« 懐かしのコンサートチケット その3 | トップページ | 懐かしのコンサートチケット その5 »

2006年1月28日 (土)

懐かしのコンサートチケット その4

ステップス with 渡辺香津美(1980-81年頃) A席3800円
日本で企画された夢のグループ、ステップス(のちにステップス・アヘッドと改名)。メンバーはマイク・マイニエリ、マイケル・ブレッカー、ドン・グロニック、エディ・ゴメス、そしてスティーヴ・ガッド!
当時はジャズフュージョンのライブばかりに行ってるわけだが、それだけ活きが良かった。時代が経つとジャンル自体に新鮮さがなくなってしまう。メンバーがメンバーだけに、期待に違わぬため息ものライブ。アルバム『スモーキン・イン・ザ・ピット』はさんざん聴いた。あと、この頃の渡辺香津美といえば『キリン・ライブ』もセンセーショナルだった。

Fi2262769_0e



ブレッカー・ブラザーズ・バンド(1981年) 3000円ドリンク別
この人たちの人気もすごかった! 特にマイケル・ブレッカー。当初は古くからのジャズファンに叩かれたりしていたけど、若いテナーサックス吹きの多くは、なんとか彼のフレージングをコピーして奏法をマスターしようと必死だったのだ。この六本木ピットインのライブには途中で清水靖晃がゲスト参加していたと思う。ブレッカー・ブラザーズはこの直後から休止期間に入る。

Fi2262769_1e



82年から84年のコンサートチケットはなぜか見当たらない。捨てちゃったのか、どこかに紛れてるのか…。で、いきなり85年に飛びます。

ジョン・ヒックス・トリオ&デヴィッド・マレイ(1985年) 全席3000円
当時のデヴィッド・マレイは、メインストリームジャズの期待の星だった。久々に表れたテナーサックスの個性派。ジョン・ヒックスのピアノトリオ演奏が中心で、そっちは期待ほどではなかったが、マレイの演奏はとても熱くて素晴らしかった。フリージャズ系の人は黒人霊歌のようなバラードを演奏すると、実によく楽器が歌う。

Fi2262769_3e



ブルース・スプリングスティーン&ジ・Eストリート・バンド(1985年) S席5000円
このチケット価格はこの時代の最高価格ではなかろうか…。特にファンでもなかったので友人に誘われて行ったと思う。だからか記憶にも薄い。国立代々木競技場で、音が悪く、ステージ上も小さくしか見えなかったとしたらそれも仕方ない。動くと床がベコベコ凹んで、そっちが気になってたかな。

Fi2262769_4e

« 懐かしのコンサートチケット その3 | トップページ | 懐かしのコンサートチケット その5 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

チケットわたしも取っておく派です

>may0505さんね。簡単に捨てたりしないつもりなんだけど…、どこへ行ったのか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622462

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしのコンサートチケット その4:

« 懐かしのコンサートチケット その3 | トップページ | 懐かしのコンサートチケット その5 »

インデックス

無料ブログはココログ