« ヒエロニムス・ボッシュ刑事が暴く闇。 | トップページ | またもやテックスメックス »

2006年12月18日 (月)

コロンブスの卵的な2部作。

戦後生まれの日本人の私から見て、ほぼ違和感のない内容に仕上がっていた。というより、まるで日本人が撮ったみたいな映画だった。観ていて途中からかったるく感じてしまった間の取り方まで…。単調な地下壕のシーンが多かったせいもあり、上映時間はちょっと長く感じた。

「硫黄島からの手紙」(2006年 米)
★★★☆

硫黄島での戦いを、日米双方の視点から2部作にして描くという試みは、アメリカでのこの第2弾の評価の高さを見るに大成功だったようで。日本の兵士にもいろんな人間がいたことを描いた映画が、敵国だった国で高評価というのは、やはり悪い気はしません。

「父親たちの星条旗」の中のあのシーンが、この映画ではこのシーンと、描かれている場面まで同じで、ほほーっと感心しつつも、純粋に映画としての面白さは「父親たち…」のほうが勝っていたかなと思う。例えば自決のエピソードは、外国人にはいまだショッキングなハラキリシーンかもしれないが、日本人には特に目新しさはなかったりするし、ほかの回想エピソードも同様。でも、外国人がこの映画を観て、同じ人間としての共感を深めるとすれば、それはそれでよしです。
俳優では加瀬亮が印象的だった。あと、栗林中将と対立して本土に返されてしまう人。演じた人の名前は分からないけど、私なんかが思う昔の日本人はまさにあのイメージ。

そういえば、「父親たち…」の映画では、亡くなった兵士らの両親が登場したけど、こっちの映画では家族の映像は、唯一、身ごもった妻のみだったと思う。日本人が撮った映画なら、ほぼ間違いなく、年老いた母親の映像を加えて、涙を誘うエピソードに仕上げていたのではないか。
そういうシーンが欲しかったわけではないけど。

« ヒエロニムス・ボッシュ刑事が暴く闇。 | トップページ | またもやテックスメックス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622592

この記事へのトラックバック一覧です: コロンブスの卵的な2部作。:

« ヒエロニムス・ボッシュ刑事が暴く闇。 | トップページ | またもやテックスメックス »

インデックス

無料ブログはココログ