« ロックと思ってたら違ってた。 | トップページ | スペクタクル! »

2006年11月19日 (日)

引き続きタイツ映画

映画好きなほうだと思うが、周期的にまったく興味をなくす時期があって、映画館に足を運んだのは8月末の「スーパーマン リターンズ」以来でした。こういう確認に、ブログは役立つ…。本当は別の映画を観る予定だったんだけど、それはまた次に。

「ナチョ・リブレ 覆面の神様」(米 2006年)
★★★☆

あらすじは「タイガーマスク」。メキシコの実在のプロレスラーをモデルにした話。でも、出来上がった映画は「スクール・オブ・ロック Part2」。分かりやすいギャグは100パーセント子供向け。絶対安全保証。登場人物たちの持ち前のキャラクターがすべてみたいな映画。これ観て、メキシコ人、怒らないか?(笑) 科学だけを信じてる人間がうんぬんのナチョのセリフは、まあその通りかもなと。
いろんなグッズが作られて、映画館で売られていたのに驚いた。そんなメジャー映画扱いなのか、これは。

**************************************

ついでに10月に観たレンタル映画メモ。

「友だちのうちはどこ?」(イラン 1987年)
★★★★
アッバス・キアロスタミ監督。子供に対しても、出てくる大人がみんな自分勝手に振る舞うのね、これ。男の子の気持ちがひしひしと伝わる。誰も頼れる人はいないと悟ったときに、強風に煽られたドアがバタンと開いて、そこから覗く夜の闇をじっと見つめるシーンとか。設定は違うが、宿題ため込んだ夏休み最後の夜はあんな心理だった。私の場合は自業自得。

「真夜中の虹」(フィンランド 1988年)
★★★☆
アキ・カウリスマキ監督。
ハードボイルド。いつもほどクスッと笑えなかったのは、ストーリーがさほど新鮮ではなかったからかな。でも、こういうふうに刹那的に生きてみたいなという気持ちはいつもある。

「ティム・バートンのコープスブライド」(英 2005年)
★★★
手間はかかっているし、グロテスクすれすれの人形の造形なんかは面白い。でも、見終わって何の感想も思い浮かばなかったというのが正直なところ。ティム・バートン、以前は好きだったんだけどな…。

« ロックと思ってたら違ってた。 | トップページ | スペクタクル! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

殿下クラブ、少なくとも来年の2/24まで毎週末ライブをやる予定入ってるみたいです。その後は……コロッと心変わりしないことを祈るのみ…。ちょうど今、友人にカウリスマキボックス(!)を借りてるんだけど、フィンランド(北欧全般かも)髪とか肌に難のある俳優多くないですか?「真夜中の虹」の主人公も微妙にスカスカだったし。

あ、ヒメさんには男優の薄髪=難じゃなかったっけね(笑)。

>やまやましーさんはい、何処かに難のある人のほうが好きです(笑)。カウリスマキは見た目に不思議な味のある人を選んでるんじゃないかなあ。北欧だと、スウェーデンの萩原ながれことラーション、昔からかっこいいと思ってますが、あの人はアフリカとか地中海沿岸の血が入ってるのかな。2月までとは中途半端な時期ですね。私は2月でもいいんじゃないかと思うけど、やっぱり暖かくなってからですかね。せっかくだから。

>「ナチョ・リブレ 覆面の神様」先週ボクも見ました・・・プロレス好きなわたしにゃ面白かったっす。まぁ多少首をかしげるシーンはありましたが(笑)スクールオフロックも見ましたよ。これを期にあの役者でいろいろシリーズ化してほしいっす・・・・次は何かな・・・わくわく。

>goodさんプロレス無知ですが、のんびりしてて、間の抜けた感じがオモしろかったですよ。スクールオブロックよりは、こっちのほうが好きかもです。シリーズ化ね、そういう路線があったか!実在のモデルの人、タイガーマスクのモデルにもなったとチラシに書いてあったけど、意外と若い人で、時期的に合わないのが謎です。話が似ているのは偶然なんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622584

この記事へのトラックバック一覧です: 引き続きタイツ映画:

« ロックと思ってたら違ってた。 | トップページ | スペクタクル! »

インデックス

無料ブログはココログ