« ダチョウ倶楽部 | トップページ | 駄作か珍作か。 »

2007年4月28日 (土)

国で最大の輸出品

レンタルで鑑賞。

「カーサ・エスペランサ 赤ちゃんたちの家」(2003年 米/メキシコ)
★★★★

Fi2621450_1e_2 ジョン・セイルズ監督は、一時期かなり気になっていた。かなり好きだった。といっても作品数はそれほど多くはないようだし、レンタル店で探せる作品となるともっと限られる。セイルズ監督作品は脚本も自身が手掛けることに大きな特長が出る。とにかくまずは脚本が、個性的で面白い。よく、小説を読んでいて映画でも観ているような気分になることはあるが、この人の映画は文学に接している気分になる。一つの場面ごとに、書き込まれている内容、文体までもが思い浮かぶようだ。特に翻訳小説が好きな人には、この感じが伝わりやすいかも。
なかでもフェイバリット作品は、クリス・クーパー主演の「真実の囁き」(1996)。これをビデオで観たときは興奮して人に勧めまくったりした。アカデミー脚本賞にもノミネートされながら、公開されなかったのが残念でなりません。いまだDVD化もかなわないようだし。

で、久々の観たこのジョン・セイルズ作品。内容は、養子縁組を目的に南米のとある国(国名は明かされない)を訪れ、申請が通るのを長らくホテルに滞在して待ちわびている間に互いの交流を通じて、それぞれの人生を垣間みる6人のアメリカ女性たちの話。
ダリル・ハンナ、リリ・テイラー、マギー・ギレンホール、マーシャ・ゲイ・ハーデン、メアリー・スティーンバージェン、スーザン・リンチ・・・おそらく製作費の割にはびっくりするくらいな、豪華な個性派女優たちの共演で、映画の主役も彼女たちと思いがちだが、実は養子縁組を通じて、富める国に住む女性たちの悩みと、隣国の貧しい国(カトリック教国)に住む人々の現実を、対比して描いて見せているのだと思う。それも淡々と、ときに滑稽に思えるシーンも交えながら。

どんな恵まれた境遇にいても、人間は何らかの悩みを抱えこんでしまう。それぞれの悩みの深さはいろんな要素が絡み、単純には比べられない。アメリカから来た女性たちは、自分たちの悩みで精一杯で、貧しさのため子供を生んですぐに手放さなければならなかった幼い母親の気持ちには理解が及ばないし、すぐ目の前にいるホームレスの子供たちにも気づかない。その日暮らしが精一杯な国の人々にとっては、裕福なアメリカ女性たちの子供を持てないことの痛みなど、まずは知ったことではないだろう。両者の気持ちは共鳴しあうことなく、永遠にすれ違う。

実は互いの心が触れ合いそうな場面はあるのだが、言語の違い(英語とスペイン語)を利用して、そうあっさりと話の展開をもっていかないのがうまい! ジョン・セイルズのこういうシニカルなセンスが好きです。

« ダチョウ倶楽部 | トップページ | 駄作か珍作か。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622754

この記事へのトラックバック一覧です: 国で最大の輸出品:

« ダチョウ倶楽部 | トップページ | 駄作か珍作か。 »

インデックス

無料ブログはココログ