« 利用される「宗教の違い」 | トップページ | 真夏の昼下がりの映画館は睡魔との戦いなのだ »

2008年7月23日 (水)

左遷先は全英一平和な町

1人だと見分けがつかないが、2人以上でいるとすぐわかる・・・客席の映画オタク率がやたら高い! 後で分かったが、前作がゾンビのパロディ映画で話題になった監督(エドガー・ライト)の映画だからのようだった。そして、なんと映画の中にも彼らの仲間が登場し、うるわしい友情を見せつけてくれたのだ。

「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」(2007年 英/仏)
★★★☆

Fi2621627_1e 首都警察で圧倒的な検挙率を誇るニコラス・エンジェル巡査(サイモン・ペッグ)は、「君がいると僕たちみんな無能に見えちゃう」という署内全員一致の理由で、サンドフォードというド田舎へいきなり左遷されてしまう。そこはベスト・オブ・カントリーにも選ばれるほどの平和でのどかな町。しかも、トロくてお人好しの新米警官ダニー(ニック・フロスト)と相棒を組まされ、エンジェルの調子はくるうばかり…。

普通のヒューマンコメディかと思ったら、中盤で本格的サスペンスの色合いが濃くなり、そこからまさか、あんな不謹慎でおバカ全快な方向にずれていくとはね・・・。いままであまり見たことのないタイプのコメディだった。その「ずれ」が計算づくなのか、いい加減なのかよくわからないんだけど、面白ければいいのかな。最後は清々しい気持ちで見終えたし。

何が受けたかって、前半までの映画の雰囲気にそぐわない殺人方法の過激さ、死体のリアルさ。ゾンビのパロディ作品を撮った人の映画だなんて知識がなかったものだから「何、この、間違った力の入れようは?」とやたら可笑しくて。連続殺人の動機が、まさかそんな理由ではないよねと思っていた、そのまさかだったことも受けた。まんまとミスリードされちゃった。

しかし、一番びっくりしたのは、「この人知っている。誰だっけ?誰だっけ?」と映画観ながらずっと気になっていたスーパーマーケットの経営者役が、エンドロールの字幕でティモシー・ダルトンと分かったとき。ひっくり返りそうになった。記憶の中とまったく違うキャラクターになっているもんだから。
ビル・ナイはともかく、ジム・ブロードベントやパディ・コンシダインなども、こういう映画に嬉々として出るんですね。イギリスの俳優はユーモアに関しては間口の広いというか。ほかにケイト・ブランシェットがカメオ出演していたらしい。どこに出ていたんだろう。

« 利用される「宗教の違い」 | トップページ | 真夏の昼下がりの映画館は睡魔との戦いなのだ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

えー?ティモシーダルトンは一目でわかったよん。毛糸ぶらんけっとは、私もわからなくて調べたんだけど、最初の辺で、殺人現場の鑑識チームで、防護マスク?被って出て来る主人公の元恋人役(目の部分しか出とらん!)だってさ。後から知って、あまりの扱いように笑っちゃったよ。前作からのコアなファンが沢山いますね。色んなものがぐちゃぐちゃに詰まった映画ですよね。

>えむさんあー、あれがブランシェットね、職場恋愛ばかりしている人(笑)。すっきりした、ありがとう。ダルトンは、分かって当然です。変装も何もしていないのになぜ分からなかったのだろ。いろんなものがぐちゃぐちゃ・・・そうそう。最後の方でゴジラかウルトラマンでも出てくるのかと思った。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622980

この記事へのトラックバック一覧です: 左遷先は全英一平和な町:

« 利用される「宗教の違い」 | トップページ | 真夏の昼下がりの映画館は睡魔との戦いなのだ »

インデックス

無料ブログはココログ