« こんなに集客力がないなんて予想外 | トップページ | 北欧の元祖・警察小説 »

2008年11月30日 (日)

80万の大軍に5万で立ち向かう

三国志に登場する“赤壁の戦い”を描く歴史スペクタクル大作の前編。国内興行成績トップ独走中。ようやく観てきました。

「レッドクリフ Part1」(2008年 中国/日本/台湾/韓国/アメリカ)
★★★★

Photo_4

三国志についてはほとんど知識がないので、冒頭の説明がありがたかったです。状況を飲み込むためのストレスを感じず楽しむことができました。正直、物語には深みを感じなかったけれど、合戦シーンはさすがジョン・ウー監督、そしてお金をかけているだけある。かっこよく迫力も満点。

孔明役の金城武は、いつも笑っているような黒目勝ちの目がこの映画の中では個性的で、周瑜役のトニー・レオンらに比べて存在感負けしそうな予感があったけれど、そんなことはなかったです。逆にトニー・レオンに優れた武将役はあまり似合わないと思いました。いちばん華があるように感じたのは趙雲役のフー・ジュン。見せ場がしっかりあったし。周瑜の妻で傾国の美女、小喬役の女優さんもなかなか良かったです。物語の中心はこの人?

気になったのはNHK大河ドラマ風のメイン音楽。CMでさんざん耳にしていたせいもあり、繰り返し出てくるとなんだか安っぽく聞こえて興ざめ。あと、中村獅童はなぜ“特別出演”扱いなのでしょうか。出資が関係しているのはおぼろげに想像がつくのだが、あの役どころで、そして俳優としての獅童程度の知名度・実績で特別扱いとは、本人も恥ずかしい思いをしているのではないでしょうか。

« こんなに集客力がないなんて予想外 | トップページ | 北欧の元祖・警察小説 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28548575

この記事へのトラックバック一覧です: 80万の大軍に5万で立ち向かう:

« こんなに集客力がないなんて予想外 | トップページ | 北欧の元祖・警察小説 »

インデックス

無料ブログはココログ