« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月27日 (月)

黒シャツがトレードマーク

3月1日から仕事なのであせって見に行ってきた。アメリカのミュージシャン、ジョニー・キャッシュの伝記映画。ネタバレ部分あり。

「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」(2005年 米)
★★★☆

ジョニー・キャッシュの音楽はまったくと言っていいほど聴いたことがない。カントリー畑の人かと思っていたら、メンフィスのサン・レコードからデビューし、エルヴィス・プレスリーやジェリー・リー・ルイス、カール・パーキンスらとともに、ロカビリーサウンドの黄金時代を築いた一人らしい。ブルースとカントリーが混ざって、そこからフォークやロックンロールが登場してくる、その時代のまっただ中にいた人だろうか。
あちらではありのままの自分を表現した歌詞も高く評価されているようだ。2003年に亡くなっている。レイ・チャールズといい、ボビー・ダーリンといい故ミュージシャンの伝記映画が続いているのは、やはり映画の題材となるネタ不足ゆえ?と勘ぐってしまう。

伝記ものといっても、ホアキン・フェニックス演じるジョニーが、リーザ・ウィザースプーン演じるところの彼の長年の憧れの女性シンガー、ジューン・カーターと出会ってからの10数年にスポットを当てたもので、ジューンの物語でもある。
ホアキンもリーザもすべての歌を自分で歌って演じている。その熱演はたいしたものだけど、ジョニーの親子関係や薬物中毒によるトラブルなどのエピソードは、あーまたか…と思ってしまって、なんだか素直に見られない。そして、いくらラブストーリー仕立てとはいえ、主演の2人以外の人物描写や世相描写がおざなりで、内容に深みがない。成功していく過程の描き方も盛り上がりに欠ける。

ただし、囚人からの手紙によってジョニーが再生する下りは面白かった。女性にも人気があったらしいが、いつでも彼の歌を支持したのは、人生の敗者と呼ばれる人々であった。その囚人たちの要望に応えて刑務所で行った復活ライブが、アルバムとして大ヒットなんて、ロックミュージシャンとしては最高のエピソードだろう。こういう夢のあるシーンをもっと見たかったかな。

5日発表のアカデミー賞では主演男優、主演女優ともノミネートされてるけど、受賞の可能性があるのはリーズのほうだろう。なんとなく。


2006年2月22日 (水)

張り込み中にウイッシュボーン・アッシュを聴く男。

『蹲る骨』イアン・ランキン著
(ハヤカワ・ミステリ 2001年刊)

Fi2334304_0e 約300年ぶりに再開されることになったスコットランド議会。それに合わせて再開発が進む地区の歴史的建造物の地下室から、人骨が発見される。また、その数日後には議会の有力立候補者が他殺死体となって同建物の敷地内で見つかる。さらに、多額の預金を残して投身自殺した謎のホームレス。リーバス警部はこれら3つの死がどこかで関係していると感じ、若い刑事らを巻き込んで独自に捜査を始める…。


エジンバラはセント・レナーズ署に勤務する異端警部リーバスの日常を綴ったシリーズ第11作。
スコットランドの自治に関する歴史を知らないと、ちょっと分かりにくい部分もあり、面白さはいまいちだった。リーバスの愛弟子ともいえる女性刑事シボーンをフィーチャーするためか、いろんなエピソードを盛り込みすぎの感あり。シボーン刑事は、前から好きなキャラではあるけど…。
警察本部からやってきた若いエリート警部が案の定、出世欲の塊の困ったやつで、リバースらと対立。それによってリーバスは停職の危機に陥るのだが、その顛末、および出所してきたリーバスの天敵であるギャングの大物との対決は次回に持ち越しなのか? 中途半端な終わり方。

訳者のあとがきに「イアン・ランキンはあいかわらず、リーバス警部の顔かたち、髪のぐあい、目の色、体つきなどの外見については、あえて描写を避けるという手法を取っている…」とあるんだけど、おや、そうだっけ? てことは、いつも読みながら想像している姿は「リーバスはこうあってほしい」という私の願望が創り上げたものだったのか。
体つきは中背で痩せ形、大きな手、髪は黒、顔はやや細面で眉間にシワ、きつく結んだ薄い唇、瞳の色は光の反射によってブルーや灰色に変わる…。こんな感じのイメージがすっかり定着してしまっているので、今さら頭頂だけ禿げているとか、実は体重100キロ超と言われても困る。よって、ずっと謎のままでいてほしい。


荒川さんと村主さんを見るために徹夜してしまった。

2006年2月18日 (土)

決めました。

昨日銀行に寄ってお金を下ろそうとしたら、残額がマイナス表示に! ひぇーーー、うかうかしてられない!と思いながら家に帰ってきたら、内定のお知らせが来ていました。

しかしな、仕事が決まってもっと嬉しいものだと思っていたのに、気持ちがモヤモヤしているのは、なぜだろう…。

職種は前職とほぼ同じ。年収もほぼ変わらず。勤務地は申し分ない。でも1年間は契約社員で、その後に正社員になれる保証がないのがネックだ。あと、扱う業種が違うので、プライベートな時間を割いて勉強する必要がありそう。Windowsパソコン、ワード、エクセル、パワーポイントも覚えるように言われた。事務系の仕事なら、本来は使えて当たり前なんでしょうが、これまでは職場も自宅もパソはMacのみ。文書系ソフトは、大概シンプルテキストで済ませてきてしまったのだ。で、先日の面接の後に、生まれて初めてパソコンの本などを買ってきたわけですが、焦る気持ちとは裏腹に、今のところほったらかし…。
服装も問題だ。これまではジーパンでもなんでも特定の日以外は自由だったのに、社内の雰囲気からすると、わりとカッチリした服装が求められそう。とりあえずボトムや靴などは、いくつか買い揃えておかなきゃ。金がないよ…。出社時間もいままでの職場はルーズだったが、その癖が治るかどうか…。

と、まあ考えれば考えるほど、不安なことばかり。まだ面接の結果が出ていないところが2社あって、来週も1社面接の予定が入っていて、その結果を待たずに決めなきゃならないのも心残りではあります。

でも本当は、今の、いろいろに縛られない無職の立場がとても心地よくて未練たらたらなのだ…。きっと。そう思うことにして気分を切り替えよう。

2006年2月16日 (木)

寒さが緩むと財布も緩む。

昨日は失業認定日だったので職安に行って、その後に映画を見て、デパートに行くと洋服を衝動買いしそうなので、タワレコに行って、いろいろとCDを試聴だけして帰るつもりでいたけど、結局2枚購入…。

Fi2316788_2e 1枚はインテラクティボの『Goza Pepillo』。キューバのミクスチャー・ファンク・バンドのデビュー作とのこと。思ってたより古くさめのクロスオーバー・ジャズのテイスト。哀愁っぽいメロディーの曲や、ラップ入りの曲は好き。スペイン語やポルトガル語の響きは、はまるとクセになる。英語よりも絶対的に響きが美しいと思うのだけど。
♪アリアリオ ロス レボルシオナリオス〜一緒に口ずさんでいると、口の周りの筋肉がつりそうになる…。


Fi2316788_1e もう1枚はシヴァ・サウンドの『MEENA SUPREME』。気だるさと透明感のある女性ボーカルを中心としたスペインのユニット。1曲目のギターとパーカッションが奏でる曲調に引かれて購入したけど、これもラテンを基調とするミクスチャーものだった。インドだったり、ハワイアンだったり、ボサノバだったり、ダブだったり。すごくリラックスする感じなのだが、1曲1曲が飽きなくて楽しい。うん、このサウンドはかなり好きだ。

最近はもっぱら試聴だけを頼りにCDを買う。購入枚数は月に平均してせいぜい2、3枚程度だが、店でかかっているのを店員さんに尋ねて即購入もけっこうある。気になってしまうと、尋ねずにはいられない。試聴コーナーでは、棚の枚数が減っているのをとりあえず聴いてみる。あくまでも目安だけど、話題のCDの確率が高そう。昨日買った2枚もそれ。・・・1勝1分け(保留)ってとこかな。


2006年2月15日 (水)

妖精がくれたマント

ひさびさに映画館。

「クラッシュ」(2004年 米)
★★★★

Fi2315486_0e ロサンゼルスの街を舞台に、さまざまな人種・階層の人たちのぶつかり合いを描いた群像劇。そのテーマを象徴するように、映画は車の衝突シーンで幕を開ける。次々起こる不愉快な出来事に、差別・被差別意識や偏見をむき出しにする登場人物たち。あまりにあけすけだったり、無神経だったり、単細胞的な行動に、前半はなんとも嫌な気分に陥るのだけど、途中から見方が変わってくる。人の考えや行動は断片を見れば単純だけど、本当はもっと複雑だからね。

それぞれが辿った結末を考えるとハッピーエンドな映画とは言い難い。救われた人はせいぜい不幸中の幸い程度のもの。新たな不幸を背負ってしまった人物もいる。でも、見終わった後に、いずれの人物も同じ人間であることに共感を覚え、ホッとするとともに、なぜか温かな気持ちになる。そんな映画。まあ群像劇というと、だいたいそういうのが多いけど…。

まるで、世界のあちこちで起きている国家間や宗教の違いによる衝突の縮図のような内容だなと、私には一種の寓話的作品に見えたけれど、実際にロスのような街に住んでいたら、リアルな感覚なのかも。
監督・脚本は「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本を手掛けたポール・ハギス。キャストは、ドン・チードル、マット・ディロン、ブレンダン・フレイザー、サンドラ・ブロック、ライアン・フィリップ、テレンス・ハワード、サンディ・ニュートン、ウィリアム・フィクトナー、ノーナ・ゲイなど豪華。

役どころが印象的だったのは警官役のM・ディロンと、女性ではアラブ人と間違えられ嫌がらせに合うペルシャ系雑貨店主の娘。反して、地方検事役のB・フレイザーやその妻役のS・ブロックは、描き足りないのか、白人で金持ちという立場に自分自身共感できるものが少ないせいか(笑)、どうでもいい印象だった。あくまでも脇で終わったかな。


2006年2月10日 (金)

今日は俺の死ぬ日じゃない。

『俺たちの日』ジョージ・P・ペレケーノス著
(ハヤカワ文庫 1998年邦訳)

Fi2300535_0e ピート・カラスはワシントンDCで生まれ育ったギリシャ系移民二世。第二次世界大戦ではレイテ島から奇跡的に生還するが、定職には就かず、幼なじみであるイタリア系のジョー・レセボとともに、地元ギャングの手下となり、借金の取り立て屋として生活している。しかし、非情にはなりきれないピートは、ボスの怒りを買い、見せしめとして身体に一生治らない傷を負わされてしまう…。


読んだ後にしばらく浸っていたい余韻が残る本はいいものだ! 子供の頃は一緒に遊び、やがて大人となってそれぞれ違う道を歩み、ときに敵対もせざるを得ない関係に立たされる移民系の男たちの話。原題は「The Big Blowdown」なのだが、それを「俺たちの日」と邦訳したセンスはなかなかと思う。

前に抒情的ミステリーは苦手だと書いたけど撤回。考えてみればハードボイルド小説もその部類に入るわけで、要は自分にしっくりくるものは大好きで、しっくりこないものは好きじゃない。その両極端に分かれるというだけ。単純に生理的な理由なのかも。初めて読んだペレケーノスは、さっそく好きな作家リスト入り。

主人公のピート・カラスがえらくかっこいいじゃん。ハンサムというだけじゃダメで、身体にハンディキャップを背負って生きているからゆえのセクシーさというやつ。ピートが働く食堂の店主や従業員、幼なじみたち、そして妻や愛人といった周りの人々も皆それぞれ深い印象となって残る。設定が1940年代というのもあって、最初はエルロイ風かと思ったけど、はるかに救いのある、人情味のある内容でほっとした。

あと、ジャズや映画などの時代ネタの使い方が憎らしいほど巧い。ピートが子供のときに一度だけ喧嘩をした黒人少年ジュニアとの再会シーンに流れるチャーリー・パーカーなんて、もうゾクゾクするほどかっこいいす。ぜひ他の作品も読まなくちゃだわ。


2006年2月 7日 (火)

私家版・魅惑のエロヴォイス その19

Fi2291124_0e 前項のアンソニー・ハミルトンの「チェンジ・ユア・ワールド」のような曲を聴くと、無性にまたテディ・ペンダーグラスが聴きたくなる。歌うテディは最強に「男前」。もちろん歌そのものが。10代の終わりに恋に落ちてから、いまだに少しも醒めない。むしろここ数年は前よりちょくちょく聴く。不動の第1位。人気の若手黒人ボーカリストが10人束になっても、全盛期のテディペンのセクシーさには勝てないと過信している。だから、私家版シリーズその1以来、再びテディペン。今後もまた登場する可能性は大いにありです(笑)。

Teddy Pendergrassの“Voodoo”

テディがヒットを飛ばしていた全盛期は80年前後まで。この曲は、82年の交通事故で半身不随となってから約10年後のアルバム『A Little More Magic』からのバラード。作詞作曲はこの頃のソウル/R&Bのたくさんのアルバムに参加しているジェラルド・リヴァートとエドウィン・ニコラスのコンビ。歌詞は「私があなたを愛し続けるのは、あなたが私にブードゥーの魔術をかけたせいに違いない」というような内容かな。

テディペンの場合は、特にバラードに顕著だけれど、まるで語りかけるようにメロディーに歌詞を乗せて歌いこなす。 恋する心境などを切々と打ち明けられているのは、まるでこの私自身に対してのような錯覚に陥るわけで、メロメロにならなければ嘘だ。声も曲もよければなおさら。というわけで、いつ聴いてもほだされてしまいます。たとえ英語の歌詞の意味などはほとんど解さなくても。ていうかストレートな歌詞すぎて、これが日本語だったら恥ずかしくて聴けないなというようなものも多いわけだけど。

まだ32歳にして体の自由がきかなくなってしまったテディが、歌手としてどんなハンディを背負ってしまったのかは、よく知らない。少なくとも座ったままでは、ブレスをコントロールするのも大変だろう。力強さだけでなく、しばらくは歌そのものも精彩を欠いていたのだけど、このアルバムでは少し若返ったかような安定した声が聴ける。バラードなどは懐の深さ、温かみを増し、全盛期にはないよさがあると思う。


2006年2月 6日 (月)

追われる夢。

他人が見た夢をだらだら聞かされることほど退屈なものはないと、どこかで読んだ。でも少しだったらいいかな。ひさびさにストーリーのある夢だった。

2匹に人喰い鬼に追われ、逃げまどう私とその他数名。子供も交じっている。人喰い鬼はウルトラマンのジャミラそっくりだ。体長は人間の1.5倍くらいで、体色は1匹は赤く、1匹は緑色。山中に別荘のような一軒家を見つけて、なんとか逃げ込む。ときどき奇声をあげて、外をうろつき回っているらしいジャミラたち。あせって家中の窓の鍵を閉めて回る私たち。そうこうしていると、ジャミラの背後に巨大な大仏の頭がごろごろと転がってきた。人を喰うのはこの大仏の頭の化け物で、ジャミラはその子分と気づく。

・・・鮮明な夢だったけど、こう書いてみるとやっぱり大して面白くないわね。昔から見る夢は何かに追われる夢が圧倒的に多いのだが、最近はたとえ夢の中でも、追われることに慣れたせいか、割と冷静でいられることが多いようだ。

今週は面接が2つも入りました。もしかして波が来てる?

2006年2月 5日 (日)

私家版・魅惑のエロヴォイス その18

Fi2284657_0e 節約のためにCDを買うことも控えているが、これだけは買った。アンソニー・ハミルトンの『Ain't Nobody Worryin'』。

2年ほど前のアルバムがとても良くて、話題にもなったんだけど、この人の場合は曲うんぬん以前に、とにかく声と歌い方がツボだ。まさに歌うために生まれてきたような声質ではありませんか! ビル・ウィザースあたりが近いかな。で、その声を巧みにコントロールする歌唱力も申し分ない。今どき珍しいくらいの後ノリの人なんだよね。
さらに、アルバム全編に漂うノスタルジー感…。曲はアンソニー本人が作っているようだが、それぞれの曲に合わせてプロデューサーも彼自身が選んでいるのか? まだ若そうなのに、アレンジもちょーシブのセンス。いかにも売れ筋のR&Bとは一線を画してる。

アルバムはどれも聴きごたえのある曲揃いなんだけど、10曲目のギャンブル&ハフ調バラードをエロい1曲として挙げます。本当に弱いみたいです、こういうアレンジのバラード。イントロが始まった途端にふにゃふにゃになりますから。

Anthony Hamiltonの“Change Your World”

ちなみに次の11曲目はアイズレー・ブラザーズ調のバラード。ハスキーなファルセットもなかなか魅力的ではないかと思います。うーむ、聴き直していると5曲目の“The Truth”もスルメの味わいだなあ。


2006年2月 4日 (土)

思い込みによる間違い。

昨年の秋頃だっけ、ラジオで、曲調から歌声まで昔のスティービー・ワンダーにそっくりの曲が流れてきて、「これほどのそっくりさんも珍しい」と感心していたら、本物のスティービーだった…。評判いいみたいですね、最新作。

で、ここ数日よく流れている曲が、てっきりスティービーの最新シングルと勘違いし、「やっぱりずいぶん若返ったよなあ」と感心していたら、ネイト・ジェームスという人の曲だった。区別つかない…。

ロミオの看板背負ってますから。

ようやく面白くなってきたドラマ「夜王」です。ポイントは、北村一輝演じるところの聖也の見せ場がどれだけあるかに尽きるんですが。

新宿歌舞伎町のホスト2000人のトップに立つ“四天王”役の人選が絶妙。北村一輝、保坂尚希、岡田浩暉、金子昇。うはっ、ホストドラマにふさわしいエグさをもった面々…。夜更けの歌舞伎町、それぞれに率いられたホスト軍団が十字路で鉢合わせ。こういうたいして意味ないようなシーンに手間をかけているところがいいよー、とってもいい。
聖也が白の車体に内装真っ赤なフェラーリに乗って高速を飛ばすシーンとか。そのまま車に翼が生えて、夜空に飛び出していくんじゃないかと思った。ときどき用いられるスローモーションも、やっぱりそれほど意味があるとも思えず、笑えます。これだけ男前(金四郎をも含め)ヨリドリミドリ取りそろえているんだもん。ストーリーより画面の面白さ(女子的に)で目を奪えばそれでいいのさ。このままの演出路線、主役と脇役の出番配分で行ってほしいものです。四天王も今回だけと言わず、これからも出てほしいものです。

で、毎回度肝を抜くのが聖也のハデハデ衣装、そしてメーク。これってドラマ制作スタッフのお仕着せじゃなくて、北村自身の意見がかなり取り入れられているんじゃなかろうか。役作りの姿勢は常にくそマジメと推測しているんだけど、成りきって演じようとするあまり、周りとはどこかピントがずれ、たまにキモかったり、大袈裟すぎて笑えたり…。しかし、それがまた、突き抜けていてカッコエエーと納得させてしまう。さすが!としか言い様がありません。

・・・現実のホストクラブには興味ゼロ。たとえお金があっても。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

インデックス

無料ブログはココログ