« 「大の男がよってたかって…」 | トップページ | いま最もスーパーヒーローの似合う男 »

2008年8月31日 (日)

齢七十の腐れ縁コンビ

紙の値上がりのためか、文庫本の値段もいきなり上がっているみたいだ。講談社文庫はただでさえ文字が大きいのに、この程度の厚みで上下巻合わせて1840円ってのがちょっとした衝撃で、以来ネット上では中古商品を選んで購入。しかし、自分が購入するのは年間せいぜい40、50冊程度とはいえ、翻訳小説が売れなくなっていることに荷担してしまうことのジレンマもあるのだ。...と、殊勝なことをたまには言ってみる。

『還らざる日々』ロバート・ゴダード著/越前敏弥訳
(講談社文庫 2008年邦訳)

50年ぶりとなる空軍時代の同窓会に出席するため、かつて基地だったスコットランドの城館に向かったハリー・バーネット。列車で同行中の一人が失踪し、さらに不審な事件が旧友たちを襲う。直前に参加を取りやめたバリー・チップチェイスと共に、警察から嫌疑をかけられたハリーは...。 (文庫裏表紙より)

Photo_25

『蒼穹のかなたへ』『日輪の果て』に続くハリー・バーネット・シリーズだそう。あいにくその2冊は読んでいないのだが、楽しい本だったよ。暗めの歴史ミステリを書く作家のイメージが強かったゴダードだけど、これは登場人物たちの会話にユーモアがあって軽快!
ハリーとバリーの年寄り腐れ縁コンビは『オールド・ディック』みたいだなあと思ったら、解説者の方も例に挙げておられた。何よりもバリーのキャラが良いわ。口の達者な前科者の詐欺師なのだけど、ハリーに対してだけはしおらしい一面があり憎めない。いわゆる和みキャラ。

殺人の嫌疑をかけられたハリーとバリーは、自分たちで真犯人を見つけようとするのだけれど、手がかりを求めて動き回っても、いちいち期待はずれに終わる。あんまりそんな調子が続くと、読んでいるほうもいらいらしてきそうなものだが、直後のハリーとバリーのやりとりが楽しいので、その「期待はずれ」が次第にお約束のように思えてくる。読後感もさわやかでよかった。


***************************************
このブログにお気に入りページとしてリンクを貼っていた洋書店ブログ「ランダムウォークの日々」が、しばらくぶりに覗いたらNot Foundになっていた。親会社である海外書籍・雑誌輸入販売の最大手、日本洋書販売が倒産していたのだった。私自身は洋書を読むことはまずないのだけど、スタッフによる海外文学ニュースは、とても親しみやすく、面白く読んでいたので残念です。

« 「大の男がよってたかって…」 | トップページ | いま最もスーパーヒーローの似合う男 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28555585

この記事へのトラックバック一覧です: 齢七十の腐れ縁コンビ:

« 「大の男がよってたかって…」 | トップページ | いま最もスーパーヒーローの似合う男 »

インデックス

無料ブログはココログ