« 私家版・元気になる音 その29 | トップページ | ごちゃ混ぜブラジリアンポップス »

2006年6月29日 (木)

コマドリは見ていた。

先週末にシネスイッチ銀座

「プルートで朝食を」(2005年 アイルランド/イギリス)
★★★★


Fi2621343_1e 生後間もないときに、アイルランドの町のカトリック教会の前に捨てられたパトリックは、幼い時から女装に目覚め、やがて田舎町に居づらくなると、“ミッツィー・ゲイナーに似ている”と言われる生みの母親を探して、ロンドンに向かう…。

ニール・ジョーダン監督作品。
女装の男性が主人公だし、予告を見た限りではかなりエキセントリックな内容かと思っていたら、ちょっぴりファンタジーも交えたほのぼのとした話だった。70年代が舞台で、IRAの爆破テロ活動に巻き込まれながら、また、何人かの男たちに都合良く利用され、一時は街娼に身を落としながら、持ち前のふわふわした性格(?)で人々を拍子抜けさせ、乗り越えていくパトリックをキリアン・マーフィがコミカルに演じているが、フィーチャーされているのは、彼の人間性というより、彼を取り巻く人間模様。本当は時代性も描きたかったのかもしれないけど、そっちはいまいち印象が薄い。映画の背景には70年代の音楽が常に流れているのだけど…。
リーアム・ニーソン演じるカトリック神父との関係や、パトリックを含む4人の幼なじみたちの絆が、いい感じに涙腺を緩ませる。
共演はスティーヴン・レイ、ブレンダン・グリーソン、イアン・ハートなど。すごい棒読みの俳優だ!と思ったらブライアン・フェリーだった。危険な変態おやじの役を、楽しそうに演じていた。


« 私家版・元気になる音 その29 | トップページ | ごちゃ混ぜブラジリアンポップス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

これ、見逃しちゃったあ。ニール・ジョーダンは、大好きな監督なので残念。どこか名画座やってくれないかなあ。

ちょうど公開が終わった後のはざまみたいですね。もう少し話題になると思いましたが、出演者が地味すぎるのか・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622519

この記事へのトラックバック一覧です: コマドリは見ていた。:

« 私家版・元気になる音 その29 | トップページ | ごちゃ混ぜブラジリアンポップス »

インデックス

無料ブログはココログ