« 120年前の日本紀行 | トップページ | 私家版・魅惑のエロヴォイス その24 »

2006年10月27日 (金)

仕事が定時に終わったのに

家に帰って早々にマンションの1階下の住人から連絡が来る。
天井に大きなシミが出来てると。
またもや水漏れ発生!
前回は洗面所の真下だったが、今回はうちのトイレの真下とか!

1時間ほどで工事の人が来て、試しにトイレの便器を外してみるというから
ナニが詰まっていたらどう反応すべきかと悩みつつ、じっとり見守っていたのだが、
どうやら配管の部品が逆さまに設置されていたらしい。
漏斗型の口の大きいほうを上に向けるべきが、下を向いて取り付けられていたらしい。
当然漏れる。引っ越して来るより前だから、3年以上もずっと漏れてたことになる。
信じられんことだ!と工事の人も呆れる。

ワケアリ物件なのは知ってはいるが(家賃めちゃ安)、
住まいが最上階でまだ良かったかな。
ヤよね、天井裏が汚物まみれなんて。

修理に時間がかかってテレビの「嫌われ松子の一生」半分見そびれたけど、
エンディングの、北村さんがビン牛乳を飲み干すシーンの無防備さにドキドキ…。
松子といい「14才の母」といい、今クールの北村さんは本来の、ともいうべき
私の好きなワイルド路線でうれしいおます。

« 120年前の日本紀行 | トップページ | 私家版・魅惑のエロヴォイス その24 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622575

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事が定時に終わったのに:

« 120年前の日本紀行 | トップページ | 私家版・魅惑のエロヴォイス その24 »

インデックス

無料ブログはココログ