« 12月のレンタル映画 | トップページ | 忘れかけてた夢。 »

2006年1月 3日 (火)

縁起でもない。

明けましておめでたくなくございます。
今年は1日からこれまでにないひどい頭痛に悩まされ、横になっていたら悪夢のような初夢を見ました。我慢できずに実家にあった「ケ○リン」を服用したら、胃炎が悪化し、いまだ吐き気の発作が収まりません。さんざんな年明け…。胃の弱い人、ケ○リンだけは飲んではいけない(と思う)。

明日4日は午前中から面接が1件あります。昨年暮れに続々と「お祈り」の通知が届いていたので、唯一の望みと、面接を受けると返事をしたのはいいが、業容を調べたら、関連会社が思いっきり胡散臭いではありませんか…。これまた冴えない。私の年齢での応募で、たまに手応えがあるとこんなところばかりなのかと情けなくなります。面接慣れのためと割り切って出掛けますが。

なぜほとんどの求人は「35歳まで」なのでしょうね。判で押したように、どの会社も35歳まで。何のコネもなく、大したキャリアもなく転職を考えるなら35歳までです。…気づくのが10年ばかり遅すぎました。

« 12月のレンタル映画 | トップページ | 忘れかけてた夢。 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

35+10=45歳、ということで、いいのでしょうか?

>hnyさんということですね。自覚年齢と実年齢も違うので困ったものです。

自分が前の会社に転職したとき、いくつかの会社の面接や試験を受けましたが、確かに押し並べて「35歳」でした。結果的に知り合いの会社に転がり込んでしまったのですが、自分はそのとき、ちょうど35歳だったし、独立しての出戻りだったから、受けた会社からごめんなさいメールが来るたびに焦りましたねぇ。贅沢はいえなくなる状況とは思いますが、業容の悪い会社だと、ココロがスサびますから、大いに気にしてください。

>rikieさん今日面接に行ってきましたが、やられましたー。案の定、親会社が自分が人道的に避けたいと思っていた業種の会社で、求人に出ていた子会社はダミーみたいなものでした。35歳までと書いてあっても、35歳で実はすでにアウトだったりするみたいですね。世界的に求人ってこんなもの? 日本は特に中高年の仕事選びの範囲が狭くはないのかなあ。そんなに贅沢を言っているつもりはないのだけど。

ケロリン?。。。それは洗面器か…ある離婚した友人はがんばりやさんですぐに結婚以来の就職をしましたが、半年かそこらでコスト削減で切られてしまい、また即座に弁護士事務所に再就職したものの、しばらくしてやくざ関係とわかって辞め、就職できてもずっといられるとは限らないと結局派遣になってしまいました。私が26,7歳で職探しをした時は、「25歳まで」でした。そして30での再就職希望の時は29歳まで…社会の進歩より常に1歳年くってるみたいなイタチごっこ!以来あっというまに10年ちかく(中パッパ)派遣の女やってます。最初に転職のお話を聞いた時は次が決まっていらっしゃるのものと思っておりました。どの職種でも10年前は35にもいってなかったかも…でも妥協しないでがんばって下され!明るいお話待ってま~す!「世界で一番」はおすすめするほどのしろもんじゃなかとでした。。。

>ぱぴよんさん銭湯の洗面器でお馴染みのケロリンです。もとは富山の置き薬ね。派遣の制度は企業にばかり都合がいいと思っていたけど、世の中、使い捨てで若い社員を雇う会社もいっぱいあるし、どっちがいいのか、今はもう判断つきませんね。…といっても、私の年ではその派遣ももう難しいみたい。そういえば終身雇用が崩壊して、昔よりは求人年齢が上がったかしら?みんなに再就職先も見つけないで会社を辞めたのかとあきれられています(笑)。でもがんばりますよ。ありがとう。

私は辞めないと探せないんです。風来坊なんです。って毎度言ってましたけど…ヒカさんが?って思うほど外見からしても沈着冷静なイメージだったから…でも最近…旅の目的らったサハラディーン陛下の墓参りを忘れたとか、アジアに行くのに正露丸も忘れたとか…ささやかなことでも、外見とのギャップが…当初のイメージが崩れつつ…でも派遣なんかにならないで下さいよ~(自分はしょーがなくても友人知人になられるのはいややねん)もちろん使い捨て以外の何者でもあらしまへんてば~といっても最近では男性の派遣も増えたみたいですね。SEとかが多いのかな?契約中だけど仕事あったら電話して!とリクルートに頼んだら、結構入ってくるようになりました。リクルートは人員確保に失敗したとか昔聞いた通りだからなのか…企業もアッパラパーな若い子より“おばはん”世代の方が仕事ができるということに気付いてくれたのか…

ケロリンてケロヨンじゃなくって富山の薬だったのか…何製薬?土方歳三は日野の薬売り?うちにも一時期、薬箱置いて下さいって行商人さんが来たことあって…ジョンソンのバンドエイドをきらしててそこのを開けたのですが、ジョンソンしか知らなかった自分にはショックというくらいひどい代物でした。でも遠くから来るのだから何か使ってあげたいなと思っても…箱の絵とかが、エホバのチラシレベルで、そのてのものには危険を感じてひ~ちゃうもんだから、結局何も服用しませんでした。こんなんで商売成り立つのだろうかと心配していたら案の定来なくなって…最後に箱ごとひきとってって、商売たたんだみたいだす。ご実家の薬箱は現役なのですか?

>ぱぴよんさん沈着冷静・・・違う違う(笑)。だったらもっとぜんぜん別の人生を歩んでる。派遣はイヤだって贅沢は言ってられないよね。それに以前より福利厚生はしっかりしてきているみたいだしさ。何を大事と考えるかで、派遣も悪いことばかりではないと思います。私も2年ほど派遣やってたよ。妊娠した同僚の突然の契約切れに抗議するために数人で派遣会社に抗議に出掛けて、それが原因で嫌がらせを受け実質、辞めさせられたけど。知り合いの女性はやっぱり多いです、派遣。

>ぱぴよんさん都会の人は、特に若い人は知らないのかもね、置き薬。田舎だと昔は近所に薬局がなくて、大抵どの家にも置き薬があったよ。実家には今、富山と農協と中京薬局(だっけな?)の3箱の置き薬があります。ほとんど使わないのに、無理やり置いていくみたいで。市販の薬より、少し使うぶんには安上がりだよ。ケロリンは鎮静薬です。ほかの服用薬は知らないけど、確かにバンドエイドなどはメジャーなメーカーのものには機能でかなわないかもしれないですね。

とりあえず明けましておめでとうございます。昨年はヒメヒカゲさんにとって「変化の年」でしたね。早く受難の日が明けますように、同じオールドスクーラーとして陰ながら応援しております。

>k.m.joeさん今年もよろしく!今はお先真っ暗なんですけど、いろいろ考えてみる時期としてムダにせずに過ごしたいと思います。ありがとー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622444

この記事へのトラックバック一覧です: 縁起でもない。:

« 12月のレンタル映画 | トップページ | 忘れかけてた夢。 »

インデックス

無料ブログはココログ