« 水石とはマニアックな。 | トップページ | DDRノスタルジー »

2007年6月24日 (日)

私家盤・魅惑のエロサウンド その15

前々から言っているけど、コール・ポーターの曲が大好きなもので、その曲を集めたオムニバスアルバムなどもつい買ってしまう。
これはリー・コニッツが、アルバム丸ごとコール・ポーターの曲をやっている1974年録音の、ベースのレッド・ミッチェルとのデュオ作品。なんというか、いい意味で、ゆるーいアルバム(リラックスしているとも言う)。しかし演奏は素晴らしい。

Lee Konitz & Red Mitchell『I Concentrate On You ーa tribute to Cole Porter』

Fi2621475_1e 好きなホーン奏者というと、やはり黒人が多いのだ。ピアノやギターになるとその限りではない気がするが、ホーンの場合はより人間の肉声に近く、もともと黒人ボーカルが好きだから当然の嗜好かもしれない。
しかし、例外的存在がリー・コニッツ! いやむしろ、4ビートジャズのアルトサックス奏者の中ではいちばんよく聴いていた。それも、代表作として必ず取り上げられるクールジャズ時代の作品じゃなくて、もっと後の時代のやつ。
そもそも持っているジャズアルバムは1960年代後半から70年代のものが多い。例えばソニー・ロリンズにしても、演奏が充実していたのはもっと前の時代というのは承知しているが、やはり70代を聴いてしまう。ほぼオンタイムで聴いてきたサウンドだし、録音がいいというのが大きい。

んで、この時代のリー・コニッツの何がいいかというと、音色もフレーズも両方、すごく自然で無理がなく、気持ちにしみ入ってくるようなところ。それも人間の声によるおしゃべりのように。サックスはマウスピースに装着したリードに舌を当てて、音を切ったり、音圧や音量もコントロールして、それをタンギングというのだけども、どうも私はリー・コニッツのタンギングに惹かれているふしがある(笑)。

コニッツのサックスのしみ入り方は、例えばビリー・ホリデイの歌を聴いているときのしみ入り方とよく似ている。暗闇の中に1本のロウソクの光が灯っているのを見つめているような感覚。こういう少人数編成の演奏だと余計に際立つ。「Easy To Love」なんて、ちょっとテーマを崩した程度の短い演奏なんだけど、昔、これを聴いた途端に泣きそうになっていた記憶があるのだが、あの時はいったいどういう心境で聴いていたのだろうか。

« 水石とはマニアックな。 | トップページ | DDRノスタルジー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

Jazzとの出会い、いつもキッカケはふとしたことから始まります。このアルバム知りませんでした。でもヒメヒカゲさんのおかげで知ることができました。多謝!Lee Konitzも Red Mitchellも、とてもエロっぽいです。十分に、そして普通にエロっぽいです。だから、自然体でスーっと入って行けました。音楽を聴く心境って、その曲を演奏しているミュージシャンの心境と同化した時に、感じちゃうものじゃないかと。。。ボクは楽器は何も弾けないけれど、Jazzが好きなんです。

>roadkingさんたまに気まぐれのようにしか書かないジャズの記事にこのような反応をいただくと、とても嬉しいです。このアルバム、2人が楽しそうに演奏しているのもいいですよね!私は昔は楽器の勉強としてジャズを聴くようなところがあって、でも楽器をやめてからのほうが、素直にいろいろ聴けるような気がしてますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622779

この記事へのトラックバック一覧です: 私家盤・魅惑のエロサウンド その15:

« 水石とはマニアックな。 | トップページ | DDRノスタルジー »

インデックス

無料ブログはココログ