« 男の立場なし! | トップページ | いつものグチ »

2007年7月29日 (日)

ボッシュ外伝

ハリウッド署3級刑事ハリー・ボッシュ・シリーズ第7弾は、コナリーの別作品の登場人物とのダブル主人公。ボッシュ側から見ればスピンオフ的内容ともいえるが、読者サービスに応えつつ、それなりに水準は保っているのはさすがだ。

『夜より暗き闇』マイクル・コナリー著/古沢嘉通訳
(扶桑社ミステリー 2003年邦訳)

Fi2621483_1e 心臓病でFBI心理分析官を辞職し、現在はLA沖の離島で妻子とともに静かに暮らすテリー・マッケイレブのもとへ、旧知の女性刑事が行き詰まった殺人事件の捜査への協力を依頼に訪れる。残忍な殺しの手口は連続殺人を予感させ、次第に事件にのめり込んで行くマッケイレブ。しかし、プロファイリングから浮かび上がってきたのは…。

ボッシュ・シリーズ以外のコナリー作品は未読。
今作はそのうち、クリント・イーストウッド監督・主演で映画化された『わが心臓の痛み』の主人公であるテリー・マッケイレブが活躍し、ハリー・ボッシュを危機に追い込むという趣向。前作『エンジェルズ・フライト』で同僚のシーアン刑事が追い込められた立場にボッシュも立たされるのか! 前警部補にまつわるボッシュの後ろ暗い過去を知る者としては油断できない展開です。
さらにもう一つのコナリー作品『ザ・ポエッツ』の主人公でルポライターのジャック・マカヴォイまでが登場し(この人はこれまでにもボッシュ・シリーズに脇役で登場済みだったよな、確か)、話をますますややこしいほうへ導く。

著者の思い入れがたっぷり反映されているであろうそれぞれの作品の主人公、ボッシュとマッケイレブの性格が似ているのは仕方ないかしら。
今作のもう一つの面白さは、画家ボッシュの作品が題材として用いられているところ。文庫の表紙にその作品が印刷されているのは嬉しい心遣い。読んでいる途中で何度も本を閉じて見てしまいましたよ。

« 男の立場なし! | トップページ | いつものグチ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622786

この記事へのトラックバック一覧です: ボッシュ外伝:

« 男の立場なし! | トップページ | いつものグチ »

インデックス

無料ブログはココログ