« 信じる者は・・・。 | トップページ | しゃべるカカシ »

2007年11月 4日 (日)

イエス・ウィ・キャン・キャン最高

夏休みがないまま秋に突入し、この2カ月もあっという間に過ぎ去った。
11月になれば楽になるはずだったのに…。それを心の支えにしてきたのに…。
もう泣きたい。いや、泣いている。
明日はさぼって休むことに決めたのです。
自分の首を絞めるだけだけど、ささやかな抵抗。

それでも10月の週末はいつもより遊んでいたかもしれない。
21日は六本木のビルボードライブでアラン・トゥーサンのライブを観る。
東京ミッドタウンの中のビルの中階にあって、ステージの後ろがガラス張りで夜景が見える。ライブが始まったときには幕に覆われていたけど、ハイソな感じ。

アラン・トゥーサンは私にとっては70年代ポップスの人で、トゥーサン自身のヒット曲「サザン・ナイツ」も好きだが、それ以上に彼のプロデュースしたラベルの「レディ・マーマレード」とポインター・シスターズの「イエス・ウィ・キャン・キャン」が当時大好きだったもので、この2曲も含めた、ほぼヒット曲メドレー構成はうれしかったし楽しかった。

メンバーはトゥーサンのピアノ&ボーカル、サックス、ドラム、ベースの4人。トゥーサンのボーカルは黒人にしては軽いし上手いわけでもないので、最初は地味なライブになるかもしれないと思っていたが、そこはやっぱりセカンドラインを生んだニューオリンズ育ち。インストのジャズ演奏も交えつつ、ライブが進むにつれてリズムが前面に出てくる感じで、特に「イエス・ウィ・キャン・キャン」がピアノの小さな音だけで始まったときは鳥肌立ちましたわ。

とにかくバンドが素晴らしい。息がばっちりあってて、上手かったし。その点もさすがミュージシャン豊富なニューオリンズと思った(勝手なイメージ)。
特にドラムの人が良かったな。重めのリズムで。そういえば、最近ライブに行くと、ついドラムに目が行ってしまう…。ドラマー見てると楽しい。
全部で何曲やったろうか、合間にピアノだけでいろんなクラシックの曲を即興風にやってみたりとか、MCなしにずっと演奏し続けて1時間半。2部入れ替え制でもこれだけやってくれたら満足です。

ラストにオリエンタル風イントロで始まる「サザン・ナイツ」をスローとアップテンポの両方でやった後、そのままトゥーサンだけはけるかと思ったら、ピンクのTシャツやらネックレスやらをどこからか取り出して、客席の女の子にプレゼント。しっかり物色してたんかい!トゥーサンは、見るからにスケベおやじ風だが、あからさますぎました(笑)。プロフィールによるともう70歳のはずなのだ。

« 信じる者は・・・。 | トップページ | しゃべるカカシ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

トゥーサン御大…スパンコールをちりばめた様な派手なネクタイを締めてるのに足許をみると白いソックスにサンダル風てのが、なんとも可笑しかったね。時々黒人のファッションが不可解なんだわ。彼がMCで「東京はダ~イ好き、すんばらしい!」と懸命に褒めるんだけれど、私を含めて客の殆どが(日本人独特の感覚でもって)それって“社交辞令”よねーみたいな感覚で対処してたらサ、英語わからないかなあ?日本語じゃなきゃダメかなーみたいなコト言うのがおかしかったねーでは次は、還暦の白人ピアニストをみて感想きかせてネ!

>へべあもさんサンダル履いてたねぇ。ペダル踏むためと納得してたけど、よく考えるとあまり関係ないような・・・。エルトンよろしくね。還暦ですか。私が最近行ったライブの中ではまだ若いかもだ(笑)。どうなんだろうね、それって。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622812

この記事へのトラックバック一覧です: イエス・ウィ・キャン・キャン最高:

« 信じる者は・・・。 | トップページ | しゃべるカカシ »

インデックス

無料ブログはココログ