« 償いか献身か | トップページ | あっけない死に衝撃! »

2007年1月18日 (木)

音楽ネタ不足

このブログ、最初はよく聴いている音楽の話題が多かったのに、週末くらいしか更新しないと、その間に読んだ本や見た映画をメモるのが精一杯。音楽ネタは、CDやLPをもう一度ちゃんと聴き直してから書こうと思うから、けっこう時間がかかってしまうんだよね…。

それで、ごく最近買ったCDの1枚です。
デレク・トラックス・バンドの『Songlines』

Fi2621423_1e ほぼ1年前に出たアルバムだが、ラジオで耳にした1曲が気になって、ネットで見つかったオフィシャルサイトのバンドメンバーの顔ぶれを見て、これはいけるかも!と思い、衝動買いしてしまいました。いえ、顔ぶれといっても知らない人たちばかりですけど、黒人のオジさん率が高い混合メンバーというのに引かれました。

デレク・トラックスは、オールマン・ブラザーズ在籍の、スライド奏法を得意とする白人ギタリスト(オールマン・ブラザーズ・バンドが今も続いていることすら知らなかった!)。昨年はクラプトンと一緒に来日した。そういえば、この前コンサートに行ったジョン・メイヤーもクラプトンのお気に入りとのこと。クラプトンには思い入れはないが、あの人は活きのいいのをいち早く取り上げて紹介することに長けていたり?

バンドメンバーにボーカルが加わったのは初めてとのこと。オルガンやパーカッションがいて、基本はアメリカ南部の音楽なのだけど、ジャズっぽかったり、インドやアフリカ音楽の要素もあって、いろいろ遊んでいる割には大人向けの、かなりオーソドックスな内容のアルバム。
そして、やっぱりリーダーのギターの音色が面白い。

でも、何かがすこーし物足りないのよ。何かなと考えたんだけど歌メロの印象が薄い。やっている曲は、1曲目がいきなりローランド・カークの曲だったりするし、歌モノについても幅広くいろんな人の曲をカバーしているわけだけど…。おそらくバックの演奏だけで十分に聴きごたえがあり、ボーカリストにも過度の期待を寄せてしまうせいです。このボーカリストはファルセットで歌ってるほうが、私的には好みです。

んで、結局のところ、4曲目のヌスラット・ファテ・アリ・ハーンのインスト曲、あと、最後に入ってるオリジナル曲の「This Sky」が現時点でのお気に入り。

**********************************
話は変わり。驚きました。マイケル・ブレッカーが、白血病のため57歳にして亡くなる。ブレッカー・ブラザーズは10代の終わり頃に夢中になって聴いていたグループの一つなんで、いつか取り上げようと思っていたんだけど、訃報のついでばかりじゃ寂しいな…。でも、今度の週末にLPを聴き直してみるつもり。

« 償いか献身か | トップページ | あっけない死に衝撃! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

このアルバム、友人に音源もらってけっこう気に入って聴いてたんだけど、デレクトラックス本人が歌ってるとばかり思ってました。ギターも声も音色いいな、と。仕事は落ち着きました?私はJM来日発表を今か今かと待ちこがれてます。

>やまやましーさんとっくにチェックされてましたか。ボーカルの人は、ファルセットの歌い方がプリンスに少しばかり似てなかった?依然JMか・・・思いがけず本格的にはまっちゃいましたね。仕事は今年に入ってからぜんぜん暇。暇なのに、昼間に歯医者に行くと、留守にした時間分は残業しなければならなくて、なんだかなーですよ。もともと残業代はつかないのに。

プリンス似なるほどー。あのファルセットはかなり黒人ぽいよね。デレクトラックスの写真をみたらジョニーウインターも真っ青(?)の真っ白々だった。暇でも残業とはねえ。その会社、妙に合理的というか欧米的なのかな?

>やまやましーさんウインター兄弟は先天性色素欠乏症だよね。私はむしろあんな身体がデカイと思わなくて、昔のミュージシャンたちはみんな痩せてたよね。すごい勢いで肥満化してるよね、日本もだけど。合理化・欧米化・・・小さい会社の場合は経営者に都合のいい部分だけね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622726

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽ネタ不足:

« 償いか献身か | トップページ | あっけない死に衝撃! »

インデックス

無料ブログはココログ