« ありがとう!JB | トップページ | 原題は「オルフェーヴル河岸36番地」 »

2007年1月 8日 (月)

またもやロードムービー

家族ものヒューマン・コメディの良作との前評判が高かったので楽しみにしていた映画、観てきたよ。

「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年 米)
★★★★★

Fi2621418_1e まずは映画とはまったく関係ないのだが、最近テレビでPower For Livingという自己啓発ものらしきCMを見かける。アーサー・S・デモス財団という名前が最後に登場するやつ。さっそく検索にかけてみたのだが、昨日の時点ではほとんど何も引っかからなかった。どうやらアメリカに拠点を置くプロテスタント系の団体らしい。今の日本だったら確実に需要がありそうと見込んだかい? 昼間に頻繁に流れる保険会社のCMも同様だけど、盛んにCMを流せるほどの資金の出どころ(例えばモノを売ることでの儲けとか)がCM見た限りで推測できないものには当然の拒否反応が起こる。そこそこの有名人を起用しているのが、また胡散臭い。キリスト教系団体なら、まずはその背景を説明するホームページくらい用意すべきと思うが、見つかったホームページでもほとんど何も説明されていないに等しい。

こんな団体を見るたびに、どこか精神的にも歪んだアメリカというのを改めて思うのだが、勝ち組・負け組という言葉が流行るような日本も、もはやアメリカと大差ない。いったい何を基準に勝ち負けを言っているんだか、前々からさっぱり理解できない。というか、こんな言葉を耳にするのも口にするのも不愉快極まりないのだが、今日観たこの映画がまさにその負け組、負け犬とのレッテルを世間から貼られかねない家族をテーマにしていて、いやいや痛快でした!


ひょんなことから“リトル・ミス・サンシャイン(美少女コンテスト)”の全国大会に出場できることになった9歳の娘を、家族全員でカリフォルニアのコンテスト会場まで送っていくロードムービー。

この家族というのが、お父さん、お祖父さん、伯父さん、お兄ちゃんと、それぞれがバラバラの問題や悩みを抱えていて、しかし唯一、ごくまともなお母さんがいるおかげで辛うじてまとまっているというか、バラバラの悩みを抱えながらも、実はそれぞれが家族思いの人間だったりして(途中のレストランでのアイスクリームのシーンは微笑ましかったー)、それゆえに、次々と起こるショッキングな出来事も難なく乗り越えていけるんじゃないかという勇気や希望が、ポンコツのミニバスを発車させるたびに家族みんなで押さなければならない場面を通して、じわじわ伝わってくるところが良かった。

傑作だったのは、やっぱりクライマックスのコンテスト。娘がお祖父ちゃんから教わったダンスってのが・・・爆笑! あのお祖父ちゃんの性格から考えたらそれしかないという展開だけど、意表を突かれた! これはこれで十分に病んでいると思うのだが、コンテストに出場している他のジョンベネちゃんたちの不気味さに比べたら、もうぜーんぜんまともに見えてしまうのが恐ろしい(笑)。

それにしても、こんなに幸せそうな家族が負け組なんていう根拠のない劣等感を抱える必要性がまったくないわな。所得からしたらおそらく白人では平均と思われるこの家族には日本人にも共感を呼ぶ部分がたくさんあると思う。むしろこういう味わいの作品は邦画には以前からちょくちょくある? なんとなく既視感を覚えたんだよね。

ベテランのアラン・アーキンが祖父役で出ていたり、家族全員がナイスなキャスティングだったが、伯父さん役のスティーヴ・カレルという俳優が気になる、気になる。昨年話題になった「40歳の童貞男」で主演をやっている。写真で見るとぜんぜん別人じゃん! そっちも早々に借りて観るつもり。

« ありがとう!JB | トップページ | 原題は「オルフェーヴル河岸36番地」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ふふふ。私も観たよ~この映画。007☆3、裏犬☆3、サンシャイン☆4って感じかな。それにしても、満点が☆5つ?なんだね?今頃気付いた(^_^;ほとんど感想は同じかなぁ。やっぱりジョンベネちゃん思い出したよ。まーも少し、展開に毒があっても良いかなと思ったくらいかなぁ。何となくめでたしめでたしで終わってるのがちょっぴり残念でした。ロードムービーで言うと、最近では、去年観たトランス・アメリカも良かったです。

>えむさん先日はありがとう。ふふふ、3つとも似たような☆数だね。裏犬は音楽がもっと趣味良ければ、ぜんぜん印象が違っていたかもしれない。惜しい。サンシャインは、私も見た直後は案外あっさりしてたなあと思ったけど、いろいろ考えていたら、後からじわじわ毒が効いてきてしまい(笑)、☆も修正しなおしたの。トランス・アメリカ・・・あ!見ようかどうしようか迷っていた映画だ。DVDで借りて見てみるよ。もう借りなきゃ映画が溜まりまくってる。だいなさんに借りたデスなんたらの妻たちもまだ見てないのー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622721

この記事へのトラックバック一覧です: またもやロードムービー:

« ありがとう!JB | トップページ | 原題は「オルフェーヴル河岸36番地」 »

インデックス

無料ブログはココログ