« コレクター対決 | トップページ | 受け身な男 »

2007年8月12日 (日)

今年2本目

金曜日の夜に渋谷Bunkamuraシアターコクーンで
地球ゴージャスプロデュース公演「ささやき色のあの日たち」を観劇。

岸谷五朗の作・演出で、出演は岸谷、北村一輝、山口紗弥加、須藤理彩ら。
目当ての北村は、年末にあるもう1本を含めて、主演舞台が今年は3本も! 映画やドラマの北村が好きなんだけど、本人が今年は積極的に舞台を選んだようで、俳優を続けていく上でこういう年もありということなのかしら。しかし、毎回2回ずつ観ているのでけっこうな出費!

舞台上は、水の中という設定なのか? 上のほうに大きな流木が吊ってあり、ダム底みたいだった。2人の男が、過去に出会った女たちのことを互いに回想するなかで、その時は気付かなかったことに気付いていくというストーリーで、舞台中央に置かれた回転する台座の上で、回想シーンが演じられる。

メインの4人のほかはダンスと歌を得意とする出演者たちで固め、生バンドが場面に応じてハードロックからジャズまで演奏。もちろんメインの出演者たちも歌とダンスを随所で披露するミュージカル風。笑いもたっぷりのお芝居だったわけだが、曲はあまり印象に残らなかった。全曲オリジナルらしかったので、こんなものか。ふだんこの手のエンターテインメント劇すら見ないので評価する基準をもたない。

それよりか、座席がかなり舞台に近かったので、全体を眺めるというより、どうしても出演者の表情に注目してしまう。芝居のストーリー自体は、親しみのもてるものだった。ひょうきんでおしゃべりな岸谷の役に対し、北村の役はどこか陰鬱な面影のある気障男。いい年をした大人なのに、子供のような傷つきやすさと自分勝手な鈍感さを感じさせる。
前回の「恋の骨折り損」よりも、こっちの役のほうが断然、北村の個性が生きていると思った。ドキドキするシーンもあって、ちょっとしたサプライズだった。あれは生の舞台でしか味わえないものだろうね。
歌が聴けたのもうれしかった。いつもは個性的な声だなくらいの認識しかなかったけど、曲調によっては映える歌声であり、思っていたより上手くて、自分のことのようになぜか安心したりして(笑)。

4人のキャストの組み合わせが絶妙だったし、岸谷の落ち着いていて、いい意味でくだけた演技も好感度大。いつも演劇を見ない自分は、出演者が終始力んだ演技をしているのを見ると引いてしまうわけで(いや、それってアマチュアの場合か?)、そういう抵抗感をあまり感じなかっただけでも新鮮だった。


しかし、毎度入り口で渡される他の演劇チラシの量の多さったら! 紙質の良さやデザインの懲りようも、コンサートなどで配られるチラシの比じゃない。チラシから伝わってくる「あなたの知らない世界」オーラビシバシにたじろぐ。これだけの公演が成り立つ東京はすごいと感心しつつ、うーん・・・今以上にお金のかかる趣味を持つ気にはやっぱりなれないや。
でも、北村の次の舞台も必ず観に行くよ。

« コレクター対決 | トップページ | 受け身な男 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、欠かさず観に行かれてるのですね。何だか、ヒカさんらしい北村さんの追及の仕方だと思います。いいなぁ~そういうファンって。ある意味憧れ。ヒカさんらしい・・・・って勝手に私がイメージを作ってるだけかも知れんが。

>えむさんそんなふうに見えるとしたら、ある程度、長くファン続いてるというのと、基本的に一途だからじゃないでしょうか(笑)。えむさんも一途、やってみる?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622790

この記事へのトラックバック一覧です: 今年2本目:

« コレクター対決 | トップページ | 受け身な男 »

インデックス

無料ブログはココログ