« 黄昏時の友 その4 | トップページ | 極秘扱いの "おれたち" »

2008年1月27日 (日)

元気になる音 その35

甘い高音ボーカルが個性にもなっている90年代のグループ2組。

Fi2621535_1e After 7の "Kickin' It"

ベイビーフェイスの兄2人とLAリードの従兄弟による七光りボーカルトリオだからアフター7(なわけ、ありません)。92年のアルバム『Takin' My Time』の2曲目に入っているこの「Kickin' It」は、今聴いても心が若やぐ!高揚する! 個人的に忘れられない曲。ダラス・オースティンのプロデュース。
その後の3曲目「Can He Love U Like This」、4曲目の「Truly Something Special」とミディアム・バラードが続いて、5曲目の珠玉のカバー曲メドレー「Baby I'm For Real/Natural High」までの流れもよいわ、よいわ。

Baby I'm For Realはマーヴィン・ゲイの作曲。オリジナルを歌ったジ・オリジナルズのほうももちろんいいし、シェリックのカバーもいいし、誰がやってもそのたびに名曲と改めて思う曲であろうおそらく。しかし、ベイビーフェイスの兄の一人だと思うけど少年のような高音ボイス。声だけではとても30代だったとは思えませぬ。

*****************************************

そしてもう一組。コーラスワークの完成度ではこちらのほうが格段に上かも。

Fi2621535_2e Mint Conditionの"U Send Me Swingin"

93年のミント・コンディション2枚目のアルバム『From the Mint Factory』から。
少々ジャズ・マナーが入っていて、ゴージャスかつ心が洗われるような美しい歌声! 高音リードボーカルのストークリーをはじめ、メンバー粒揃いという感じがします。特にストークリーがやっぱいいわ!
で、この人たちの面白いところは、天国へ誘うような上品で美しいコーラスに、派手なシンセ使いやドラム・プログラミングという、まったく異質に思えるものを組み合わせ、なかなかに個性的なファンク系サウンドをつくりあげ、自分たちで演奏しているところでしょうか。
もともとはコーラスグループ志向、バンド志向、どっちだったのでしょう。

コーラスだけでも十分に素晴らしいです。そこで、当時はファンキー・チューンを好んで聴いていた気がしますが、あえてバラードの「U Send Me Swingin」を。11曲目のギンギンなロックギターが絡んでくるバラード「So Fine」も壮大です。

« 黄昏時の友 その4 | トップページ | 極秘扱いの "おれたち" »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ミント・コンディションは確かバンド・サウンドを大切にしたいと言ってたような気がします。昔でいうヴォーカル=インストゥルメンタルグループ方面でしょうね。トニ・トニ・トニがいなくなったので貴重なヤツラでは有ります。

>k.m.joeさん今も活躍しているようですね。本当に貴重です。昔は、メンバー全員リードボーカルが取れて、楽器も互いに持ち帰るというライブバンドが普通にありましたからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622890

この記事へのトラックバック一覧です: 元気になる音 その35:

« 黄昏時の友 その4 | トップページ | 極秘扱いの "おれたち" »

インデックス

無料ブログはココログ