« ベトナム後遺症を絡めたミステリー | トップページ | 「不道徳性が人を偉大に導くこともある」 »

2006年6月 4日 (日)

契約社員って何?

先月の給与支払明細を見て、ちょっとショックを受ける。勤め始めて3カ月。一度も遅刻欠勤はしていないが、先月は1回だけ、1時間の私用早退をさせてもらった。そしたら時給換算分の給料がしっかり「減額」されてやんの。

この私用早退は、本当は無理にしなくてもいい早退だった。ある正社員から「ヒメヒカゲさんて、ぜんぜん休まないし、遅刻早退もしないのね。たまには休んでいいんだよ」と言われたのがきっかけ。こういうふうに話しかけてくるときは、「あなたが休まないと、私たちも休みにくい」という意味が含まれている場合もたまにある。つまり、社内の人間関係を円滑にしておくための空気を読んでの早退。のつもりだった。

一応はキャリア採用ってことで、仕事内容は正社員と変わらない。突発的な用件による残業も多くて、社員全員が帰ったあとに鍵を閉めて帰ることもたまにある。
でも、残業代は一切つかない。有休も雇用条件に入っていない(第一、今どきこの職種でフレックスタイム制度がないのも珍しい)。だから、事前連絡しておいての1時間の早退くらい、うやむやに処理されると思っていたら、甘かった。大いに甘かったよ。遅刻や早退で給料が引かれることを、事前に知らされていなかったので意表を突かれた。

これって有休のある派遣や、時間給のアルバイトよりも条件悪いじゃん? 例えば病気欠勤であっても、日給換算分が引かれてしまうのか? 総務に聞いてみればいいけど、こういう自分の権利うんぬんに関しては小心者なので聞けないのだ。 

契約社員てのは、これまで漠然と派遣やアルバイトより条件がいいように考えていたけど、要するに契約内容次第であって、雇う側には柔軟性があってずいぶん便利な雇用方法なんだなと、今ごろ気づいた次第。私の場合は、1年後の正社員採用の可能性を言われているから、多少の不利な点があっても我慢して勤め続けるけど、それも確実なのかどうなのか…。
せめて有休はほしいと、切望するこの頃。

« ベトナム後遺症を絡めたミステリー | トップページ | 「不道徳性が人を偉大に導くこともある」 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

ちょっと、納得のいかないところもあるようですね ~~;それでも、我慢のしどころかも知れませんが・・・あまり、無理なさらない程度に、頑張ってください(^^)

>ascさんありがとうございます。なんだか腑に落ちなくて、志気は低下中です。本当に具合が悪くなったら無理せず休んでしまうと思いますが、失業中に貯えもめっきり減ってしまったものだから、減給は痛いです。ascさんの作品、今は花盛りのようですね。雨を予想して出掛けなかったのは失敗でした。

増える分はなく、減らす分はしっかり有るというのも悔しいですね。今私の会社でも「残業」に関しては厳しいです。上司の許可があって居残るのが原則です。労基法がシビアになった(週40時間の徹底)との事ですが、契約社員の場合はどうなるんでしょうね。組合員じゃないだろうけど、同じ労働量と質なら・・・と常識では思うんですけど。

>k.m.joeさん総務省発表によると、この1年の雇用の9割以上が非正社員での雇用とか。一方で、正社員に求められる能力は高くなって、労働条件は正・非にかかわらず厳しくなっているのではないかなあ。なんか変ですよねえ・・・。富はどこへいっちゃったの?と思いますが。

“規制緩和”ってコトバがいい意味であるかのように、伝えたマスコミにゃ腹が立つってもんだね。会社側の契約社員の雇用数を、無制限にしてしまったのも、この“規制緩和”のせいだもんね。終電ギリギリまで、働いて、働いて、スズメの涙ほどの給料に、ボーナスなしだという、親戚の子なんかの話を聞くと、やっぱり、アンマリだ!と思うもんね。会社側が「この人はよく頑張ってて、会社にプラスになるワ!」とフツーに捉えれば、それなりの給与を与えるってのが当たり前じゃないのかなあ…とつくづく思うよ。我が社は、みんな正社員だけど、自らも含め、呑気でだらしないのがほとんどサ。いつかは、ヒカさんたち、正直者が報われるよ。そして、どーしよーもないのが、天罰下るわ by 星野仙一

>へべあもさん最近、ここのブログ、コメントがなかなか遅れず、しばらくたつと2重3重投稿になってるのよ、ごめんね。親戚の子って20代?なんか20代30代が悲惨なことになってるよね。正社員率どれくらいだろ。ある年代の社員が欠けてたら、熟練工なんかがいる業種はもう終わりだね。正社員でなきゃ、会社のために頑張ろうという日本人もいなくなるだろうし、将来が恐ろしいね。日本はどうやって食っていくんだろうか。もう破綻してるかな?

うちの会社は、時給制契約社員、月給制契約社員、短期パートであれば、マイナス(遅刻・早退による減給)もあれば、プラス(残業)もあります。でも正社員はプラスなし。若干納得いかない部分はありますが、しっかりしている方ですね。前に、月給制契約社員が大病をわずらって、2ヶ月休んだことがありましたが、当然支給額ゼロで、社会保険を追徴される事態になりました。ヒメヒカゲさんのケースは、単純にこの小規模版ということになるのでしょうね。ちなみに時給制の人たちは、遅刻・早退・欠勤についてマイナスポイント制があり、四半期ごとに集計して、一定値になると時給が減額されるしくみになってます。逆に皆勤はプラス。このへんのルール作りは本当に難しい。

>rikieさんいろんな社員がいるんですね。私の場合は、正社員になる前の試用期間としての契約社員なので、不満があっても何も言い出せないんです。一般に以前から、正社員として雇ったうえで、3カ月か半年の試用期間を設ける会社はありましたが、今はまず契約社員で雇うというのが当たり前になり、正社員になるまでの期間も延びているのかもしれません。3カ月だったら我慢できる待遇を、1年間というのはちょっときつい。仕事能力は3カ月程度で判断できそうだと思うので、いいように使われているなというのが実感です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622511

この記事へのトラックバック一覧です: 契約社員って何?:

« ベトナム後遺症を絡めたミステリー | トップページ | 「不道徳性が人を偉大に導くこともある」 »

インデックス

無料ブログはココログ