« 消えたウサギ | トップページ | 時代は大仏さま »

2007年5月 6日 (日)

主役は誰だったのか

毎年GWというと映画くらいしか予定がありません。それでも最終日はつらい。さようならGW・・・泣

「スパイダーマン3」(2007年 米)
★★★

宇宙から来た謎の寄生生物に、何かの物理実験の犠牲になって誕生した砂男・・・なんだか異種格闘技でも見ているような気分になった。いろんな要素を詰め込みすぎて、中身は散漫になってしまった感じ。アメリカ政府批判をかすかににおわせる、誤解から生じた安易な復讐をテーマに、それぞれのエピソードを結びつけているところは面白いと思ったけど。
さらに、本音を申し上げて、この3作目に至って、主演のトビー・マグワイヤが前よりシャープさの欠片もない人間に見えてしまう(年齢的になってしまっている)というのはきついわー。特にスパイダーマン姿でマスクなしで戦うシーン。いくら等身大の青年という設定でも、今回の内容の場合は、恋に悩む男の憂いというメロドラマ的要素にふさわしい資質をもった俳優で見たら感想もまた少し違っていたかと思う(その点、キルステン・ダンストの表情はかなりメロドラマ的で良いですけど)。

見終わった後は、スパイダーマンよりも親友のハリーや、砂男のほうに気持ちが持っていかれてしまった。キャラとして、この2人のほうが魅力的に描かれていると感じたが。特に顔に傷を負ってからのハリーは、確実にスパイダーマンより多くの女性の心を掴んだと思う(笑)。

« 消えたウサギ | トップページ | 時代は大仏さま »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

J・フランコ、やっぱり今回も素敵だったわ~。彼って、ジェームズ・ディーンを演ったんだもんね。トビーも、だんだん髪の毛が危うくなって来てたけど、可愛いんじゃん?ダメ?サンドマンは「サイドウェイ」の人だったね!ずーーっとどこかで見た顔って思ってて、途中やっと気が付いた。

>えむさんジェームス・ディーンやったの? ほー。ちょっと昔のマット・ディロンにも似てるね。サイドウェイの人! あーそういえば!ジャングルジョージの気障な嫌み男も印象強し。トビー、さっきテレビで1をやっていたのを少しみたけど、ぜんぜん違うー。今回はむっちりしすぎ。でもえむさんは好意的に観てあげたのね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622758

この記事へのトラックバック一覧です: 主役は誰だったのか:

« 消えたウサギ | トップページ | 時代は大仏さま »

インデックス

無料ブログはココログ