« 太陽にまた昇るだけの力はあるだろうか。 | トップページ | 縁起でもない。 »

2005年12月28日 (水)

12月のレンタル映画

帰省の高速バスが朝早いので、眠らずに出掛けることに。年を越さないうちに最近レンタルで見た映画をメモしておこう。

「顔」(2000年 日本)
★★★★★
お薦めされていた映画、ようやく見た! 藤山直美主演作。
逃げる過程でどんどん生命力をつけていくところがいい。ラストも秀逸でこっちまで元気になった。細身の豊川悦司がかっこよし。さらに佐藤浩市まで出ていて、冴えない中年女に釣り合わず、周りの男が贅沢すぎる! でもそこがいい。あと、最初は誰だか分からなかった大楠道代。中高生のときは、ずいぶん年上だけど憧れの女優さんだった。今もその頃と遜色ない美しさと色気。化け物?

「アメリ」(2001年 仏)
★★★★
これもようやく見た! 5年前に渋谷系?と呼ばれ話題をさらった映画。いろいろと騒がれていた時期を過ぎて、余計な先入観なしで見られたのがかえって良かったかもしれない。可愛らしい恋愛ものだけど、私の年でもかなり楽しめた。アメリが子供の頃の一人遊びや、お父さんがそわそわと旅に出掛けるところが好き。

「ロング・エンゲージメント」(2004年 仏)
★★★★
アメリと同じ監督・脚本、主演女優による、第一次世界大戦を背景とした恋愛映画。ベストセラー小説の映画化らしく、期待と落胆の繰り返しも飽きずに見られた。ところどころにファンタジーとユーモアを交えているのがいい。

「ボーン・アイデンティティー」(2002年 米)
★★★★
マット・デイモン、苦手だなーと思いながら借りたが、想像していたより楽しめた。なんといっても好きなクリス・クーパーが出ていたし! DVD特典にあるラストシーンの別バージョンに呆気にとられる。あのラストだったら、思いっきり減点してたかも。

「ボーン・スプレマシー」(2004年 米)
★★★☆
上の続編。最後のセリフは、さすがにジミーちゃんには似合わなすぎと思う。

「座頭市」(1989年 日本)
★★★
借りた後に思い出したけど、撮影中に真剣使用による死者が出たことでも話題になった勝新自身の監督作。シリーズ26作目。1作目と間違えた…。勝新の映画にかける情熱が半端じゃない!ということだけは画面からも伝わってきた。

「コラテラル」(2004年 米)
★★★
トム・クルーズはお人形さんのようで、昔から一度もいいと思ったことがなくて、この一匹狼の暗殺者の役に、共鳴しようとしたら全く適していないような…。違う人が演じていたらどうだったかな。

「アイデンティティー」(2003年 米)
★★★
ジョン・キューザック、レイ・リオッタなど豪華な出演者たちによるB級ホラー。途中一人ずつ死んでいくところはそれなりに楽しい。

「夢見る頃を過ぎても」(2002年 米)
★★★
韓国俳優におぼれる既婚の中高年女性には、共感を呼ぶ映画ではないでしょうか。主人公(キャシー・ベイツ)の孫の赤ちゃんが異常に可愛くて可愛くて、そこだけリピートして見た。

「ビッグ・バウンス」(2004年 米)
★★☆
ハワイを舞台にしたエルモア・レナード原作のクライム映画。いつもながら出演者が豪華だなー。もっとコメディ色を強くしたほうが好み。

「CODE46」(2003年 英)
★★☆
記憶喪失の恋愛ものSF。SFとしては矛盾点が多すぎるように思える。お金をかけていないようなので、そこにこだわる映画ではないのだろうけど、ブレードランナーのほうが圧倒的に切ない。

「焼け石に水」(2000年 仏)
★★
内容をすでに忘れてしまった。途中までは面白く見ていたけれど、次第にイライラが募っていった私は、真性のMではないのだろう。M気質だけど。

「俺は飛ばし屋 プロゴルファー・ギル」(1996年 米)
★★
コメディといえども、もう少しゴルフというスポーツに対する理解はあってよいと思うのだけど…。はちゃめちゃすぎた。コーチを途中で死なせてしまったのが残念。

「HAKUGEKI 迫撃」(2004年 仏・伊・英)
★☆
Fi2173040_0eジェラール・ランヴァン主演の新作DVDが知らない間に出ていた。待っていました! 深いシワが刻まれた顔がやっぱセクシー。でも年を取るごとに鼻が目立ってきた。共演のドパルデューと顔のパーツの大きさではいい勝負ではないか! フランスの古い刑事ドラマ「サン・アントニオ」の映画化。ドラマを見ていないとキャラの背景も分からず、全く面白くない。

「ル・ディヴォース パリに恋して」(2003年 米・仏)

ナオミ・ワッツはわりと好きだが、もう一人のほうは笑顔が苦手。アメリカとフランスのカルチャーギャップが大して面白くもなく、 焦点の掴めない内容で、さっぱり共感できなかった。

今月は全体的に採点が辛め。仕事をしてないと、身体だけでなくいろんなものが鈍ってくるのかもしれない。

« 太陽にまた昇るだけの力はあるだろうか。 | トップページ | 縁起でもない。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

すごーい1日1本てかんじ?わりと「恋愛もの」なくくり方で見られるのですか?私は「アメリ」も「エンゲージ」も「CODE46」も恋愛ものとまで思わなかった。5,60年代の美男美女優作品か韓ドラしかメロドラマと思わんせ~かな(笑)アメリ!私も劇場行ってなくて…私は後悔しました(笑)。エイリアンまで撮った監督があれほどの女性的感性を持っているのにはほんと驚き。(「4」は、シガニーとウィノナのレズっぽいとこがとってもうらやまし~かったんだけどね!笑)

ところで、アメリのアパート1Fの寂しき住人。ヨルランド・モローが自作自演作をひっさげて仏映画祭に来ヨコしたので、前にすわって質問までしました!映画は女性の感情が赤裸々ではなくほんのりリアルなとこがいい感じ。あのまんまなゆったりマイペースな人で、お衣装は自前ということと、字幕のつかなかった即興の歌の内容を聞いたらその場で歌ってくれました!次の上映作品も見たからサインがもらえなかったのが心残りです。

「ロング・エンゲージメント」私はちょっと間延びな感覚を覚えました。リアルな戦場のデジタル処理な戦闘シーンは、ここんとこ今昔ものを問わず同様の様式化に思え、どれもいっしょな感じに辟易しています。全体としては戦争の話にアメリの感覚を持ち込んだことに違和感が拭えないのは、作品としてどっしりと落ち着いたものが感じられないからかな…よかったのはジョディーを久しぶりに見れたのと彼女らしいフランス語が聞けたこと!(桃井かおりの英語もそーだと言われていますね…笑)とってもいい役だった。オドレイはやっぱうまい子だと思うわ。アメリが英人だったのにはちょっちびっくりだったけどね。。。

記憶違いやった。WOWOWで録ってても何が何でもと思い直して早稲田松竹行ったんだった。それでも尚更封切りに見とかなかったのを後悔しやした。「世界で一番不運で幸せな私」(題忘れた)と2本立。その主人公は単独暗殺犯死刑囚のコルシカの娼婦を演じた子。(コルシカってやっぱ仏でも伊でもないのかなぁ)ふらんす女優の系譜からは大きくそれたあの今顔だけど、両キャラのきっぷのよさに感心して認めちゃったよアタシ!それにしてもギロチンが20世紀まであったとは知らなくってショックだったわ…

明けましておめでとう。12月トップ、「顔」なんだ。お勧めした身としては嬉しいっす。カメオっぽかったけど勘三郎(当時は勘九郎)が強烈だった。大楠道代といえば、安田道代と名乗ってたころのTVドラマで脱ぐという暴挙(快挙?)が印象深いっす。ショーケン主演の「風の中のあいつ」ね。アメリを今頃とはびくりです。

>ぱぴよんさん明けましておめでとうございます。今年もよろしく。>「恋愛もの」なくくり方言われて気づいた(笑)。大抵の映画を「恋愛もの」「それ以外」で見てるのか、私は…。ヨランド・モローさんは監督もする才女さんだったんですね、知らなかった。ロング・エンゲージメントは確かに間延びしてるよね。長いと思って見てた。アメリ的なファンタジー要素は、あの映画の個性であると同時に、戦争の生々しさとは相容れないものでもあり、諸刃の剣かもしれない。ジュディ…、本人だったのか。そっくりの仏女優さんかと思ってた(笑)。世界で一番不幸な・・・今度借りてきてみるよー。いつもいっぱいコメント、ありがとう。

>やまやましーさんおめでとうございます。今年もよろしくお願いします。顔は、レンタル店で前に探したときにはなかったのに、今回はありました。たまに作品を入れ替えてるのかな?文字通りブス顔がテーマだと思ってたら、違ってました。勘九郎は意外な役どころで、確かにいちばんインパクトありましたね。安田道代・・・そういえば脱いでた気がする(番組名は記憶にないけど)。女優らしい女優さんだ。アメリ今頃。ほんとにね・・・今度はタイタニックでも借りようかな(うそうそ)

僕は、フランス語アレルギーで、フランス語を聞いていると蕁麻疹が出てくるのですが、アメリは、楽しく観られました。CODE46は、頭にきたなあ。(笑)

>栗坊さんおや、そんなアレルギーもあるんですね。確かに言語の響きは一度ダメと思ったらダメなのかも。CODE46はどこかで良い批評を目にした記憶があったもので、かなり期待外れでしたよ。

「ジュ~リ~!」ってやってたのはきききりんだっけ?私はジョ~リ~ってやるほど彼女が好き!百歩譲って同じ顔の仏女優がいたとしても、あの声、しゃべり方はまねできないと思うわ!あの低めの声で発せられる意志の強い口調がたまらんのよ。それは仏語でも同じだった。でも彼女って美少女女優時代は「タクシードライバー」を始め、これも危うげな若者ばっか演じてたマーティーン・シーンをたらして殺害しようとする少女とか、わりと妖艶系だったのに、オスカー2本取りで「知性派」の代名詞…なのはよいけれど、恋愛物の脚本が1本も来ない女優になってしまっていますよね。実際「アンナと王様」なんてとてもよい作品だったけど恋愛感情表現はダメだった…やっぱ英国で舞台監督とかやって人気者になってるらしいあの人と同じ穴の貉?

あけまして…ってもう遅いかっ!今年もよろしくお願い申し上げまする。私にはめずらしく今年の目標があります!それは…「バカえーがを見ない!」暮れからスミス夫妻とさゆりどんを我慢してきたけど今日はアンジー暴力映画に行ってしまお!本年度公開作品からってことにして…妹に「あのコワイ飛行機設計士の暴動映画はどーすんの?」とつっこまれましたが、我じょでぃ作品は含まれません。「超人」はもちろん含まれます。

>ぱぴよん上さん頭の良すぎる人は俳優には向かないと、よく言われますよね。舞台出身の人、特に英国の俳優・女優などは知的な雰囲気の人が多いけど、だいたいはやっぱり頭良さそうな顔つきの人は、恋愛ものに合わなくないですか?論理派より感性で動いちゃう人が似合ってるのかもしれない。

>ぱぴよん下さん私もスミス夫妻とSAYURIにはちっとも食指を動かされないのだけど。ほかの映画は、何のことだか分からないよー(笑)情報仕入れ不足でごめんなさい。今から勉強してくる。超人だけは分かった。んんん、これは見に行ってしまうかもだ。

そうでんな。頭のよい子役スターは将来恋愛ものやれないだろな。ハーレイ君にタゴタちゃん。。。でも良すぎる人が俳優向かんていうのはあんまり聞いたことなかったな。脚本の読み込みは頭よくないとできないと思うし…レイフ兄者なんかはメロメロバッチグー(死語)よ!外見と感性の問題?ところでアンソニー・ホプキンスはレインマン?ってニュース見た?何年前の何月何日は何曜日だとかお天気だとかがわかっちゃうんだって!それってサバン症候群てこと?やっぱDr.レクターに近い人だったというか、普通の人じゃなかったんだ~って納得。私はよくマリア・カラスの脳はど~なってんだ?!って考えるんですけどね…

まじで1ネタだけで人をバカにした最低映画スミス夫妻は見なくていいです。さゆりはんは明日行きますが昨日はスゥェーデン映画「歓びを歌にのせて」(邦題は最低だけどね!苦笑)を見ました。世界的指揮者が病気療養で田舎の聖歌隊とともに自分を取り戻すヒューマン系と思いきや…やられました!何も言いません!渋谷の隣りに住んでるような人達の渋谷行きずらい話は戯言として聞き流します。二番館でもいいから、小さいテレビで見ないで見に「行って」ね!

明後日から文芸目白押し!グゥィネスGG候補、ギレンホール弟&アンソニー・ホプキンスの「プルーフ・オブ・マイライフ」キーラと新人(?)の「プライドと偏見」(私は彼女には時代劇は合わないと偏見を持っています。知性的でなくとんがってるだけの口調なんだもん。衣装の着こなしもイマイチ…)そしてサーバーが重すぎなのか開かなくて私は署名運動に参加できなかった「ホテル・ルワンダ」なんだ結局ユーロスペースじゃんと思ったら、その名は文化村方面の新劇場に引っ越して、元のとこは名前が変ったのね…渋谷事情はご興味ない?失礼しやした(苦笑)

月末からは私が一番待ってた作品「白バラの祈り~ゾフィー・ショル、最期の日々」反ナチの学生運動のお話ですが、逮捕後から殺されるまでの様子のようなのでかなりハードなのは覚悟してます。でも日比谷シャンテだったらブレンダンファンの皆様はクライムサスペンスの「クラッシュ」の方でしょか?よくあるタイトルなんで見落としそうになりましたが、ドン・チードルも出てますね!来月からの「ミュンヘン」は、エリック・バナにダニエル・クレイグ、アメリで御馴染みカソーヴィッツ息子にシャルロット・ゲンズブールのパートナーでモサド役は経験済みのイヴァン・アタルとユダヤ人中堅男優も勢揃いな感じなのでとっても楽しみです!

>ぱぴよんさん名子役にラブストーリーは難しいわ、確かに。誰も期待していないだろうし…。アンソニー・ホプキンスはニュースステーションでの久米のインタビューが忘れられない! 英国人の性格の悪さがもろ出だったわよね。相当変わってる人であるのでしょう。

>ぱぴよんさん映画新作情報、ありがとうです。さすがよくチェックしてるなあ。そのスウエーデン映画は気になっていたんだ。たまには出掛けるかな、渋谷。「ホテル・ルワンダ」はぜひ見たいし。「プルーフ・オブ・マイライフ」も気になります。「高慢と偏見」は別のドラマバージョンでお腹いっぱい。「クラッシュ」はもちろん見ますわよ。出演者が豪華だよね。「白バラ」「ミュンヘン」はどうしようか・・・。もう少し情報集めてから行くかな。正月公開の映画は、どれもどうでもよく、ようやく面白そうな映画が増えてきた感じ?時間はたくさんあっても、お金を節約しなければならないのが辛いところです。

ニュースステーション見てなかったので、だいたい後聞きなんですが、久米の悪評しか聞いたことありませんでした。大スター相手にぶしつけにギャラの話とかくだらないことを聞くから相手を怒らせがちって…私もクラシック・アーティストのインタビュー見てていつも不快で腹立たしくなりましたよ。芸能関係に限らず久米ってラムタラ(馬)のことさえ知らなかったし、徹子の部屋でニュースやってて視野が狭くなったって自分で言ってた。でもニュースで忙しいだけじゃ言い訳にならない。何が一番失礼って、久米に限らず日本のマスコミ、芸術に対して知識がないどころか興味すらないということ。だから敬意がうわべだけで見透かされてしまう…より有名な人にへつらうだけでね。最期に必ず日本の女性(男性)をどう思いますか?だよ。デイブ・スペクターは日本人は必ず“セックス”のこと聞くだってさ!マスコミは国民の鏡。。。

で、その時のアンソニー・ホプキンスとのやりとりはどんな感じだったの?私が彼に関しても一つ驚いたのは、実在の人物を演じる時でも、全く伝記を読んだりというリサーチを一切せず、ただひたすら脚本を読み込むだけということ。デボラ・ウィンガーと共演した永遠の愛なんちゃらという邦題の作家夫婦の物語。未見だけどCBSドキュメントだったかな。デボラにこれ読んだ?あれ読んだ?と1冊1冊聞かれて何も読んでなかったのであきれられたって笑って言ってたよ。すごい自信…あとはシェークスピアよりチェーホフが好きだとも…イギリス人て性格悪い?私はあのアイロニカルな言い回しが大好きだよ。国会の罵り合いの形容も素晴らしい!「オマエは鶏のトサカのような奴だ!」とかわけのわからん表現なんか、牛歩ニッポンも見習ってほすぃ~です。

>ぱぴよんさん久米さんはインタビュー下手だよね。NSではわざと喧嘩売っているとしか思えないことがしょっちゅうでした。でも、ホプキンスも映画の宣伝でインタビューを引き受けたんだから、ちょっとはユーモアでもってやり返してもいいのではないかと、私なんかは思ったわけです。見ていて本当に怖かった。にらみつけたまま一言も発せず、去っていった。英国人のアイロニーが嫌いだったら、ふだん英国ミステリーばかり好きで読んではいないわけで、英国人の性格の悪さというか、ホプキンスの場合はサーと呼ばれることもあって、その驕りが感じられると言われても仕方ない態度だったと思うのですけど、これはあくまで私の印象です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622305

この記事へのトラックバック一覧です: 12月のレンタル映画:

« 太陽にまた昇るだけの力はあるだろうか。 | トップページ | 縁起でもない。 »

インデックス

無料ブログはココログ