« アメリカンドリームの闇 | トップページ | 女にもてる宦官探偵登場! »

2008年5月25日 (日)

結成40周年ライブ

21日にタワー・オブ・パワーのライブを観ました。先月のマルコス・ヴァーリに続きブルーノート東京。身の程に合わない贅沢をしていると思うけど、小さな箱というのは癖になる。でも、しばらくは自粛しなきゃ!


TOPについては全盛期時代でも特にファンだったわけではない。昔からもっとルーズなファンクサウンドのほうが好きだったもので。ずいぶん前に来日したときに、チケットを購入していながら、ライブ当日に高熱を出して行くのを断念したことがある。そのときはドラムスがデヴィッド・ガリバルディではなく、行った友人Aはすごいつまんなかったと言っていた。そんなこともあって、何度も来日しているようだけど今回がTOPライブの初体験。友人Aとリベンジのつもりで行ってきた。


結成40周年ライブとのことです。古参のメンバーは、リーダー&テナーサックスのエミリオ・カスティーリョ、バリトンサックスのスティファン・クプカ、ドラムスのガリバルディ、ベースのフランシス・ロッコ・プレスティア。これに、テナーサックスのレニー・ピケットとオルガンのチェスター・トンプソンもいたら個人的には文句なしだったのですがっ!(いつの時代の話をしているのだと突っ込まれそうですね。)しかし、主要メンバー4人残っているだけでもよしとしなければ。近年のアルバムは聴いたことないが、ライブを見た限りではサウンドも70年代と基本的に変わらなかったです。


音楽ライブは1曲目が始まった瞬間がいつもうれしくてたまらない。特にこういう大編成バンドは音量にまず圧倒され、リズムに合わせてのステージ上のパフォーマンスを見ているだけでも頬がゆるんでくる。ただ、音量バランスを取るのが難しそう。フロントに並んだホーンは、5人とも体の横幅までデカいので、聴覚でも視覚でも壁となり(笑)、後ろのドラムスとベースの音が小さすぎる気がした。けれど、会場のサイズを考えれば仕方ないかな。ドラムスとベースだけは、体型も若い頃と変わらずスリムなままなのが面白い対比でした。


内容は、お祭りライブとして楽しみました。ガリバルディのドラムが思っていたほど派手ではないのね。それって上手い証拠なんでしょうね。自分たちが素人バンドを組んでいたときは、ガリバルディかぶれのドラマーはおおよそ自己主張が強すぎ、敬遠するが吉でしたが(笑)。プレイに衰えを感じさせないガリバルディとロッコの職人風リズムコンビ、さすがでした。あと、この人うまい!と思ったのは黒人キーボードのロジャー・スミス。ソロでは一人異質な才能を感じさせました。光っていました。「ああ70年代だ」という懐かしさをおぼえたのは、意外にもコーラスアレンジでした。リードボーカルはホーンに埋もれてしまわない声量がとにかくすごい。黒人ならではという感じ。


Fi2621598_1eところで、タワー・オブ・パワーで自分が一番よく聴いたアルバムは、写真の『Live And In Living Color』(1976年)。レコードB面延々23分に及ぶ「ノック・ユアセルフ・アウト」の演奏におけるレニー・ピケットのサックスソロが大好きだった! 改めて聴き直してみても、やっぱり興奮するわ。

« アメリカンドリームの闇 | トップページ | 女にもてる宦官探偵登場! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622952

この記事へのトラックバック一覧です: 結成40周年ライブ:

« アメリカンドリームの闇 | トップページ | 女にもてる宦官探偵登場! »

インデックス

無料ブログはココログ