってくれたときには、涙を流しながら心の中で「元は取ったー!」と叫んでいました(せこい!)オープニングが懐かしい「Phase Dance」だったのが嬉しかったし、「Minuano」では会場が大盛り上がりでした。タイトルを知らないけど変拍子の曲もよかったよ。でも、サイド席しか取れなかったので音はだめだめ。あと、ドラムソロになるとかなり大きな音でドンカマも鳴っていたのですが、あれはいったい…。

「Are You Going With Me?」
http://www.youtube.com/watch?v=u7Nqxy7f_JA&hl=ja


メセニーのライブは2回目なのに、ジョン・スコフィールドやパット・マルティーノなんかはときどき来日しているのを知っていながら逃しているのが悔やまれる。次は一人でもガッツ出して行こう。

« これぞライブ・バンド! | トップページ | ドイツの記録的ベストセラー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28529371

この記事へのトラックバック一覧です: 30年ぶりの…:

« これぞライブ・バンド! | トップページ | ドイツの記録的ベストセラー »

インデックス

無料ブログはココログ