« 勝手に前髪が切られてしまっていますよ。 | トップページ | 30年ぶりの… »

2008年12月28日 (日)

これぞライブ・バンド!

昔のインタビュー映像が時折はさまる以外は、ほぼ全編、いま現在のストーンズのライブパフォーマンス。

「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」(2008年 アメリカ)
★★★★

Photo_10

映画館では前から2列目中央に座ったのだけれど、大正解だった。映画というのを忘れて、最初の2曲が終わったときに思わず拍手しそうになったよ笑。これから観る人にも、ぜひうんと前のほうに座って観ることをおすすめしたいです。


ストーンズは「悲しみのアンジー」で興味を持ち、10代のときにアルバム5、6枚買って聴いていたので当時はそれなりにファンだったはず。あと、東京ドームのライブにも一度行ったし。でも、近年はほとんど疎くて(ビル・ワイマンが脱退したのを忘れていて探してしまったくらい)、まずは60代半ばのメンバーの若さに驚愕したっす。なんといってもミック・ジャガー! 歌も素晴らしいが、なんだあの体型は! あの動きは! 若さを保つ秘訣を本にでも書いたら売れるんじゃないか…。商業主義にどっぷり浸かっています。すみません笑。

自分はジェイムズ・ブラウンの「聴衆を熱狂させることが使命」のようなライブ・パフォーマンスが大好きで、そういう音楽こそがポピュラー音楽の原点だとも思っているけれど、ジャンルは違っても、ストーンズもまったく同じことをやってきたのだと映画を観てあらためて思った。ミックのあの若さも、最高のパフォーマンスを行うために維持されてきたものだろうか。そのプロとしての凄みに今さらながら圧倒されたよ。

でも、映画用の選曲だろうか、「アズ・ティアーズ・ゴー・バイ」はちょっと無理があった。最も好きだった曲「悪魔を憐れむ歌」も思ったほど盛り上がらなかった。やはり普遍性があるのは「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」などのキース・リチャーズ独特のギターリフが入った曲かも。しかし、キース・リチャーズ、へたくそだなあ。そのへたさが気にならないのもライブ・バンドとしての長いキャリアがなせることなのだよね。

ストーンズ以上に強烈な印象を残したのが、1曲だけゲストで出たバディ・ガイ。彼が登場してギターを鳴らし始めた途端に、音楽のテンションが一気に上がった。もうやばいくらいにとんがっていて、ストーンズが一瞬色あせる。陸上の100メートル走で白人選手と黒人選手が競う図を思い浮かべた。クリスティーナ・アギレラもゲストで、彼女も割と好きなのだけれど、せっかくリサ・フィッシャーがコーラスでいるのだから、リサの歌も聴きたかったな。んー、どうしてもブラックびいきになってしまうのか、自分は。

« 勝手に前髪が切られてしまっていますよ。 | トップページ | 30年ぶりの… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28529652

この記事へのトラックバック一覧です: これぞライブ・バンド!:

« 勝手に前髪が切られてしまっていますよ。 | トップページ | 30年ぶりの… »

インデックス

無料ブログはココログ