« いまさら。 | トップページ | 硫酸ベイビー。 »

2006年3月25日 (土)

聖也さん語録。

ドラマ「夜王」が昨日で終わり。北村一輝が目当てだけで見始めたので、正直つまらない回のほうが多かった。しかし、最終回は登場する主なキャスト全員に見せ場がちゃんと設けてあり、チームワークによる勧善懲悪路線で、うまくまとめてたと思います。最終回がいちばん愉快でした。
聖也さんがロミオの永久ナンバーワンのようなかたちで終えたのも良かった。蓮、大河、光という聖也派ホスト3人の人間性がようやく見えたと思ったら終わりか……と少し名残惜しい気持ちもあるけど、続編はあまり見たくないです。主役を別の人に置き換えた番外編なら、ほとぼりが冷めた頃にあってもよいです。あと、ロミオのホスト全員と歌舞伎町四天王まで敵に回した杉本彩がすばらしくハマリでした。聖也に劣らず漫画チック、かつかなりのオトコ顔。

記憶に残ったのは、一連の聖也さん語録とその該当シーンです。
「僕のロミオですよ」
「ホストはホストの技で勝負しろ」(実は硬派)
「ロミオの看板背負ってますから」(遼介、誰それ?)
「たった一つの掟も守れないお前ごときが、トップになれると思うな」
「金をつかめないやつが俺についてくる資格はない」
「僕ならセックス以上に素敵な夢を見せてさしあげます」(落とし文句その1)
「気安く触るな」
「ホストを舐めるな」
「やっとここまで上がってきたな。喜べ。圧倒的な強さでお前に勝ってやる」(まだまだ余裕)
「お前のその甘さが通用すると思うか」
「むしろ喜んでいますよ。僕の隠していた牙が」(ヒョウ柄だからね)
「俺からの手切れ金だ」(Cool!)
「どこまでだったら許してくれる?」(落とし文句その2)
「俺はロミオが手に入ればそれだけでいい」
「勝手にいなくなるな」(アニキー!)
「俺を敵に回してこの街で生きていけると思うな。…やってみるか?」
「勝ちたいヤツはついてこい」(負ける気がしねー!)etc.

ほかの人たちもいろいろ決めゼリフを言ってたけど、やっぱり歯の浮くようなセリフでは北村がダントツでサマになっておりました。4月からも、6月からもドラマ出演が決まっているのですね。しかし、どちらもまたヒール役。それにちょっと出すぎかなあとも思う。贅沢だけど、ありがたみが薄れる気もして……。困ったものだ。それより飽きちゃうのがいちばん怖いんだけどね。


« いまさら。 | トップページ | 硫酸ベイビー。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ヒメヒカゲさん、こんばんは。「夜王」の最終回、食い入るように観てしまいました。北村一輝の妖魔のようなルックスと大仰な立ち振る舞いが、面白くて楽しくて。彼は将来Vシネマの帝王になるに違いない。

>窯元さん北村ワールド全開でしたよね! かなり贔屓入ってますが。Vシネの帝王ですか? どちらかというとVシネ系で伸びてきた人なので、またそっちの世界に行ってしまうのは……でもVシネにも出続けてもらいたいです。似合ってますかね、やっぱり。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622482

この記事へのトラックバック一覧です: 聖也さん語録。:

« いまさら。 | トップページ | 硫酸ベイビー。 »

インデックス

無料ブログはココログ