« 新手のノワール・コメディ | トップページ | 石をひっくり返す者 »

2008年6月30日 (月)

守護犬ボンボン

「今夜、列車は走る」を観たときに、アルゼンチンの映画だったらこれが面白いよとすすめられてレンタル。やはり突然職をなくしてしまうおじさんの話。

「ボンボン」(2004年 アルゼンチン)
★★★★☆

初老の男フアン・ビジェガスは、20年もの間まじめに働いてきたガソリンスタンドを、オーナーが代わったとたんクビにされてしまう。再就職先も見つからず、住まいもなくしたフアンは、娘夫婦の家で肩身の狭い日々を送っていた。そんなある日、人助けをしたフアンは、そのお礼として大きな白い犬“ボンボン”をなかば強引に贈られてしまう。家に戻ると案の定、家族の大反対が待っていた。仕方なく、ボンボンを車の助手席に乗せ、あてのない旅に出るフアン…。
(allcinema ONLINEより)


Fi2621614_1e_2 よかったよおー。こういうの、大好き。仕事も家もなくても希望がある! それだけで幸せな気分にさせてくれる映画。「わらしべ長者」を思わせつつ、そうはすんなり事が運ばない。ひねりのきかせ具合が面白かった。

空高く日差しは強いのに、いつも冷たい強風が吹きつけているような荒涼とした大地、パタゴニアの田舎町が舞台。ここも雇用不況が深刻なようで、主人公のフアンが身を寄せる娘夫婦の家も、娘は働いているが夫は失業中。フアンは手作りのナイフを売り歩いて、生計の足しにしようとするが、まったく売れない。このフアンというのが小柄で物静か。いわゆる競争社会の中ではとことん影の薄い男。でも、困っている人は放っておけない性格で、それがきっかけで血統書付きのボンボンをもらい受ける。そして、ボンボンと一緒に行動するようになってからは、周囲がフアンを放っておかなくなり、儲け話を持ちかけてくるようになる。
その変化を、人のいいファンはありのまま受け入れながらも、何か場違いなところにいる落ち着かなさを感じているようにも見える。特にドッグトレーナーとの関係は、見ていてなんだかハラハラした。悪い人じゃないかもしれないけど、フアンとは性格も価値観も違いすぎる。ボンボンもそれを分かっていたのだろうか…。あれはボンボンがひと芝居打ったとしか思えませんが(笑)。ボンボンと再会したときのフアンに笑顔が最高だった。あと、この映画の後味の良さは、クラブ歌手の女性のひとことが大きく影響している。

主人公のフアンをはじめ、出演俳優のほとんどが素人だという。へたをすると犬のボンボンのほうが演技経験があったりしないか。でも、素人劇という感じがまったくないのがすごい。むしろ、物静かでお人好しのフアンをプロの俳優がやっていたら、あざとさのようなものが鼻をつく映画になっていたかもしれない。原題は「EL PERRO(犬)」。

« 新手のノワール・コメディ | トップページ | 石をひっくり返す者 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622968

この記事へのトラックバック一覧です: 守護犬ボンボン:

« 新手のノワール・コメディ | トップページ | 石をひっくり返す者 »

インデックス

無料ブログはココログ