« お姫様ファンタジー万歳。 | トップページ | 「ああ、愛の蒸し餃子」 »

2008年3月30日 (日)

死神の片思い

なかなか個性的な小説でした。

『天使の牙から』ジョナサン・キャロル著/浅羽莢子訳
(創元推理文庫 1995年邦訳)

Fi2621571_1e 癌で余命いくばくもないかつての人気TV番組のスター、ワイアットは知人から死神に取り憑かれているとの相談を持ちかけられる。一方、若くしてハリウッドを去りウィーンで隠遁生活を送る元女優のアーレンは、いくつもの戦火をくぐり抜けて来た報道カメラマンと恋に落ち、人生で最高のときを迎えていた…。

ダーク・ファンタジーというジャンルらしい。ジョナサン・キャロルはその代表的作家の一人らしい。衝撃の展開も読者を引きつけているようだが、読み終えてからキャロルが男性作家と知ったときが、自分には一番の驚きだったかも・・・てっきり女性だと思って読んでいたもので。文庫の表紙イメージに惑わされたか!

死への恐怖が紡いだ小説ととらえると、テーマはシンプル。結末も力強く、印象に残るのだが、そこに導かれるまでのお膳立てが・・・。構成が凝っている割には、人物に地に足がついた感が乏しく、エピソードの一つひとつが薄っぺらとしか思えず、恐怖を煽られるには至らなかった。それは私がこれまで生きてきて、死への恐怖をあまり感じたことがない(頭が考えることを拒否している)せいかもしれないと思ったりした。
また、いろいろな人物が登場し、その人物の視点で綴られる部分もあったりするが、読み終わってみると、アーレンの物語ばかりに偏って力が注がれているように感じ、もう一人の主人公であるワイアットの存在の意味がよく分からない。前半のパートは何だったんだろうと思ってしまいました。

ミステリを読み慣れているせいで、ついプロット重視で小説をとらえてしまうけれど、ジョナサン・キャロルの場合は、思いのままに書き進めていく中で、少しずれた(突飛な)感性が浮き彫りになってくるタイプなのかなと思った。そのずれ加減は面白かった。

« お姫様ファンタジー万歳。 | トップページ | 「ああ、愛の蒸し餃子」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622924

この記事へのトラックバック一覧です: 死神の片思い:

« お姫様ファンタジー万歳。 | トップページ | 「ああ、愛の蒸し餃子」 »

インデックス

無料ブログはココログ