« 動体視力を試されているようだ | トップページ | ランキングが気になる季節 »

2007年11月26日 (月)

若き探偵誕生

作家の自伝を交えたロード・ノベルであり探偵小説。原題は「Cases」。

『路上の事件』ジョー・ゴアズ著/坂本憲一訳
(扶桑社ミステリー 2007年)

Fi2621517_1e 作家を志すピアス・ダンカンは、故郷ミネソタ州の大学を卒業後、まずは見聞を広げようと放浪の旅に出る。しかし、無銭乗車の貨物列車から飛び降りたところで浮浪者と間違えられ収容所へ入れられ、やがてショッキングな事件に巻き込まれてしまう…。

ヒッチハイクで放浪する青年ってことで、少し前に読んだノンフィクション小説『荒野へ』を思い浮かべたが、こっちは1953年が舞台。いきなり過酷な出来事が起きる出だしのほうは面白いのだが、主人公の旅の途中での出来事がそれぞれ短編を読んでいるような感じで、どんな小説なのか全貌はなかなか見えてこない。
しかし、最後のほうにちゃんと山場があってほっとした。
読み終わってみれば、若き私立探偵が誕生するまでの10カ月といった内容。

最初に著者による「自伝を交えた話」との断り書きがあり、小説の主人公も、小説のためのネタをメモに取るというシーンがたびたび登場する。ノンフィクションかフィクションか分からないところが魅力だろうが、個人的にはノンフィクションの種明かしは、あとがきに添えてほしかったかも。

« 動体視力を試されているようだ | トップページ | ランキングが気になる季節 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622821

この記事へのトラックバック一覧です: 若き探偵誕生:

« 動体視力を試されているようだ | トップページ | ランキングが気になる季節 »

インデックス

無料ブログはココログ