« 容疑者は初代“King of Jazz” | トップページ | 勝手に前髪が切られてしまっていますよ。 »

2008年12月22日 (月)

事件は現場で起こっているんだ!

リドリー・スコット最新作。原作はジャーナリスト出身の作家デイヴィッド・イグネイシアスの同名小説。

「ワールド・オブ・ライズ」(2008年 アメリカ)
★★★★

Photo_13

欧米各地で爆破テロを企てるアラブ人首謀者の隠れ家を突き止める任務を受け、イラクで潜入捜査を行うCIA工作員のフェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、アメリカ本部から現場を無視した冷酷な指示を送る上司ホフマン(ラッセル・クロウ)に対し、次第にいらだちを募らせていく。やがて、命からがら手に入れた情報をもとに、フェリスはアンマンに移動してヨルダン情報局の責任者サラーム(マーク・ストロング)に協力を仰ぐように命じられる。が、サラームはフェリスを受け入れるがCIAは信頼せず、ある条件をフェリスに課する…。


(以下、大いにネタばれしています)

いまやCIAが歴史の陰でそうとうに汚い工作をしてきたのはよく知られていることなので、爆破テロ集団のリーダーが実はCIAの傀儡と疑って観ていたのは、私だけではないはず…笑。だから、フェリスの作り上げた嘘も、アメリカ人の驕り丸出し、許し難いことには変わりないが、それほどの衝撃はないのだ。しかし、フェリス自身あんな工作を考え出しておいて、ホフマンに対して「自分がアメリカのようなことを言うな」とぶちぎれるのは皮肉です。

映画タイトルからすると、登場人物たちの騙し合いが見どころになっているのかなと思いますが、それより、衛星監視カメラやネットなどの先進機器を駆使して情報を集めるアメリカCIAに対し、アラブ人たちは昔ながらの人を介した方法を信頼している、この対比を描いていたのが面白かったです。その意味で、最も印象的だったのは、フェリスがシリアの砂漠の真ん中でさらわれる場面。爆破テロ組織なのにあっぱれ!と思ってしまいました。

ラストも良かった。CIAを辞める決心をしたフェリスは、故国アメリカに戻ってもよかったはずだけれど、愛する女性がいる場所こそ自分の居場所として選んだのがクールだったですよ。
私的には旅行したヨルダンやシリアを思い出しながら見れたのも楽しかった。アンマンは観光客にはいたって平和に見える街です(難民地区を除く)。

« 容疑者は初代“King of Jazz” | トップページ | 勝手に前髪が切られてしまっていますよ。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28530274

この記事へのトラックバック一覧です: 事件は現場で起こっているんだ!:

« 容疑者は初代“King of Jazz” | トップページ | 勝手に前髪が切られてしまっていますよ。 »

インデックス

無料ブログはココログ