« 魅惑のエロサウンド その16 | トップページ | 予習 »

2007年12月30日 (日)

人が死ぬと何が起きる?

一昨日、「死ぬまでの短い時間」再び。2回目を観ても、分からないところが減ったわけじゃない。でも、後半、シミズが一人で崖っぷちに出かけ、シェーンかむばーっくと叫んでみた気持ちは分かった気がした。それと、秋山菜津子のぶれなさぶりがすごい。本当に上手いんだこの人。

たまたまだけど、この1週間ほどかかって読んでいたのが、この世とあの世の境目を扱ったSF小説。そもそもあの世=死後の世界などあるのかというのが大きな疑問だが、三途の川と称される、その川を渡る間くらいは現世とは別な世界がありそうじゃないか?
一瞬の居眠りの間にも夢を見るのと一緒で、脳が最後のショートをする1秒くらいの時間が、この世から消える者にとっては長い旅かもしれない。そして死にゆく者の幻想と、生きている者の幻想がたまたま重なることもあるのかもしれない。


『航路』コニー・ウィリス著/大森望訳
(ヴィレッジブックス 2004年文庫化)

Fi2621527_1e 認知心理学者のジョアンナは、 NDE(臨死体験)現象の科学的解明のために大病院にオフィスを構え、患者の聴き取り調査をする日々。しかし、病院には彼女のライバルがいる。いかがわしい臨死体験本がベストセラーにもなったノンフィクション作家のマンドレイク。病院で新たな臨死体験者が出るたびに、彼女より先んじて患者に接し、誘導尋問によって「あの世が存在する」という意識を植え付けてしまうのだ。
しかし、彼女にも頼もしい味方が現れる。新たに赴任して来た神経内科医のリチャード。彼は臨死体験そっくりの幻覚を誘発する薬物を発見しており、被験者に擬似NDEを体験させ脳の状態を記録するプロジェクトを立ち上げ、ジョアンナに協力を求める…。

文庫本上下巻合わせて1200ページ以上。3部構成の1部を読み終えた時点では、話が進展している気がぜんぜんしない。科学的・医学的な臨死体験の解明といっても、小難しいのは脳内分泌物質の名前が登場するところくらい。迷路のような大病院でのジョアンナと彼女を取り巻く人々の日常がコミカルに描かれていて、読みやすい内容なのだが、同じコントをしつこく繰り返しているだけのような気もしてくる。
しかし、突如としてやってくるんだ、思いがけぬ展開が。
その思いがけなさから得る衝撃は、長編小説ならでは。

人が死んだとき何が起こるのか。もちろん本当のことは誰にも分からないし、ましてや小説なんだからどう話を作っても構わないわけだろうけど、この本の結末の違和感のなさといったら、見事でした。きちんとテーマは完結している。著者なりの精一杯に誠実な答えが導き出されていると感じ、そこに共感した。
しかし、「思い出が走馬灯のように」というのは、ばらばらになっていく記憶の欠片を一つずつ投棄することというドライな描写には参った。うろたえた。

« 魅惑のエロサウンド その16 | トップページ | 予習 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~♪お、すごい!!!『航路』 お読みになったんですね!!!わたしも、読みたいと思っているんですが、手にとっては挫折してしまいます。う~~~ん、来年の課題だ・・・(笑)今年は出会ってくれてありがとうございました。本も、ですが、音楽の趣味も、近いところにいるような気がしています。残念ながら、映画は、あまり観ないので、index拝見しても、んんん~~~となってます(苦笑)来年も、いろいろ教えてくださいね♪よいお年をお迎えください~♪

>nadjaさん帰省していて返事が遅れました。今年もよろしくお願いします。航路、nadjaさんならその気になれば、きっと2日くらいで読んでしまえそうですよ。でも、読みたいときに読みたいものを選ぶのがいいですね。nadjaさんのブログは本限定なんですよね。気になります、音楽の趣味。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622830

この記事へのトラックバック一覧です: 人が死ぬと何が起きる?:

« 魅惑のエロサウンド その16 | トップページ | 予習 »

インデックス

無料ブログはココログ