« 悪夢はつづく | トップページ | 信頼している者こそ疑え。 »

2008年9月29日 (月)

象が泳ぐんだよ、珊瑚の海で。

宣伝チラシのスーフィーダンスの写真が気になり、観にいきました。

「落下の王国」(2006年 インド/イギリス/アメリカ)
★★★★

1915年、ハリウッド。撮影中の事故で重傷を負い病院のベッドに横たわるスタントマン、ロイ。身体が動かず自暴自棄となり、自殺願望にとらわれていた。同じ病院に入院中のアレクサンドリアは、家族を手伝ってオレンジを収穫中に樹から落下して腕を骨折した5歳の少女。じっとしていられず敷地内を歩き回っていて、ロイの病室へと辿り着く。ロイはアレクサンドリアを呼び寄せると思いつきの冒険譚を語って聞かせる。ロイの語るめくるめく物語にすっかり引き込まれていくアレクサンドリアだったが...。 (allcinemaより)

Photo_15

スペイン総督によって孤島に囚われた5人の男と木の精霊が復讐のための旅に出る、というのがロイの創作した「お話」。少女にせがまれて毎日少しずつ語られるその「お話」自体は、(ロイは自分のことで頭がいっぱいなので)成り行き任せもいいところなのだが、少女が思い描くビジュアルがすごい。世界24カ国以上でロケした風景と、いかめしいデザインの石岡瑛子の衣装のコラボによる映像美が圧巻!

でも、たくさんの世界遺産も舞台にした映像は、その場所を知らない人間には新鮮だが、よく知っている人にとってはどうなんだろうか。映像が地理的つながりを無視してあちこち飛び回るので、少女と一緒に「お話」の世界にひたる以前に、現実に引き戻されてしまいそうではありますが。地方を舞台にした2時間ドラマなどで、その土地の名所ばかりが脈絡なく登場するときの違和感に近いかも? しかし、世界をひとまたぎなスケールで、CGを使わず、時間をかけて最高のタイミングで撮影された映像をスクリーンで眺めるというのはかなり贅沢な気分です。

一方、青年ロイと少女アレクサンドリアの物語の部分では、アレクサンドリアを演じたインド系(訂正...ルーマニア人でした)の女の子があまりに自然にふるまい、可愛らしいので、ロイの役の人が食われてしまい、ロイの悲劇の印象があまり残っていません。しかし、どんな名優も子役にはかなわないといいますからね...。あの女の子のまん丸顔と、演技しているのか素なのか判然としない仕草は、個人的にはビューティフルワールドな映像以上に気になった。

ロイの「お話」は後半、予想に反する方向に進んでいく。子供のための「お話」にハッピーエンドを求める大人は多いが、子供のほうは、お話を聞きながら想像をふくらませたことを何より楽しんでいるのではないかと、最後に少女が蝶を見つける場面で思いました。あのラストがとても良かったです。

« 悪夢はつづく | トップページ | 信頼している者こそ疑え。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28553984

この記事へのトラックバック一覧です: 象が泳ぐんだよ、珊瑚の海で。:

« 悪夢はつづく | トップページ | 信頼している者こそ疑え。 »

インデックス

無料ブログはココログ