« 原題は「オルフェーヴル河岸36番地」 | トップページ | 歯医者は稼ぎ時か! »

2007年1月 9日 (火)

ダンダカダンダーン、ダンダンダン

これも日曜日に観た。公開からずいぶん日にちがたっているのに、いまだほぼ満席だった。実は007シリーズを映画館で観たのって初めて。きゃ♪ そういう人がほかにもいっぱいいたのかなあ。

「007/カジノ・ロワイヤル」(2006年 英/米)
★★★★

Fi2621420_1e 00(ダブルオー)に昇格するには人を2人以上殺さなければならない。しかし、本物のスパイとなるには、あともう一つ乗り越えなければならない試練がある(実地で学ばなければならない訓戒がある)という内容の映画だったかと思います。英国の諜報機関のエリートスパイが、まず2人暗殺してみて、殺人に慣れることを条件とするなんて、普通に考えてコワイですぅ。現実も当たり前にそうなのか?と、びびってます(笑)。

この映画を観て、欧米の金持ちたちが醸し出すゴージャスさへの好奇心や憧れがとっくに失せてしまっていることに気付かされた。子供の頃はそれも007シリーズの魅力の一つだったような気がするんだ。この新生ボンドも、金持ちが集まる有名リゾート地を次々と飛び回るんだけど、行ってみたい、こんなホテルに泊まってみたいとはちっとも思わなくて、その時点でこのシリーズを観る資質にすでに欠けてしまっているのかもしれない。
・・・などと言ってみるが、実のところは、私が憧れるゴージャスというのはショーン・コネリーのボンドに尽きるってことなんだ、要するに。

アクションと、そうじゃない場面との緩急のバランスが取れていて私の年齢でも飽きずに観られたことと、ヒロインのエヴァ・グリーンの初々しさと気品を兼ね備えているところが良かったかな。少しふっくらしたジェフリー・ライトは、アイス・キューブと紛らわしくないか。好きな俳優の一人だけど、ちょい役だった。

« 原題は「オルフェーヴル河岸36番地」 | トップページ | 歯医者は稼ぎ時か! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ちょっと、ダニエルにはまりそうになりました。映画は相変わらずですが、飽きさせないと言う点で、面白かったです。え・・・っと、某日記をつけるのに、映画の採点をヒメヒカゲさんの★5つで満点、星半分は☆と言う表記方法を採用させていただきました(真似しました)スミマセンm(__)m事後報告です。☆を半分って見るのが、すごい細かくて良いっすよね~。最近まで私は★4つで満点だと思ってたんですが・・・

>えむさんダニエルかっこいいね。でも、あのリンチシーンで笑ってしまって・・・。あれはサービスシーンなのかしら? 本人もよくやったよね。採点方法は私も誰かがやってるのを真似てみただけなので、そんなお断りはいらんよー。やってみると結構便利だよね。私の場合は好き嫌いでつけてるだけなんだけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622723

この記事へのトラックバック一覧です: ダンダカダンダーン、ダンダンダン:

« 原題は「オルフェーヴル河岸36番地」 | トップページ | 歯医者は稼ぎ時か! »

インデックス

無料ブログはココログ