« 食うか食われるか | トップページ | 例えばポパイにおけるほうれん草 »

2007年2月26日 (月)

やはり気になる映画賞

まさかのアカデミー作品賞でしたね! 知り合いたちの間での評判も散々だったので、観ないで済ますつもりだったが、たまたまタダ券を回してもらったりしたものだから、昨日観てきました。オリジナルの「インファナル・アフェア」のほうは映画館で一度観たきり。すでに細部の記憶が失われていたのが幸いしたのか、けっこう楽しめました。

「ディパーテッド」(2006年 米)
★★★★

私としては作品賞はぜひ「リトル・ミス・サンシャイン」に獲ってほしかった! でも、この映画もオリジナル未見のアメリカ人には十分に楽しめたんじゃないかと。しょせんアメリカの賞なので、それでいいんじゃないかと思います。娯楽映画の醍醐味は十分にありました。
しかし、メインの俳優たちの顔が、揃いも揃って童顔なものだから、つい笑っちゃう。トニー・レオンの色気と比べるとずいぶん漫画チックだ。と言いつつ、この映画のディカプリオはけっこう好きだ。それを役得というのかも。

最近、映画を観ていても、映画だけじゃなく何をしていてもそうなのだけど、ときどき記憶が飛ぶ。「自分はいま何をしていたんだっけ?」と思うことしょっちゅう。んで、マーク・ウォールバーグはなぜ途中で消えて、再び登場したのか…。消えたシーンの記憶がない! 再登場の経緯は想像はできるけど、あそこは中和剤としての意図が見えすぎると感じた。

さて、「リトル・ミス・サンシャイン」もなかなか健闘し、アカデミー賞では脚本賞と助演男優賞、インディペンデント・スピリット賞のほうは作品賞、監督賞、助演男優賞、BEST FIRST SCREENPLAY賞と圧勝! よかったよかった。
あと「トゥモロー・ワールド」の撮影賞も脚色賞も編集賞とも受賞ならずが残念。

« 食うか食われるか | トップページ | 例えばポパイにおけるほうれん草 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

比べたって仕方ないんだけれども、1本の映画として『ディパーテッド』 < 『インファナル アフェア』 < 『リトル ミス サンシャイン』って形になっちゃうので、私もやはり『リトル ミス サンシャイン』が作品賞とってくれたら、よかったのになーと思っちゃったね。去年邦画が欧米の映画の興行収入を上回ったってコトに評論家たちはアメリカ映画が陳腐でつまらなくなったからダなどと解説してたけれどもね~『リトル ミス ~』観るとやっぱりアメリカ映画おもしろい!って思うモノ。インディペンデント・スピリット賞の主演賞=ライアン・ゴズリング主演の『ハーフネルソン』 観たいなあ

>へべあもさん人気俳優が出てお金がかかってる映画が陳腐なのは、日本の映画もまったく同じなのにね。一方的にアメリカ映画がダメとは、おかしな言い分だよね。でも、そうは言いつつ、私もアメリカ映画に最近ちょっと距離を置きがちだったんだけど、インディーズ系の『サンシャイン』はともかく、『16ブロック』があの手の娯楽映画ではひさびさに面白くて、やっぱり食わず嫌いはよくないなと反省したの。これはあまり同意を得られないかもしれないけど。「ハーフネルソン」良さそうな映画だね。公開されるのかな。微妙だわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622735

この記事へのトラックバック一覧です: やはり気になる映画賞:

« 食うか食われるか | トップページ | 例えばポパイにおけるほうれん草 »

インデックス

無料ブログはココログ