« ぶっとんでます。 | トップページ | ああ牧師様、馬鈴薯でそんなことを… »

2006年7月17日 (月)

中東のこと。

ブログはログインして書き始めるまでが面倒。
毎日あれこれ考えるけど、考えがまとまらないままに放ってしまう。

今はイスラエルに空爆されているレバノンのことが気になって
毎日ニュースをチェックしてる。
身近な北朝鮮のことよりそっちにより目が行くなんて、平和ボケもいいところだと
言われてしまいそうだが、レバノンは去年10月に旅したばかりなので、
自分なりに意見が言えそうな気がしてしまうのだ。
でも、実際にはここに書けるようなことは何も浮かんでこない。
レバノン知ってる、と言ってみても、しょせん旅行のための付け焼き刃知識だ。

日本でのニュース報道を見る限りでは、いつもどおり、軍事力を笠に着たイスラエルの
やってることのほうが一層酷いのではないかという印象は変わらない。
でも、イスラエル国民の中には、
他国の一般民まで巻き添えにする空爆攻撃をとても恥ずべきことと感じ、
こんなに憎まれる国にはいたくないと考える若者が少なくないというし、
キリスト教の信者が3割を超すレバノン国民には、
国内にいるイスラム教シーア派の武装組織こそ迷惑と考える人たちがいる。
イスラエル軍が、今日はついに北部のトリポリまで攻撃。
武器などの輸送経路まで、ことどとく空爆して絶とうという考えらしいが、
多宗教のレバノンが国単位で全面戦争に巻き込まれるというのは、
実際おかしな話だ。

シリアが絡んでくるのも時間の問題と言われているし、
誰か第三者が本格的に仲裁に乗り出さないと収束しない気がするが、
今、そんな影響力と意思を兼ね備えた人は世界にいるんだろうか?
エジプトとヨルダンあたりがイスラエルをなだめることができたら一番なんだろうけど、
ここまで大きくなってくると…。

« ぶっとんでます。 | トップページ | ああ牧師様、馬鈴薯でそんなことを… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

中東問題って難しいですよね。国対国だけじゃなく、国内の対立も有るし、昔はエジプトとかサウジアラビアとか「大国」が間に立ってたような気もしますが、今はどうなんでしょう?かなり根深い対立の歴史があるんでしょうから、残念ながら完全には平和は来ないんでしょうか・・・アメリカから人種差別が無くならないように。

今は唯一の大国アメリカがイスラエルと親密なうえに、大統領がブッシュでは期待できませんね。アメリカが折れないことには、国連もこの方面ではまったく機能しないし。ついにレバノン滞在中もカナダ人も巻き込まれたようで・・・。イスラエル国内の穏健派に頑張ってもらうしかないでしょうか。

北朝鮮問題よりレバノンが気にかかるのは、全然”平和ボケ”じゃない。ここに現代の平和の不可能性がある。もはや国連などの既存の機関や大国の政治家たちの調停が機能しないことは明らかじゃないの。民族、宗派をこえた人民の連帯という、”非現実”に賭けるほかないと思う。

なるほどそうですね。北朝鮮の危険性は解決の方法はあるというか、もはや時間の問題という気もしますが、イスラエルとパレスチナ、イスラムの争いは、束の間の平和を期待するしかないというほど、解決については絶望的です。G8などを見ていても、「またか」という傍観の雰囲気を感じてしまいます。“非現実”なことも、双方にそれだけの力があるリーダーがいないと、ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622524

この記事へのトラックバック一覧です: 中東のこと。:

« ぶっとんでます。 | トップページ | ああ牧師様、馬鈴薯でそんなことを… »

インデックス

無料ブログはココログ