« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月27日 (日)

イスラムづいちゃってるもので。

イラン映画2本。

「桜桃の味」(1997年 イラン)
★★★★★
自殺を決意した中年男が、車を運転して道すがら手助けしてくれそうな人を探す。彼が声をかけるのはクルド人の若い兵士、アフガニスタン人の神学生、トルコ人の老人…。砂ぼこりだらけの不毛の山道を走る車と、その車を運転する男の横顔をとらえた無言のシーンがやたら長く、最初は退屈な映画かと思った。男が自殺したがる理由は明かされないし、自分自身は自殺など考えたこともないから、男に共鳴のしようもない。しかし次第に、男がどこで自殺を思いとどまるか気になって、その心境の変化を見逃すまいと見入ってしまった。
ところどころに散りばめられたエピソードがとてもいい。そして、トルコ人老人のあの言葉! ものすごく心揺さぶられてしまったよ。なんて素晴らしい言葉を繰り出すのだろう。ラストシーンも衝撃的だった。少し古いヨーロッパ映画によくあるシュールな映像。一瞬キツネにつままれた気分。でも、あのラスト以外の思いつく範囲の結末だったら、逆に受け入れがたかったかも。老人の言葉が最後に再び脳裏によみがえる。
アッバス・キアロスタミ監督作品、他のも見てみたいけど近所のレンタル店にはなさそうだ・・・。

「太陽は、ぼくの瞳」(1999年 イラン)
★★★★
「運動靴と赤い金魚」のマジッド・マジディ監督作品。盲目のために家族から離れて特殊学級に通わされてる男の子が、学校が長期休みになって田舎に帰らせられるが、再婚を控えた父親は彼に冷たい…。決して生活が楽そうに見えない父親には父親の葛藤があるのだろうけど、単に自分勝手にも思え、むごい話だった。イスラム教においては目が見えないことはハンディではなく、むしろ神を身近に感じられるんだと、盲目の大工の男性に慰められても、まだ親の愛を必要とする小さな少年には酷な話だ。
しかし、そんな寒々としたストーリーとは対照的に、緑濃い山里の自然が素晴らしく、とても美しい映像の映画だった。少年の心を和ませるさまざまな鳥の声(父親には恐怖や不安をかき立てる音に聞こえる)や、少年の祖母と姉たちが色とりどりの花を摘み、その花びらを釜で煮て糸を染めるシーンなどが印象的だった。原題は「THE COLOUR OF PARADISE」。まさに宗教画に描かれる楽園のような風景。ラストシーンは「汚れなき悪戯」をちらっと思い出した。

すっかりニートな日々。

北村一輝の最新Vシネマとかいろいろ、レンタルで見た映画。

「ドッジボール」(2004年 米)
★★★★
経営危機にあるスポーツジムが、隣のフィットネスクラブに乗っ取られそうになり、マイナースポーツであるドッジボール大会の優勝賞金目当てに、経営者と個性もバラバラな会員たちがにわかチームを結成する…。
始終笑って見られるコメディ映画として満足度高し。ベン・スティラーはこういう間抜けな悪役が一番はまってるよ。ようやく気付いてくれたかの思い。女性にもてる役なんて似合わんし。股間に空気入れて膨らませて女性をくどくシーンに爆笑。対照的なキャラを演じるヴィンス・ボーンとの相性もいいのではないかしら。ドッジボールってしょっちゅうルールが変わってるのか、それとも国によってルールが違うのか。ボールを6個も使うなんて…。エンドロール後のシーンは不要かな。

「永遠のマリア・カラス」(2002年 伊/仏/英/ルーマニア/スペイン)
★★★☆
マリア・カラスの晩年の生き様を、彼女と実際に交流のあったフランコ・ゼフィレッリ監督がフィクション仕立てで描く…。
ファニー・アルダンの女優魂サクレツ! やっぱり好きだこの人。表情を見ているだけで楽しい。額と口元のシワすら美しく見える。DVD特典でにこにこしながらインタビューに答えていたのもステキだった! 音楽プロデューサー役のジェレミー・アイアンズは、この映画の中では声が耳障りで、私的にはちょいミスキャスト。

「サスペクト・ゼロ」(2004年 米)
★★★☆
ベン・キングズレー演じる悲しい男の物語。最初に殺される男が見るからに善人風だったので、騙されそうになったが、気になる謎は意外と早く解ける。オカルトサスペンスを装いながら、実は現実にアメリカで頻発している事件をテーマにした、真面目な映画ではないかと。キングズレーの熱演あっての説得力とでもいうか。主役のアーロン・エッカートも、B級テイストな感じがマッチしていたと思う。

「歓楽通り」(2002年 仏)
★★★☆
パトリス・ルコント監督作。第二次世界大戦後のパリの娼館を舞台に、その娼館で娼婦の子として生まれ育った男性が「運命の人」と決めた一人の若い娼婦に献身的な愛を注ぐ…。結末は彼が仕組んだことだろうか? どっちでもいいかな。ヒロイン役のレティシア・カスタがちょっとブリジット・バルドー似で可愛らしかった。彼女のキャスティングがあっての星評価。

「エデンより彼方に」(2002年 米)
★★★
台詞から衣装、セット、映像、音楽まで50年代のアメリカのメロドラマを意識して作られた映画らしい。でも、そこにあまりこだわられても日本人には馴染みが薄いせいか、ふーんと思うだけで何かが物足りない。キャストは主人公のジュリアン・ムーアをはじめ、みんなぴったしと思った。デニス・クエイドは昔から人権問題が絡む映画に積極的に出ている印象があるなあ。友人役のパトリシア・クラークソンが印象に残る演技。

「武装戦線 政府軍VS革命軍」(2005年 日本)
小沢仁志主演の新作Vシネマ。雑誌のフリーライターが、リヴァイアサンと呼ばれる伝説の傭兵を取材するため、 フィリピンはミンダナオ島のモロ・イスラム解放戦線で政府軍の傭兵として働く日本人のもとを訪れる…。
北村一輝が出てるんで借りたけど、何が言いたいのかさっぱり分からない映画だった。イスラム解放組織の味方であるリヴァイアサンが、なぜマリア像を祭るのかとか…。でも、こういう、いつ自分の血肉が吹っ飛ぶかしれない映画は、ある程度、確実に需要があって、ぐだぐだ理屈をこねるのはナンセンスなのかも。
映画自体は星採点不能。北村ファンには、英語台詞が新鮮? 迷彩軍服がびしっと決まってる本宮泰風ら傭兵との対比を出すためかしらん、必要以上にだらっとした歩きが気になった。そこまでやらんでも。

2005年11月22日 (火)

シェイクスピア原作のあれ。

男装の女性が名裁きを行う下りが、あまりに有名な物語。なのでストーリーよりも、シェイクスピア劇ならではの深みのあるセリフ、出演者の演技や16世紀ヴェニスの雰囲気を楽しみに見に出かけた。

「ヴェニスの商人」(2004年 米/英ほか)
★★★☆

アル・パチーノ演じるユダヤの高利貸しシャイロックは、皆に疎まれる嫌なやつの設定と思うが、むしろ同情しか覚えなかった。一方で、シャイロックから借金返済の代わりに肉1ポンドを差し出すことを迫られる貿易商アントーニオ(ジェレミー・アイアンズ)が、なぜシャイロックと天敵の関係にあるのかも、映画ではごく控え目にしか描かれていない。

アントーニオを通じてシャイロックから膨大な借金をする放蕩男バッサーニオ(ジェセフ・ファインズ)。こいつがすべての元凶。そして、父親の財産を持ち出して男と駆け落ちする娘のジェシカも、うろちょろするだけで、見ていていらいらする存在だった。知恵者ポーシャも、浮かれてるだけの脳天気な姫さまにしか見えず。

恋する若者たちの身勝手さのせいで、とんだ迷惑を被ったおじさん2人。いや、アントーニオのほうは、親友バッサーニオのために命を落としても致し方なしの気持ちだったかもしれないけど…(映画ではこの2人は友情以上の関係を匂わせている)。いずれにしろ、そのおじさんたちと世代が近い自分には疲れる映画だったよ。 パチーノの演技がリアルだっただけに、シャイロックを巡る重苦しい話と、舞台劇のような演出のラブロマンスのシーンが、自分の中で相容れて消化しきれないというか…。

もっとシャイロックが憎々しければ、すっきりした気分で見終わるのだけど、それでは話が単純すぎるし、やはりユダヤ人を狡猾な高利貸し、一方的な憎まれ者として描くのは、現代では微妙なのかなあと思ったりもした。ストーリーは原作に忠実でも、映像になるとどうしても色がつくだろうし、シャイロックが不器用で可哀想な男にしか見えないのは、ユダヤ人社会に対する遠慮が働いているのかなとか。

で、帰ってきてから映画の公式ページの解説を読むと、シャイロックは悪者ではなく、まさに悲劇の男の扱いになっているではないか。子供のときに読んだ本から受けたイメージとはずいぶん違っている。シェイクスピアを児童書のような要約本で、読んだ気になっていたのが間違いだったかしら? 本当のところはどうなんだろう。

2005年11月16日 (水)

父親の思い出。

みいやんさんの「大人は子供に対して理不尽でいい」という言葉を目にして、そのブログテーマからは内容は外れるけど、思い出深いことがあるので書いてみる。

自分は子供の頃に月決めのお小遣いというものはもらったことがなくて、買いたい物があるときはそのつど、親に申告してお金をもらっていた。10円、100円単位のときは母親に、1000円以上なると父親に。

ド田舎育ちなのでお金を使う機会は限られ、ふだんはそれほど不自由を感じない。でも、夏休みなどに友達がアイスキャンデーを買って食べていたりすると、やっぱり自由になるお金が多少は欲しいと思う。

そこで月ごとに小遣いをもらえるように父親に交渉してみた。「隣の〇〇ちゃんも××ちゃんももらっている。うちも」と。それに対して父親は「いちいち人の真似をすることはない」と答えた。

しばらくして、私はギターがやってみたくなった。楽器に対する憧れは幼稚園のときからで、当時はオルガンを習いくたくて、母親は賛成してくれたけど、そんな経済的余裕はうちにはないと父親には一蹴された。で、このときもダメもとで「ギターを買ってくれ」と言ってみた。それに対して父親は「同級生でほかに持っている子がいるのか?人と違うことをわざわざすることはない」と答えた。

言ってることが矛盾してんじゃん。おかしいよと思いつつ、うちは父親が絶対的存在で、財布も握っているのでどうしようもない。理不尽な父親に見切りをつけて、小学5年生から新聞配達を始めた。ド田舎なので、毎朝30分走っても配達先は10軒足らず。月に1500円くらいの収入を、弟たちにも分けて小遣いとしていた。

でも、おかげで陸上の中長距離は、同級生の中で1番に速かった。これは思わぬ余録だった。ただし中学1年の終わり頃からぐれちゃったせいで、新聞配達はやめ、体育の授業も部活も放棄するようになった。学校もさぼりがちになって、たまに先生から電話がかかってくると母親はオロオロ。理不尽なほどの亭主関白な夫に加えて、言うことを聞かない娘にも振り回され、母親ばかりにしわ寄せが行っていたと、今は反省している。

周囲からも「大正時代の人間」と言われた頑固で変わり者の父親には、不満を爆発させたくなったことがほかにもいろいろある。10年ほど前に亡くなり、正直言って、いまだに愛憎相半ばする感情を持っているが、人に頼らないという自立心を芽生えさせてくれたのは父親かもしれず、前述の矛盾する言葉を、たまに禅問答のように思い出したりしている。

2005年11月15日 (火)

最近見たDVD。

さぼっていた感想をまとめて。

「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」(2003年 仏)
★★★★☆
Fi2053622_0e 1960年代初頭、パリのユダヤ人街に住む片親の少年と、食料品店を営む老いたトルコ人(オマー・シャリフ)の心の交流…。
テーマ曲がティミー・トーマスの「We Can't We Live Together」だったりするし、実は平和へのメッセージが濃厚に込められた映画と思うが、説教臭さはなく、また、単に孤独な少年と老人のふれあいものとして見ても良い映画だと思う。見終わった後に清々しい気持ちになった。なんとなく良質の絵本を読んだ後の感覚に近い。2つほどミステリアスな謎が残るのが、フランス映画らしくて好きです。

「エイプリルの七面鳥」(2003年 米)
★★★★☆
家出した不良娘と、その娘を愛せないことで悩んできた母親との再会…。監督・脚本のピーター・ヘッジズは「ギルバート・グレイプ」や「アバウト・ア・ボーイ」の脚本も書いた人なんですね! そうかー、なるほどー、今後は忘れずチェックしましょ。短い映画だし、話もシンプルなんだけど、最後に泣かされた。出演者がそれぞれにいい味を添えている。このケイティ・ホームズはかわいい。

「パニッシャー」(2004年 米)
★★★☆
アメコミ原作のダークヒーローもの。だったらこんなもんかなーという感じ。世界観や復讐(ではなくて制裁らしい)の動機はこの前見た「シン・シティ」のほうが新鮮だけど、映画としてはこっちのほうが、ほのぼのとして笑える部分もあって楽しい。

「アイデン&ティティ」(2003年 日本)
★★★☆
うちらもバンドをやっていたとき、いちばんやっかいだったのが歌詞。詞で訴えたいと思うことなんか何にもなくて、とりあえず韻を踏んでみたりしながら適当に言葉つなげて、曲をつけてみると、案外いい感じになったり、ぜんぜん世界が膨らまなかったり。「不幸なことに不幸がなかった。それがコンプレックス」ってまさにそのとおり!
映画自体の感想は・・・語りすぎかな。特に最後のほうはいらない。音楽がテーマの映画なのに、肝心の音楽が冴えなかったのも物足りない。ボブ・ディラン頼りなんですもの。大杉漣の雑誌記者が、服装ともどもすごくリアリティあった。高円寺のスタジオ「アフタービート」は、自分もよく深夜パックなどで利用してました。缶飲料の自販機で2回続けて当たりを出したことが思い出…。

「コニー&カーラ」(2004年 米)
★★★
ミュージカルスターを夢見る幼なじみのコニーとカーラは、殺人を目撃してしまったことから故郷を捨てて逃亡。身を潜め生活していくためにドラッグクイーンに変装してステージに立つ…。あらすじは知っていて楽しみにしていたんだけど、むむむ。まず、まったく女装した男には見えない。特にコニー。設定自体に無理あり? ついでに、笑わすだけでなく、もっと心に訴えてくる要素もほしいかな。なんか浅く感じてしまったよ。似たような女性2人組だったら「ロミー&ミッシェル」のほうがずっと魅力的。

「オペラ座の怪人」(2004年 米/英)
★★★
ミュージカル好きではないせいか、あまりのめり込めなかった。出だしは面白かったのに、ファントムの歌になると眠気が・・・。このミニー・ドライバーは米倉涼子そっくりだなあ。とっくにあちこちで言われてる?

「ねじりん棒」(2004年 日本)
★★
映画というより深夜ドラマかBSドラマじゃないの? 低予算の短い作品。理髪店に散髪にやってきた新米タクシードライバーが、店主(石橋蓮司)と世間話をするうちにとんだ墓穴を掘ってしまう。あ、ネタバレしちゃった・・・。いつどこで誰がキレるかとはらはらしながら見るコメディサスペンスかな。

ほかにもウィル・スミス主演のコメディなど2、3本見ましたが、記憶が古くなりすぎて割愛。それにしても、近所のレンタル店、洋画コーナーの目線の高さの棚を韓国映画で固めるという偏った並べ方はいい加減やめてほしい。探しにくいったらありゃしない。

2005年11月11日 (金)

そわそわ。

職探しが進みません。1日に1通、履歴書や職務経歴書、志望動機を書くだけでぐったり。何件か応募してあるけど、書類選考の合否の連絡すらまだ一つもなし。失業中は暇そうでいて、気持ち的にはぜんぜん暇じゃなく、時間だけが過ぎていきます。

今日はそれとは別に、88歳の男性とうちの近所の駅の改札で待ち合わせ。1時間きっかり待って、もう来ないだろうとあきらめ帰ってきたら留守電が2件。「いま駅で待っています」と「もう帰ります」。いったいどこで待っていたんだぁー?!
双方が携帯電話を持っていれば、こういう問題はないのだが…。たとえ相手が勘違いしていたとしても、お年寄りだとものすごく罪悪感を感じてしまう。こっちの説明がまずかったのか?とか。今日はけっこう寒いので特に。早く連絡取って誤解を解きたいのだが、先方の住所しか聞いていないため、向こうから電話が来るのをじっと待つしかありません。うあぁああー、落ち着かないったら!

昨日の爆破テロのニュースの続報が気になって、あちこち検索してみたら、自分の書いた文章と一部そっくりのブログを発見! やっぱりあるんだねぇ、こういうこと。言い回しを変えてあるので、向こうにぱくっている意識は全くないのかもしれない。でも、参考にするならば、それなりに信憑性のあるところから引っ張ってきましょうよ。もしくはこっちのURLを貼るとか・・・。

2005年11月10日 (木)

ヨルダン気の毒。

アンマンの3つの欧米系ホテルで自爆テロ。旅行では、国も人々もとても穏やかな印象を受けただけにショック。現時点で57人の死者が出ているのに、テレビのニュースではあまり大きく報道されていない。中東でのそんな事件は珍しくもなんともないと思われているからだろうか。
それにしても、エジプトのシャルムエルシェイクでの同様の事件のときのほうがもっと騒ぎになっていたと思うけど。爆破は現地の夜9時に起きたということで、詳しい情報はまだこれからかもしれません。

アンマンにはイラク報道の記者だけでなく、イラクで働く外国人ビジネスマンがたくさん滞在しているという。それだけ安全であり、インフラなども整っている。港町アカバに向かう幹線道路では、イラクからの輸送トラックとさかんにすれ違った。ヨルダンはイラクと外国を結ぶ窓口であり、持ちつ持たれつの関係であると思う。一方で、この国は親米とか親イスラエルとか言われている。でも、あの地理的位置に加え、食糧・水の自給率が低く、石油資源もない国としては、国を維持するために必要なことをしているだけと思う。
周辺国との調和を第一に、平和を維持している国で、このような事件が起きることはありきたりの言葉だけど、やりきれないです。観光が重要な収入源となっている国なので、後遺症が残らないことを祈ります。

2005年11月 7日 (月)

私家版・元気になる音 その28

CD店のおすすめコーナーにあったので買ってみました。

Breakestraの『Hit The Floor』

Fi2028894_0e うはっ、もろ70年代前半のファンクの音だ!

ブレイケストラは、ブレイクビーツやレアグルーブを生で演奏することをコンセプトに、96年にLAで結成されたとのこと。ジャケを見ると、メンバーは白人がほとんどか? リードボーカルは白人と黒人の2人と思われる。両者は歌い方のスタイルはまったく異なるのに、やはり70年代風。サウンドはJBだったり、タワー・オブ・パワーだったり、どこかで聴いたふうな曲ばかりで、アルバムを聴き通してみて、個性はそれほど感じられない。ホーン入りのインスト曲や、ラッパーがゲスト参加した曲もある。

でも、ドラマーがいいすね! このグルーブ感はとても気持ちがいいよ。随分上手いアマチュアバンドの趣がなきにしもあらずだが、小さな箱で演奏をしたら、文句なしに盛り上がることだろう。もっとロックっぽいのではないかと思っていたけど、いや、もっとロックの要素をプラスして、はっちゃけたほうが面白いんじゃないかと思うんだけど、けっこう気に入って繰り返し聴いてます。というか、こういうバンドを、またやりたいー。
元気が出る1曲は7曲目の“At The End Of The Day”で決まり! 9曲目あたりも好き。

こちらで試聴♪

2005年11月 6日 (日)

ソニー・ロリンズは不滅です!

東京国際フォーラムに ソニー・ロリンズ を聴きに行ってきた。ファンでありながら、たびたび来日していながら、コンサートに行ったのは実にひさびさ。ジャズコンサート自体ひさびさ。これもいいライブだった! 今年は個人的にライブの当たり年です!

75歳になったロリンズは、歩く足取りはおぼつかない風ながら、黒いサングラスに真っ赤なパンツといういでたちで登場。メンバーはロリンズを入れて全部で6人です。

ベースがボブ・クランショウ……うお、懐かしい。最近また一緒に活動してたんですね。
ドラムスがスティーヴ・ジョーダン……これはちょっと意外だったかも! 儲けた気分。
ギターがボビー・ブルーム……まだ一緒にやってんだ。ロリンズとは師弟関係。
パーカスがキマチ・ディニズル……知らない人。けどコンガによる歌うようなソロがすげー良かった!
トロンボーンがクリフトン・アンダーソン……ロリンズの甥っこらしい。4ビートバップよりは16系のフレーズの人。

さて、コンサートで印象に残った曲。2曲目のバラード。タイトルを思いつかないのがもどかしいが、美しい。4曲目のワルツは知らない曲だが、ロリンズ先生のソロはこれが最高でしたよ! 間に15分の休憩が入り、後半、出たー! カリプソ曲の「ドント・ストップ・ザ・カーニバル」。70年代のロリンズが好きな私には、これはうれしかった! そして、ラストは誰もが知ってる「セント・トーマス」! リズムのまったりしたセント・トーマスだけど、今のロリンズの味わいがしっかり出ていたのではないか。お疲れ様の思いとともに、目頭が熱くなった。やったのは7曲かな? 8曲かな? ジャズは1曲ずつが長いのだが、もっと聴きたかったよー。あっという間だったもん。あと2曲くらいはやってほしかった。

思ったのは、年を取らないと出ない味というのは、音楽に関しては絶対あるということだ。体力の衰えた部分を十分に補う何か。(ある人はそれを「老人力」と呼ぶ?) ジャズの場合は特にソロ演奏。変な気取りや欲がなくなるからか、大抵の人はノリ(フレーズじゃないよ)がうんと大きくなって、より自由さを感じさせる演奏となる。それが聴く側の意表を突いてくる。まるで、ちっぽけな悩みに振り回され、汲々と生きていたって、なるようにしかならないよと諭されているような…。(ある人はこれを「癒しの音楽」と呼ぶ?) 誤解ないように言うと、演奏自体は熱いものが脈々と流れているんですよ。

でも、考えてみたらソニー・ロリンズはずいぶん前から、自分の気持ちのままに、自由な演奏に徹してきた気がする。そして、そこが好きなところだ。豪放な音色とともに。正直、若い頃よりは音色は少し薄っぺらになっているか? これは使用するマウスピースやリードとの関係かもしれない。しかし、楽器の鳴りの良さはバツグンで、うねるようなロリンズ節も変わらず!
音響もよく、ワイヤレスマイクを付けての演奏は聴きやすかった。けど、私は演奏に熱が入り、動きすぎでベルがマイクから離れてしまい、生音にスイッチする瞬間がけっこう好きで、特にロリンズでそれを聴いてみたかった気もしなくはない。

客層は、若い女性がかなりいました。昔はピアノトリオならいざ知らず、サックスがリーダーのコンサートとなると女性は肩身が狭かった。某サックスプレーヤーのコンサート(ヤマハホール)のときは、目で確認した限り、自分を入れて女性はたった4人しか見かけなかったのに。「サキコロ」が世代を越えて、いまだ愛され続けている証拠でしょうね。

さて、このコンサートは本当にロリンズ最後の来日になるんでしょうか? 悔しいのは、チケがほぼ売り切れてから決まった最終日の追加公演が小さなホールCだってことだよ! 納得いかん!

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

インデックス

無料ブログはココログ