« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月27日 (土)

狼頭の十字架

出たー! レジナルド・ヒル久々のシリーズ外ミステリー翻訳。

『異人館』レジナルド・ヒル著/松下祥子訳
(ハヤカワ・ミステリ 2007年邦訳)

Fi2621425_1e イングランド北西部の小村に、偶然同じ時期に訪れた若い男女。女はオーストラリア人で、今はケンブリッジで数学を学ぶサム。この村の出身らしい祖母の生い立ちを調べにやって来た。男はスペイン人で、歴史学者のミゲル。16世紀に起きたカトリック教徒迫害について調べている。過去を掘り返そうとするよそ者2人に対し、村人たちの反応はどこか謎めいている…。

舞台となるイルスウェイト(架空の村)は、北欧から来たヴァイキングが定住した村であり、何百年にわたって同じ家系による秩序が保たれている。そして、イル(悪い)という名前からして何やら不吉なものを感じさせる。物怖じしない女性数学者と、一度は司祭を目指したこともあった少し奥手の歴史学者が互いの推理を補完しあって、この閉鎖的な村での過去のおどろおどろしそうな出来事を暴き出すという趣向に、ワクワクしないわけない!
しかし、実際に数学や歴史の知識が推理に役立てられるかというと、そういう話にはなかなか至らないわけで、本格的な謎解きを期待して読んだ人は拍子抜けかもね。ミゲルは歴史学者というよりは霊媒師だし(笑)。

でも、どいつも胡散臭そうに思えた村人たちの本当の姿が明かされる後半のユーモアも交えた展開が、いかにも人を食ったような話の得意なヒルらしくて、ヒル好きの私としては満足! 出会いの運命の謎が明かされる最後の章も鮮やか!

それにしても、1960年代というほんの半世紀前に、約15万人ものイギリスの孤児や貧困層の子供たちが、キリスト教会などもかかわって半ば強制的にオーストラリアへ船で送られていた事実は衝撃的でした。名目は養子だったが、実質は性的虐待や違法な労働力確保のためだったらしい。マーガレット・ハンフリーズという一人のソーシャルワーカーが1994年に暴露本を出すまで、イギリス人ですらほとんど知らなかった事実だという。それもまた驚き。

あっけない死に衝撃!

バース署勤務のピーター・ダイヤモンド刑事シリーズの第7弾。

『最期の声』ピーター・ラヴゼイ著/山本やよい訳
(ハヤカワ文庫 2004年邦訳)


Fi2621424_1e ダイヤモンド警視も逮捕にかかわった地元の大物マフィアに殺人の有罪判決が下りた翌日、公園で女性の銃殺死体が発見される。駆け付けた警視が対面した死体は、今朝までいつもとまったく変わったところのなかった愛妻のステファニーだった。しかし、警視は身内ということで捜査からは外され、さらに彼自身が第一容疑者になっていると知り、憔悴した気持ちを奮い立たせて独力で犯人捜査を始める…。

前作『地下墓地』の感想で、20年連れ添った妻との仲良しぶりが改めて印象に残ったのだけど、こういう展開に持ってくるとは! シリーズはこの先どうなっちゃうんでしょうね。

相変わらず上司の女性副本部長が嫌なヤツだ。立場上もあってドライに振る舞っているだけかもしれないが、ダイヤモンドとの会話のやりとりにこっちまでムカムカしてきちゃって…。短気さを抑え、いつもより努めて冷静に独自捜査を積み上げていく警視の姿に、今回は全面的に共感。だからますます「犯人見つけて、上司の鼻もあかしてやれ!」との思いが強くなり、本を読み進めるのが止められなくなってしまうんだけどね。

ストーリーも面白かった! ただ、宝石泥棒をアラブ人にしたのは、大して生かされておらず、取って付けたような印象だった。

2007年1月18日 (木)

音楽ネタ不足

このブログ、最初はよく聴いている音楽の話題が多かったのに、週末くらいしか更新しないと、その間に読んだ本や見た映画をメモるのが精一杯。音楽ネタは、CDやLPをもう一度ちゃんと聴き直してから書こうと思うから、けっこう時間がかかってしまうんだよね…。

それで、ごく最近買ったCDの1枚です。
デレク・トラックス・バンドの『Songlines』

Fi2621423_1e ほぼ1年前に出たアルバムだが、ラジオで耳にした1曲が気になって、ネットで見つかったオフィシャルサイトのバンドメンバーの顔ぶれを見て、これはいけるかも!と思い、衝動買いしてしまいました。いえ、顔ぶれといっても知らない人たちばかりですけど、黒人のオジさん率が高い混合メンバーというのに引かれました。

デレク・トラックスは、オールマン・ブラザーズ在籍の、スライド奏法を得意とする白人ギタリスト(オールマン・ブラザーズ・バンドが今も続いていることすら知らなかった!)。昨年はクラプトンと一緒に来日した。そういえば、この前コンサートに行ったジョン・メイヤーもクラプトンのお気に入りとのこと。クラプトンには思い入れはないが、あの人は活きのいいのをいち早く取り上げて紹介することに長けていたり?

バンドメンバーにボーカルが加わったのは初めてとのこと。オルガンやパーカッションがいて、基本はアメリカ南部の音楽なのだけど、ジャズっぽかったり、インドやアフリカ音楽の要素もあって、いろいろ遊んでいる割には大人向けの、かなりオーソドックスな内容のアルバム。
そして、やっぱりリーダーのギターの音色が面白い。

でも、何かがすこーし物足りないのよ。何かなと考えたんだけど歌メロの印象が薄い。やっている曲は、1曲目がいきなりローランド・カークの曲だったりするし、歌モノについても幅広くいろんな人の曲をカバーしているわけだけど…。おそらくバックの演奏だけで十分に聴きごたえがあり、ボーカリストにも過度の期待を寄せてしまうせいです。このボーカリストはファルセットで歌ってるほうが、私的には好みです。

んで、結局のところ、4曲目のヌスラット・ファテ・アリ・ハーンのインスト曲、あと、最後に入ってるオリジナル曲の「This Sky」が現時点でのお気に入り。

**********************************
話は変わり。驚きました。マイケル・ブレッカーが、白血病のため57歳にして亡くなる。ブレッカー・ブラザーズは10代の終わり頃に夢中になって聴いていたグループの一つなんで、いつか取り上げようと思っていたんだけど、訃報のついでばかりじゃ寂しいな…。でも、今度の週末にLPを聴き直してみるつもり。

2007年1月14日 (日)

償いか献身か

反省して出した答が、イラクへの2万人以上の増派、バグダッド周辺の治安が改善されれば年内撤退も可能って、まるで破滅型ギャンブラーの発想だよねえ。共和党内部からですらベトナム戦争以来の失態との声が挙がっているのに、ブッシュと電話会見した安倍がさっそく理解を示したって本当か? いかにも即断で口にしちゃいそうな人だけど…。


先週に読み終えた小説がベトナム戦争を背景にした内容だったのはたまたま。お正月休みはまったく本を読まなかったせいもあり、読了するまでにかなりの時間がかかったよお。長いし。

『オウエンのために祈りを』ジョン・アーヴィング著、中野圭二訳
(新潮文庫 1999年邦訳)

Fi2621422_1e 5歳児ぐらいで成長が止まってしまったような身体と、甲高く潰れた声を持ち、一方で知能レベルはすば抜けて高かった親友オウエン・ミーニーの生涯を、現在は母国アメリカへの失望からカナダに移住して女子校の英語教師をしている主人公が振り返るといった内容。

映画「サイモン・バーチ」の原作というのは読み始めてから気付いた。でも、映画と同じなのは途中まで。映画のサイモン(原作のオウエン)は子供の頃に亡くなってしまうが、原作では主人公とオウエンの友情は大人になるまで変わらず続く。そして、二人ともベトナム戦争に徴兵される年頃に…。

ジョン・アーヴィングを読んだのは本当に久しぶり。この本が書かれたのは1989年で、邦訳が出るのに10年かかり、さらに昨年になって文庫化され、平積みになっていたので買いました。正直、今さらアーヴィングの世界に馴染めるだろうかという躊躇もあったのだけど、切なかったなあー。
オウエンは、それは神の計画の一部であると信じたら気が狂ってしまいそうなことと、信じることでなんとか慰められることの板挟みに、一人苦しんでいたのだろうかと考えると切ない。宗教色の濃い内容で、キリスト教のカトリックとプロテスタントの違いくらいはともかく、会衆派と監督教会の違い? 何のこっちゃやらという感じで、しかし、ところどころにユーモアもあるし、謎解きの楽しみもあって、分からない点は読み進むにつれてあまり気にならなくなった。

主人公は、オウエンを回想する合間に、イラン・コントラ事件に揺れる母国レーガン政権に対する憤りをぶちまける。アーヴィング自身が、この頃のアメリカにほとほと愛想を尽かしていた様子が伺える。憤りはまた、テレビ伝道師などに象徴される欺瞞に満ちた宗教に対しても向けられる。そうした押しつけがましい宗教(一部の平和運動も然り)に後押しされるかのように、単純化していくアメリカに向けられる。読みようによってはかなりストレートな「怒り」と「嘆き」に満ちた小説。『ガープの世界』以来、風変わりなファンタジーとして楽しめるアーヴィングの作風に大きな変化はないのだろうけれど、ここは新鮮だった。昔読んでいたときには、単に気付かなかっただけかもしれないけど。

小説の政治的な面ばかりを取り上げるのはあまり好きではないが、ちょっとばかり引用。

ぼくの覚えている限りでは、ホイト夫人は、ある特定のアメリカ大統領を批判したからといって反アメリカ的とはいえないと言った最初の人だ。ある特定のアメリカの政策を批判することが、非愛国的ということにはならないとも言った。そして、共産主義者と戦うある特定の戦争にかかわることに反対しても、それは共産主義者の側に立つことと同じではない、とも言った。けれどもこのような区分は、グレイヴエンドの大半の市民には通じなかった。ぼくのかつての同胞である、今日のアメリカ人の多くにも、そんな区別は通じない

このような区分は当たり前じゃないですかと思うけれど、しかし我が身をふり返って、こういう冷静な判断を、一つ一つの出来事に対していつも適用させてきたかと問われると、まったく自信なし。その時々、直感のままに判断を下すのは簡単だが、慎重になろうとすれば、何かに賛成するにも反対するにももっと情報を集めてから、それまではもう少し様子を見ようと口をつぐむ。で、判断ができた時にはすでに機会を逸してしまっていることが多かったりして。・・分かってはいても容易なことではないです。でも何か、判断の芯となるものは持ち続けないとね。

2007年1月11日 (木)

歯医者は稼ぎ時か!

お正月に餅を食べて、奥歯の詰め物がとれました。
職場の近くにおすすめの歯医者がないかどうか、隣の席の人に尋ねたら、
やはりお正月に餅を食べて奥歯の詰め物がとれたと言うではありませんか。
そんな人、いったいどれくらいいるのだろう。
餅をノドに詰まらせる人数の比でないことは確かかと思われます。


今の会社に勤めはじめて10カ月。
この1月から、なんとか正社員採用が決まりました。
お給料交渉はこれから。たぶん言われるがままだけどね・・・。

先ほどテレビをつけたら、女性派遣社員のドラマをやっていた。
私も20代の頃に一時期、派遣をやっていたことがある。
部署内の女性社員のほとんどは派遣というある出版社に行かされていたが、
派遣会社と派遣先の企業の間で行われていることに腑に落ちないことが多々あり、
派遣会社の担当に対して、私も含め派遣社員代表3人で話し合いをしたいと持ちかけところ、
その月末をもって3人とも契約打ち切り、仕事を干されてしまった。
たった一度、交渉を持ちかけただけで…。
まだ派遣法などが出来る以前のことだ。
しかし、それ以来、派遣会社にも派遣を多用している企業にもいいイメージはない。

ドラマは途中から見始めたけれども、仕事が出来るスーパー派遣社員の話で、
ツンデレの予感(この言葉はもう古い?)。そして、じわじわと不愉快な気分に。
これは誰をメイン対象にしたドラマなのだろうか?
結局は企業にいいように使われていただけという話にならないのだろうか?
不快が愉快に変わる確率はそれほど高くないと思われ、
たぶん続けては見ないと思うが、行方が気にならなくはありません。

2007年1月 9日 (火)

ダンダカダンダーン、ダンダンダン

これも日曜日に観た。公開からずいぶん日にちがたっているのに、いまだほぼ満席だった。実は007シリーズを映画館で観たのって初めて。きゃ♪ そういう人がほかにもいっぱいいたのかなあ。

「007/カジノ・ロワイヤル」(2006年 英/米)
★★★★

Fi2621420_1e 00(ダブルオー)に昇格するには人を2人以上殺さなければならない。しかし、本物のスパイとなるには、あともう一つ乗り越えなければならない試練がある(実地で学ばなければならない訓戒がある)という内容の映画だったかと思います。英国の諜報機関のエリートスパイが、まず2人暗殺してみて、殺人に慣れることを条件とするなんて、普通に考えてコワイですぅ。現実も当たり前にそうなのか?と、びびってます(笑)。

この映画を観て、欧米の金持ちたちが醸し出すゴージャスさへの好奇心や憧れがとっくに失せてしまっていることに気付かされた。子供の頃はそれも007シリーズの魅力の一つだったような気がするんだ。この新生ボンドも、金持ちが集まる有名リゾート地を次々と飛び回るんだけど、行ってみたい、こんなホテルに泊まってみたいとはちっとも思わなくて、その時点でこのシリーズを観る資質にすでに欠けてしまっているのかもしれない。
・・・などと言ってみるが、実のところは、私が憧れるゴージャスというのはショーン・コネリーのボンドに尽きるってことなんだ、要するに。

アクションと、そうじゃない場面との緩急のバランスが取れていて私の年齢でも飽きずに観られたことと、ヒロインのエヴァ・グリーンの初々しさと気品を兼ね備えているところが良かったかな。少しふっくらしたジェフリー・ライトは、アイス・キューブと紛らわしくないか。好きな俳優の一人だけど、ちょい役だった。

2007年1月 8日 (月)

原題は「オルフェーヴル河岸36番地」

パリ警視庁の住所らしい。日本なら「桜田門」? 昨年の暮れ、暴風雨の日に観た映画。

「あるいは裏切りという名の犬」(2006年 仏)
★★★

Fi2621419_1e 実話をヒントにして警察内部の汚職や人間関係を描くフレンチノワール。なんだろうかこの邦題は…。あるいはなんていう接続詞でごまかしてる(格好つけてる?)けど分かりやす過ぎるだろと思います。客を呼ぶにはいいけど、変な色がついてしまった。

ストーリーや雰囲気が、何か別の、アジア映画などを真似ているような気がしてしまう。あと、BGMがやたら耳障りで、途中でそう気付いてから注意して観ていたらなんと! 映画の最後までずっとBGMが途切れることがなかった…。この音に対するデリカシーのなさにはまいったぜ。そんなのをノワールムービーと言っていいのか、という個人的な疑問。
でも、タダ観なので、それほど文句があるわけでもないのです。巷での評判はネット上を見る限りとても良いようですよ。

警察小説やハードボイルド小説は大好きだけど、最近その手の映画で気に入ったものは、思い浮かばない。あまり観てないし。
それにしてもフランス映画界も、中年俳優の人材が相当に限られているんだろうか。脇役も含めてあまりにいつも同じ顔ぶれだと、登場人物に偏見を持たずまっさらな気持ちで鑑賞するのは難しいというつまらなさが、どうしてもある。(ミレーヌ・ドモンジョが出ていたのにはちょっと驚いたけど。現役か!!)
デ・ニーロとクルーニーでハリウッド・リメイクされるらしい。はあ、、、こっちもまた恐ろしく新鮮みに欠けた組み合わせだなあ。

またもやロードムービー

家族ものヒューマン・コメディの良作との前評判が高かったので楽しみにしていた映画、観てきたよ。

「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年 米)
★★★★★

Fi2621418_1e まずは映画とはまったく関係ないのだが、最近テレビでPower For Livingという自己啓発ものらしきCMを見かける。アーサー・S・デモス財団という名前が最後に登場するやつ。さっそく検索にかけてみたのだが、昨日の時点ではほとんど何も引っかからなかった。どうやらアメリカに拠点を置くプロテスタント系の団体らしい。今の日本だったら確実に需要がありそうと見込んだかい? 昼間に頻繁に流れる保険会社のCMも同様だけど、盛んにCMを流せるほどの資金の出どころ(例えばモノを売ることでの儲けとか)がCM見た限りで推測できないものには当然の拒否反応が起こる。そこそこの有名人を起用しているのが、また胡散臭い。キリスト教系団体なら、まずはその背景を説明するホームページくらい用意すべきと思うが、見つかったホームページでもほとんど何も説明されていないに等しい。

こんな団体を見るたびに、どこか精神的にも歪んだアメリカというのを改めて思うのだが、勝ち組・負け組という言葉が流行るような日本も、もはやアメリカと大差ない。いったい何を基準に勝ち負けを言っているんだか、前々からさっぱり理解できない。というか、こんな言葉を耳にするのも口にするのも不愉快極まりないのだが、今日観たこの映画がまさにその負け組、負け犬とのレッテルを世間から貼られかねない家族をテーマにしていて、いやいや痛快でした!


ひょんなことから“リトル・ミス・サンシャイン(美少女コンテスト)”の全国大会に出場できることになった9歳の娘を、家族全員でカリフォルニアのコンテスト会場まで送っていくロードムービー。

この家族というのが、お父さん、お祖父さん、伯父さん、お兄ちゃんと、それぞれがバラバラの問題や悩みを抱えていて、しかし唯一、ごくまともなお母さんがいるおかげで辛うじてまとまっているというか、バラバラの悩みを抱えながらも、実はそれぞれが家族思いの人間だったりして(途中のレストランでのアイスクリームのシーンは微笑ましかったー)、それゆえに、次々と起こるショッキングな出来事も難なく乗り越えていけるんじゃないかという勇気や希望が、ポンコツのミニバスを発車させるたびに家族みんなで押さなければならない場面を通して、じわじわ伝わってくるところが良かった。

傑作だったのは、やっぱりクライマックスのコンテスト。娘がお祖父ちゃんから教わったダンスってのが・・・爆笑! あのお祖父ちゃんの性格から考えたらそれしかないという展開だけど、意表を突かれた! これはこれで十分に病んでいると思うのだが、コンテストに出場している他のジョンベネちゃんたちの不気味さに比べたら、もうぜーんぜんまともに見えてしまうのが恐ろしい(笑)。

それにしても、こんなに幸せそうな家族が負け組なんていう根拠のない劣等感を抱える必要性がまったくないわな。所得からしたらおそらく白人では平均と思われるこの家族には日本人にも共感を呼ぶ部分がたくさんあると思う。むしろこういう味わいの作品は邦画には以前からちょくちょくある? なんとなく既視感を覚えたんだよね。

ベテランのアラン・アーキンが祖父役で出ていたり、家族全員がナイスなキャスティングだったが、伯父さん役のスティーヴ・カレルという俳優が気になる、気になる。昨年話題になった「40歳の童貞男」で主演をやっている。写真で見るとぜんぜん別人じゃん! そっちも早々に借りて観るつもり。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

インデックス

無料ブログはココログ