« 真夏の昼下がりの映画館は睡魔との戦いなのだ | トップページ | 善と悪のせめぎ合い »

2008年7月28日 (月)

いわゆる「感動」はありません

『見ることの塩』を読んだ直後に、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ内戦の戦犯カラジッチ逮捕で、個人的なタイミングに驚いたあ。EU加盟推進派が政権を握ったばかりってことは、民族派との間になんらかの取引があったのかしら?
で、これもたまたま、上記の本に登場するイスラエルのアラブ系俳優ムハンマド・バクリの息子サーレフ・バクリが出ている映画をDVDで見ました。<

「迷子の警察音楽隊」(2007年 イスラエル/フランス)
★★★

Fi2621629_1e 文化交流のためにイスラエルにやってきたエジプト・アレクサンドリアの警察音楽隊8人。しかし、出迎えはなく、自力で移動しようとするが、言葉のハンディから目的地と違う町に到着してしまう。その町での一晩の出来事…。

警察音楽隊が到着した場所は、いかにも砂漠の中の入植地といった、味気ない団地ビルの林立する町。そこに暮らすユダヤ人たちも皆どこかうつろだ。迷い込んだエジプト人8人は、飲食店を経営する女性に泊まる場所を世話してもらうが、これが「田舎に泊まろう!」のほうがまだ刺激的に思えるくらい、ありきたりなことしか起きないのだ。人と人との感動的なふれあいなどあざ笑うがごとく! このありきたりで退屈なところが、おそらくこの映画の意図しているところなのだと思う。
それにしても、あまり巧い映画とは思わなかった。

**************************************

久々に派手な爆破シーンのある映画観た。

「デジャヴ」(2006年 米)
★★★☆

デンゼル・ワシントン主演。ハリケーン・カトリーナの爪痕残るニューオリンズで撮影されたサスペンス映画。なんと途中からSFに! 意外な展開でしたが、最後は納得いかないなあ。ハッピーエンドだったけど、「プレステージ」と同様にグロテスクな思いがする。
あと、いろいろな辻褄合わせの盛り込み方がわざとらしすぎる。

« 真夏の昼下がりの映画館は睡魔との戦いなのだ | トップページ | 善と悪のせめぎ合い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622982

この記事へのトラックバック一覧です: いわゆる「感動」はありません:

« 真夏の昼下がりの映画館は睡魔との戦いなのだ | トップページ | 善と悪のせめぎ合い »

インデックス

無料ブログはココログ