« Funkyなディーバ | トップページ | ヴァイキングの末裔たちの島 »

2007年8月31日 (金)

ジダンもこんな街で育ったのだな…。

フランスの現代ハードボイルド小説。

『失われた夜の夜』ジャン=クロード・イゾ著/高橋啓訳
(創元推理文庫 2007年邦訳)

マルセイユ中央警察の刑事ファビオは、幼なじみのマニュとウーゴとは20年前にたもとを分かっていた。刑事と犯罪者の関係にある3人。しかし、マニュとウーゴが次々に殺される。生きる世界は違っても少年時代の友情が消えることはない。二人の死について調べはじめた彼に、心惹かれていたアラブ人の娘失踪の報が届く。絡み合う二つの事件に挑むファビオの孤独な闘い。マルセイユ三部作開幕。
(文庫裏表紙より)

Fi2621492_1e 犯罪小説を読みなれてるとはいえ、途中にあまりにむごい殺人があって、気分が沈んだ。しかし、30年、40年くらい前の映画でも観ているようなフレンチ・ノワールの雰囲気は悪くはなかった。人間関係が把握しきれなかったところがあるんだけども。

イタリア人、ポルトガル人、スペイン人、ギリシア人、トルコ人、アルメニア人、アルジェリアやモロッコからのアラブ人・・・人種の坩堝である港町を長期的な不況が襲い、ますます深まる民族間対立。そして、街の浄化を理由にその対立を利用しようとする警察や国粋主義者。かなり重苦しい・・・しかし、主人公がイタリア系なだけに(?)、地酒のパスティスとか、フェンネルを効かせた魚料理などの食い物の話も豊富で、地名、店の名前、はやりの音楽・・・マルセイユのことが少し分かった気分になる1冊。

« Funkyなディーバ | トップページ | ヴァイキングの末裔たちの島 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622795

この記事へのトラックバック一覧です: ジダンもこんな街で育ったのだな…。:

« Funkyなディーバ | トップページ | ヴァイキングの末裔たちの島 »

インデックス

無料ブログはココログ