« アラブはちょうどラマダン月。 | トップページ | ヨルダン男性の目線が熱いぞ。 »

2005年10月21日 (金)

さすが金持ちUAEの飛行機

Fi1978814_0e アラブへの旅の飛行機は、ドバイを拠点とするエミレーツ航空。行きはドバイを経由して、ヨルダンのアンマンに向かいました。

機内天井にはプラネタリウムのように星が散らばっています。ファーストクラスなんぞはミニバー付きの個室仕様ですよ。金持ちの石油王のお客さんが多いんでしょうね。エコノミーも、乗ったことのある海外便の中では最も快適でした。椅子の背の頭の当たる部分が内側に曲がり、眠ってしまっても、隣の人にもたれかからないように頭を固定させられます。座席ごとに付いてるテレビ画面は大きく、チャンネルは500近くある。日本語で楽しめる映画だけでも30本! それも巻き戻し・早送りができて、見たいときに見られるというのには感激しました。おかげで寝不足にはなったが、ちっとも退屈しなかったです。映画好きにはぜひぜひ。関空からしか発着してないのが少し不便ですが、欧州各地に行くにもドバイ経由だったら料金も安めではないかな?

ドバイ空港に着いたら、ちょうどアザーンが流れていました。イスラム国で毎日5回流れるアザーンは今もすべて肉声だそうです。関空からドバイは10時間ほど。ドバイからアンマンは約3時間。アンマンに向かう飛行機の窓からは、ドバイの海を「ヤシの木」型に埋め立てて建設中の高級住宅街&リゾートが見渡せました。その先はもうアラビア半島の真っ白な砂漠が延々と・・・。寒い国も嫌だけど、こんな砂漠のど真ん中にも住みたくないよ。


« アラブはちょうどラマダン月。 | トップページ | ヨルダン男性の目線が熱いぞ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622209

この記事へのトラックバック一覧です: さすが金持ちUAEの飛行機:

« アラブはちょうどラマダン月。 | トップページ | ヨルダン男性の目線が熱いぞ。 »

インデックス

無料ブログはココログ