« アメリカからやってきた超ファミリー | トップページ | 思い出映画館といえばここか三鷹オスカー »

2008年9月19日 (金)

70年代の音を作った人がまた一人

Normanwhitfield

今月16日、音楽プロデューサー/コンポーザーのノーマン・ホイットフィールドが死去。
テンプテーションズのプロデュースで頭角を現した人ですけど、個人的には映画音楽としても大ヒットしたローズ・ロイスの「カーウォッシュ」が思い出深い。ファンクを、当時子供だった私にもそのかっこよさ、楽しさが分かるポップチューンに仕上げ、親しむきっかけを作ってくれた一人です。

前日にはピンク・フロイドのキーボード、リチャード・ライトの訃報もありました。日曜日は昼間から雨戸を閉め、部屋を真っ暗にして、飽くことなくステレオにかじりついていました。若い頃にお世話になった方々が亡くなると、何かひとこと書かずにはいられません。

« アメリカからやってきた超ファミリー | トップページ | 思い出映画館といえばここか三鷹オスカー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28554092

この記事へのトラックバック一覧です: 70年代の音を作った人がまた一人:

« アメリカからやってきた超ファミリー | トップページ | 思い出映画館といえばここか三鷹オスカー »

インデックス

無料ブログはココログ