« 番外:チケットは残っていないけど… | トップページ | ロミオの看板背負ってますから。 »

2006年1月31日 (火)

過ぎたるは及ばざるがなんたら。

失業中で、昼間からテレビをつけっぱなしにしていることが多いのだけど、保険のCMが、とにかくやたらに多い。時間帯によっては2本に1本の割合。3本続けてってこともある。それも1本1本が長いの。くどいほど同じことを言われ続けると、だんだんムカついてきます。

これだけの大量のCMを毎日流せるってことは、保険会社の景気は相当にいいのでしょうか? 将来に不安を抱える人が増えるほど、保険会社は儲かる仕組み。保険を売るには、人々の不安を煽るのがいい。もしくは便乗する。当然の理屈だけれど、それで得られる「安心」は本当に必要なものなのか? どうもピンとこない。昔からこういうことには疎いもので。

そろそろ年齢相応に、老後の準備についてしっかり考えなければと思うけど、今日、職安に背中押されて、半ば無理やり行ってきた面接先ったら、賞与なしで給料の手取りが月々19万円、ですか…。はぁ・・・ため息しか出ない。貯金は無理だと思うんです。せめて22万は欲しい。

« 番外:チケットは残っていないけど… | トップページ | ロミオの看板背負ってますから。 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

日曜夜のワイドショー?みたいな番組で「下流くん」特集とやらやってた。なんと<年収=年齢×10万円以下>だと立派な下流くんだってさ!考えてみると私、働くようになってからほとんど下流くんです。夫婦2人働いてやっと中の下ってとこですかね。お見合い結婚した友達の旦那さん(大手建設会社サラリーマン)が30歳当時年収800万と聞いて目の玉飛び出たものだけど、自分含めて回りも下流くんだらけだと、中流がどんなのかさえ見えなくなる。下流でもなんでも生活できればいいんだけどさ。手取り19万…うん微妙。

>やまやましーさん「下流社会」とかいう本が去年からベストセラーみたいすね。読む気もないけど「中流というのは幻想だ」みたいなことがかいてあるのかな?私もずっと下流。バブル時代も何の恩恵もなしに過ぎたし。周りの知り合いもほとんど下流と思われる(笑)。現実社会では住む世界がはっきり分かれてるかも?そもそも東京なんかにいたら、昔から自宅通勤と一人暮らしとでは暮らし向きは全然違ってたからね。私らの時代、女子は一人暮らしでは大きな会社への就職も無理だったし。だから何を今さらという気もなくもないですよ。手取り19万は無理よね・・・。ほんの数万の違いは大きい。残業はないと言われたけど、2つ仕事をもつ体力気力はないし。

長い目で見れば、いくらお金もらっても、それだけ使ってたら下流だと思いますよ。下流/中流/上流の定義って、年間の貯蓄額のレベルなんじゃないかな?おそらく年間200万円を貯められれば中流なんだと思う。そのくらいのペースで貯めないと、老後は厳しいと思うから。ちなみに沖縄では、年齢×10万円以下でも豊かな生活を送っている人がいっぱいいるはずですよー。

>rikieさん家族構成にもよるけど、年間200万円も貯金できたら上流のうちでは?(笑)世間の水準がよく分からないんですけど10年で200万がいいところです(爆)。それも貯金しはじめたのは働きだしてかなりしてから。計画なしに使ってきたツケですね・・・。そのぶん、いままでお金がなくて苦労することは少なく、豊かに暮らしてきたと重います。確かにたくさんお給料をもらっている人は、それだけ止む終えない出費も多いようですね。お金があるなしと、幸福とは別ものですしね。

自分が上中下のどこに位置するか、どころか日本が格差社会てことさえ考えたこともない私のような人間が、ある日突然「下流宣告」されちゃそりゃショックだわ(笑)。奇しくも昨日小泉が「日本には悪平等が蔓延してる」みたいなこと言ってたけどさ。古き良き日本に戻すためには、鼻先にニンジンが必要ということなんでしょうかねえ…。19万でも、仕事内容が目指してたものに近ければ、即お断りするのは惜しいとも思う。昇級の可能性もないとこなの? ボーナスなしということは固定の年俸制なのかな?

>やまやましーさん負け組とか下流とかのレッテル貼りに惑わされたくない気持ちがある一方で、小泉の開き直り発言を聞くと、もっと怒らなくてはと思うね。何のための政府かわかりゃしない。経済が上向けば、国民も幸せになれるという神話はもう崩壊してると思うけど。仕事を無くしてみて、正社員の職を見つけることが今はいかに困難か実感しているところです。派遣やバイトの増加って若年層だけじゃないんだよね。明日はホームレスの身で生きている人がいかに多いか…。それを個人の努力の問題だけで片付けられてはたまらない。19万円のところは社員4、5名。会社の経営自体がギリギリな感じだった。どっちにしろ向こうから断ってくるのではないかしら。

正社員募集の需要と供給のバランスは大きく崩れてて、今後しばらく崩れっぱなしだろうね。うちの会社でもここ10年以上正社員募集はゼロ、人手不足をアルバイトで補おうとしょっちゅう募集かけてるけど応募はあまりないみたい。ヒメさんが求める職種の募集はアルバイトや契約社員の方に集中してるのかも…。

>やまやましーさんこんな話に付き合ってくれてありがと。そうね、この業種は今はどこも経営苦しいし、契約や外注でも事足りる。ともかく年齢がね・・・。今日はまったく異業種に面白そうなのを見つけて応募してみました。

人生はアップダウンのあるものです。楽しく暮らしましょうよ。でも、最近はチャールズ・チャップリンの有名な言葉が心にしみます。私もカラ元気の毎日です。

>キウイさんカラ元気・・・あははと笑いまで乾燥した笑いになってしまうのですが、ほんとにそう。でも、笑っているのが一番ですね。励まし、ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622465

この記事へのトラックバック一覧です: 過ぎたるは及ばざるがなんたら。:

« 番外:チケットは残っていないけど… | トップページ | ロミオの看板背負ってますから。 »

インデックス

無料ブログはココログ