« コロンブスの卵的な2部作。 | トップページ | ありがとう!JB »

2006年12月23日 (土)

またもやテックスメックス

レンタルDVDで鑑賞。いつもどおりネタバレ。
「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」(2005年 米/仏)
★★★★

Fi2621415_1e メキシコ国境に近いテキサス州。初老のカウボーイが親しくしていた不法就労のメキシコ男性が射殺される。カウボーイは新任の国境警備隊員が犯人であると知り、彼を拉致誘拐して、メキシコ人の遺体を生前の約束どおり故郷のメキシコの町へ埋葬しにいく旅の道連れにする…。

うーん、西部劇テイスト。時間が激しく行ったり来たりするので、最初は取っつきにくいが、ロードムービーになってからが面白い。トミー・リー・ジョーンズが監督/製作/主演を兼ねた低予算ムービー。好きな映画を作るために、日本の缶コーヒーのCMにも出てるのかなとちらっと思ってみたりして…。

でも、これは「アモーレス・ペロス」も手掛けたギジェルモ・アリアガの脚本がかなりいいのかもしれない。カンヌ映画祭でも男優賞とともに脚本賞を受賞している。ある程度、ストーリーは読めてしまうので(ラストは読めなかった…)、トミー・リーも悪くはないのだけど、もっと思い切って斬新な映像を撮る別の監督が手掛けていたらどうなっていただろうとつい想像してしまう。

亡くなった友との約束をなんとしてでも果たそうとする男気なカウボーイの物語だが、年長の男が、荒治療でもって、自分が何をしたかが理解できず一人苦しんでいた若者に贖罪の機会を与える話でもあると思う。きっと最初からそのことも意図して行動していたであろう包容力のある初老のカウボーイ役にトミー・リー・ジョーンズはふさわしかったが、罪を犯した国境警備隊員役のバリー・ペッパーがなんといっても熱演だったし、その妻役のジャニュアリー・ジョーンズは初々しく魅力的だった。二人はハイスクール時代の人気者同士が結婚したという設定で、いまだ過去の栄光を引きずっているような一種のかっちょ悪さが出ていたと思う。

以下、印象に残ったところ。
・メキシコのラジオ放送を聴く盲目の老人。ここでまんまと映画にはまった! 
・国境の川を渡るシーン
・群生する黄色い花
・夕暮れのメキシコパブ
・フレディ・フェンダーの「Before The Next Teardrop Falls(涙のしずく)」
 ↑この曲がめちゃ懐かしかった!

******************************************
「ウェディング・クラッシャーズ」(2005年 米)
★★★

葬式でのナンパ成功率が高いらしいという話はたまに見聞きする。ナンパのつもりはなくても、葬式で哀しみに暮れる男女が出会って一夜をというのは、小説などでもよくあるシチュエーション。でも、これは、見知らぬ他人の結婚式に潜りこみ、美女を見つけてはナンパするのを趣味にしている2人の男性の話…。

ショウビズCountdownで映像を何度も見ていたので、アメリカではかなりヒットしたと思うのだが、日本ではビデオスルー。コメディ洋画の劇場公開するしないの基準はどうなっているのでしょう。

オーウェン・ウィルソンとヴィンス・ヴォーンなんて、豪華な組み合わせじゃないですか! おまけにクリストファー・ウォーケンが主要キャストで出てるし! ウォーケンがコメディアクトで登場する映画に、ハズレはまずなし!(と思う。単にウォーケン贔屓) さらにウォーケンの妻役がジェーン・シーモア。とにかくキャストはよいのだ。

でも、あまり笑えなかった…。ストーリーのひねりが不足してるし、ヴィンス・ヴォーンの持ち前のキャラに頼りすぎかな。彼のしゃべりは原語だと面白いのかもしれないけど、字幕では伝わらないようだった。

« コロンブスの卵的な2部作。 | トップページ | ありがとう!JB »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

なななななーんだ、やっぱり!もービデオで出ちゃってたのくわっ!!ずっと待ってたのに~、ジェーン・シーモアと夫婦役なんて、理想のカップルがスクリーンで!と心待ちにしてたんよヨヨ。もう一組のベストカップルだったはずの、グレン・クローズとの前作がひどかっただけに~これだけのスター格が一応出ててビデオスルーなんてよほどつまんないののの?私はWOWOWを待ちまする。。。

>ぱぴよんさん久しぶり!たまたま一昨日、ぱぴよんさんはどうしてるんだろうね、と噂していたばかりだよ。大ヒットムービーなのに、なぜに公開しなかったんだろうね。ウーォケン、いつもどおり強面だった。出番たくさんあるよ。シーモアもとんでもない役でしたよ。WOWOW待ちか・・・それでもいいけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622593

この記事へのトラックバック一覧です: またもやテックスメックス:

« コロンブスの卵的な2部作。 | トップページ | ありがとう!JB »

インデックス

無料ブログはココログ