« 見えない殺意 | トップページ | 帰ってきたヒーロー »

2008年4月29日 (火)

FenderRhodesだあー!

ブルーノート東京でマルコス・ヴァーリのライブを観る。
演奏時間はアンコールも含めて1時間半くらいか。いやいやー、楽しかったわ! 熱心なファンというほどでもないので前回の来日は見送ってしまったが、思い切って行って良かった! やっぱり生で聴く、グルーヴ重視の、かつポップな音楽が大好きですねん、私。

現在64歳のマルコス・ヴァーリはボサノヴァ音楽の人、というよりは今はMPBのジャンルに括ったほうがしっくりくるのか。ステージに登場したいかにもサーファーらしいラフないでたちも、やっている音楽の内容もとてもそんな年齢を感じさせない。
メンバーは、ドラム、ベース、サックス&フルート、何曲かでデュエットを歌った女性ボーカル、そして、マルコス自身が歌をはじめ、フェンダーローズ(うぉ!久々に生を聴いた)やメロディカなどのキーボード類、ギターといったコード楽器をすべて一人で担当し、とっかえひっかえ演奏。忙しそうだったけど、それもまた楽しそう。
主に使っていたのはローズで、一緒に行った友人は「ギターの助っ人でも頼めばいいのに」と言っていたが、そこは何かこだわりがあるのでしょう。というか、ローズもいいけどメロディカの音色もいいなあ、欲しいなあ…。

最初の2、3曲は、メンバーの演奏が合っていないように感じることもあったが、ドラムスがサンバのリズムのソロで一度はじけてからはまったく気にならなくなった。インストが何曲かあったけれど、やはり歌入りがいいですね! ポルトガル語は、同じ言葉を繰り返したり、韻を踏んだりするだけで、なぜこんなに音楽的でうきうきしてくるんだろう。子供も喜んで口ずさんでしまうような単純な響きがいいんだ。

Fi2621586_1e 生で聴けて嬉しかったのは「Agua De Coco」という曲。2003年のアルバム「Contrasts』(写真)に入っている。クラブジャズ色の強い1枚だが、この曲は無性に好きで、しばらくこればかりをくり返し聴いていましたよ。ライブではアルバム収録よりずいぶん速いテンポでの演奏で、歌詞が早口言葉みたいだった(笑)。

« 見えない殺意 | トップページ | 帰ってきたヒーロー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622939

この記事へのトラックバック一覧です: FenderRhodesだあー!:

« 見えない殺意 | トップページ | 帰ってきたヒーロー »

インデックス

無料ブログはココログ