« 今年のミステリ小説を振り返る | トップページ | 女フランケンシュタイン(博士じゃなく怪物のほう) »

2008年12月14日 (日)

Doblog Music Awards 2008

はじまりはブラックミュージックk.m.joeさん主催のDoblog Music Awards 2008にエントリーさせていただきます!


長年メインに聴いてきたブラックコンテンポラリー系が、最近はどれを聴いても区別がつかなくなっているばかりか、たまにいいなと思っても繰り返し聴くことがほとんどなくなっているのは、ひとえに自分の感性が鈍ってきているからです。

Photo

そんな中で、今年唯一しつこくリピートして聴いたのが、2007年の作品になってしまいますが、クリセット・ミッシェルの「Let's Rock」。彼女のアルバムの中では人気のないほうに属するこの曲が、私にはなぜかツボでした。♪My mane is Chrisette Micheleで始まる平歌の部分を聴くだけで元気が出ます。ピュアで健気なところが、うきうきしてくる要因かと思います。部門名は【最もリピートして聴いたで賞】でいいでしょうか。

「Let's Rock」
http://www.last.fm/music/Chrisette+Michele/_/Let%27s+Rock


******************************************

Photo_2

一方で、いま気になっているのは、クワイエットストームの王道を行きそうな歌声をもったアンソニー・デイヴィッド。声ばかりか顔もどことなくルーサー・ヴァンドロスに似ています。アコースティックなブルースもよいし、「Lady」のような女性とのデュオ曲もよいわ〜。旧作もさかのぼって聴かなきゃと思っています。アンソニーといえば、ハミルトンの新譜も楽しみ。もうすぐ届く!


評価の高いアル・グリーンの最新作は、聴く気満々だったのにまだ聴いていません。


Photo_3

ラファエル・サディクの新しいアルバム『The Way I See It』は、ようやく聴くことができました。古いソウル・R&Bをオリジナル曲で再現することがアルバム丸ごとのコンセプトになっていて、トニーズのときにもアレンジ面で似たようなことをやっていたけれど、それよりもう少し時代をさかのぼったテイストのものが多くなっている感じです。アルバム前半を数曲聴いたところで、あまりにオールドマナーすぎることに少し疑問も感じましたが、後半になるにつれてラファエルらしさが際立ってきたように思いました。歌メロは聞きこむほどに好きになりそうです。

« 今年のミステリ小説を振り返る | トップページ | 女フランケンシュタイン(博士じゃなく怪物のほう) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28532801

この記事へのトラックバック一覧です: Doblog Music Awards 2008:

« 今年のミステリ小説を振り返る | トップページ | 女フランケンシュタイン(博士じゃなく怪物のほう) »

インデックス

無料ブログはココログ