« 無法者にふさわしい結末。 | トップページ | 巡査は慌てて本を尻の下に隠した。 »

2006年9月24日 (日)

個人的な祝い事も兼ねて

昨日はブルーノート東京へ、ガル・コスタのライブを聴きに。
バックはサックス兼フルート奏者を加えた4人編成。
ボサノヴァやサンバなどのスタンダード曲演奏に終始したライブだった。
でも、60歳を超えてもその声質はとても魅力的です。

ブルーノート東京という会場は2部制で、1時間ちょっとの演奏時間に
やたら高いチケットチャージが鼻持ちならぬ、なのにいつも見たいミュージシャンたちが
出演しているから余計に腹立たしいと、昔は毛嫌いしていたのだが、
今の日本での海外ミュージシャンのライブ状況を考えると、
この程度の箱で、ミュージシャンの演奏姿もしっかり見れて、このくらいの料金なら
贅沢は言えない気がしています。
確か以前は、料理も注文しなければいけない制度だったと思ったけど、
ドリンクだけでOKになっていたし。(気付くの遅すぎ?)

ステージ上がまったく見えないほどギュウギュウに客を詰め込む
スタンディングのライブよりは納得できるかなーと。自分も歳なもので…。
昨日みたいなしっとり系の歌ものだったら、ちょっと時間が短いと感じる程度でほぼ満足。
これが、1曲1曲の長いインストジャズや、じっと座っていられないタイプの音楽だったら
大いに不満が残るかもしれないですけど。

ライブの後に、勢いで10月のボズ・スキャッグスのライブも予約してしまった!
ナマで、あの近さで、枯れ気味の「JOJO」なんか聴いたら、きっと涙出るよ。
うううう楽しみ!

« 無法者にふさわしい結末。 | トップページ | 巡査は慌てて本を尻の下に隠した。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ガル・コスタねーよくわかんないケド、私はマルチェロ・マストロヤンニのファンなので「ガブリエラ」をビデオで時々観ているよ。それだけデス。でもテーマ曲とかね、けっこう耳にこびりついてついてマス。ボズ・スキャッグス…わぁ~お、もうAORの帝王などと呼ばせない、ジャズ調の雰囲気を醸し出しているのかなあ。ぢつは私の外タレ(……)初体験は1980年のボズ・スキャッグス武道館公演でした。すげぇ、好きだったよ。「シルク・ディグリーズ」も「ダウン・トゥ・ゼン・レフト」もすり減るくらい聴いてタ。なつかしー。でも彼は、スティーヴ・ミラーバンドにいたり、デュアン・オールマンとセッションしたり、とても土臭かった音楽がスキだったんだよねぇ。今は、どんな雰囲気になっているのかなー。私も興味あるわ

>へべあもさんへー、ガブリエラなんて映画すら知らなかった。それに使われているんですね。あもさんもボズ好きなんだー! 私もシルクはすり減るほど聴いてたよ!まさに曲はAORなんだろうけど、なんとなくそう呼ばれることに違和感あるよね。最近のスタンダード集は聴いてないけど、なんとなく歌は変わってない気がする。ブルーノート、10曲くらい歌って12,600円もするのだが、で、私が友達と行くのは15日、日曜日の夜9時からという渋い回なんだけど、もしよかったらご一緒する?予約だけネットですれば、チケットは一緒に買っておくけど?

ご一緒しちゃう!15日日曜のその時間は絶対用事ないしね。ボズ、まったくティーンエイジのアイドルだもんなあ。青春だわね。お手数かけるコトになっちゃいますが、チケット一緒に買っていただけますか…て、私は予約しなくてイイのかな?。お友達にもよろしくお伝えくださいまし。関係ないけど、今週のTVブロスに北村一輝のインタビューのってタよ

>へべあもさんチケット追加予約しときましたー。当日は昼の3時から席予約で、チケット代金もそのときに払うのだけど、それはこっちが立て替えておきます。夜になって合流しよう!楽しみだね! てか、あもさんの携帯のメルアドをしらないので、このページの下のメルアドに連絡しておいてくれるとありがたい。TVブロス情報サンキュー。発売日にしっかり買ったけどね(笑)。

おや、食事をしなくても入場可になっていたのですか。あの食べたくない料理にはうんざりで、それで行かなくなっていたのですが、今度行ってみようかしら。確かにあれだけのメンバーを揃えるライブハウスっていまないですからねぇ。

わい!参加させてもらってありがとーね。若い時分にタイムスリップだい!でもボズはとうに還暦すぎているんだけれどね。チケット代、12,600円(ですよね?)準備して15日に参ります。よろしくねながいながい携帯のメルアドで、すみませんね。名前の前にエルトンとバーニー・トウピンとジャック・ニコルスンとマストロヤンニの頭文字をつけて、生年てカタチになってます。

>belageさんお久しぶりです。2時間未満の入れ替え性で、ライブも聴きながら食事なんて、落ち着かないですよね。連日一流ミュージシャンが出ているのは「ブルーノート」と、あと丸の内に昨年(?)出来た「コットンクラブ」くらいですか…。どっちも似たようなシステム、お値段です。同じ系列かしら?今度はコットンクラブにも一度行きたいと思ってます。

>へべあもさんメルアド預かったよ。ついでにリンクも外しました。迷惑メール予防。しっかし、すごいアドレスですね(笑)変わらずファンをやってるのもすごいな。私なんてしょっちゅう飛びついては捨て、飛びついては捨て・・・。

いいですねぇ。。。 目の前で展開されるライブが見れて ^^決して大きくないスペースみたいなので、より一層、生の感触が味わえたことでしょうねたまには、見てみたいです (^^)

>ascさんascさんの住まいの近所には、めぼしいところがありませんか?大きなホールに比べたら本当に身近です。とても贅沢な時間なんですけどね、お値段も相応というか・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622549

この記事へのトラックバック一覧です: 個人的な祝い事も兼ねて:

« 無法者にふさわしい結末。 | トップページ | 巡査は慌てて本を尻の下に隠した。 »

インデックス

無料ブログはココログ