« 私家盤・魅惑のエロヴォイス その25 | トップページ | 「ブラウンさんと呼ばれたい」 »

2007年3月28日 (水)

女優を夢見たヴェロニカ

ハリウッド署殺人課勤務のボッシュ刑事シリーズ第5弾。

『トランク・ミュージック』マイクル・コナリー著/古沢嘉通訳
(扶桑社ミステリー 1998年邦訳)


Fi2621440_1e_2 空き地に乗り捨てられたロールスロイスのトランクから男の射殺死体が見つかる。“トランク・ミュージック”と呼ばれるマフィアによる殺しの手口。まもなくその男は、興行にもかからないクズ作品を撮り続ける3流映画プロデューサーで、裏では犯罪組織の金を洗濯する仕事にかかわっていたらしいことが判明する。ボッシュ刑事は男の生前の足取りを追ってラスヴェガスに飛び、容疑者と思われる人物を突き止めるが…。

前作で、警察での職もロスからもおさらばか?と思ってたのに、時間を経てちゃっかり古巣で職場復帰しているボッシュであった。前作の余韻、ぶち壊しである…。でもまあ、シリーズがいつもの登場人物らとともに続いてくれたほうが良い。

職場復帰したボッシュは、仕事が楽しくて仕方ないようである。そのうえ、直属の上司が非常に物わかりのよい女性警部補に変わり、理解を示す仲間も増え、気持ち的にもだいぶ余裕ができた印象だ。第1作目で未練を残したまま別れた女性との再会が、ボッシュの立場を再び危うくする。スリリングなのはそこくらいだったかな。ボッシュと関係を持つ女性は、いつも同じタイプに思える。

今作は、事件に絡んで登場してくる人物の、この人は怪しい、この人は怪しいけど実は何か裏がありそうだという第一印象が、読み進むにつれてことごとく的中! 読者にどの程度見透かされるかは、この著者なら分かって書いているんでしょうが、気分は悪くなかった(笑)。でも、最後まで納得できないこともいくつか。

ボッシュシリーズを読むと、いまだリーバスシリーズと比べてしまう。かっこいい刑事といったら、やっぱり私にはリーバスだ。もう待ちきれない。早く新訳出してくれーー!

« 私家盤・魅惑のエロヴォイス その25 | トップページ | 「ブラウンさんと呼ばれたい」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622744

この記事へのトラックバック一覧です: 女優を夢見たヴェロニカ:

« 私家盤・魅惑のエロヴォイス その25 | トップページ | 「ブラウンさんと呼ばれたい」 »

インデックス

無料ブログはココログ