« ミッキー・ロークは楽しかったけど…。 | トップページ | ソニー・ロリンズは不滅です! »

2005年10月31日 (月)

ヨルダン・シリア・レバノンでの通貨と言語

3国とも都市や観光地周辺ではドルが利用できるようですが、割高になるし、いずれにしろおつりは現地通貨。入国してから小銭として使用する分だけ、それぞれの国のお金に両替しました。

Fi2006210_1e

ヨルダン通貨はヨルダン・ディナール(JD)で、1JD=約1.5ドル。ドルより強い! イギリスの委任統治下にあったため、ポンドに近いレートとのこと。言葉も英語がたいてい通じました。アラビア訛りの英語は日本人にはとても聞き取りやすい。日本訛りの私の英語も、イギリスに行ったときよりはすんなり通じていたと思うのは気のせいか。

結局、旅行中に使ったアラビア語は「サバーヒルヘール」(おはよう)、「アッサラームアレイコム」または「マルハバ」(こんにちは)、「シュクラン」(ありがとう)、「アフワン」(すみません)、「マッサラーマ」(さようなら)だけ。「アッサラームアレイコム」は畏まった挨拶で、ふだんはあまり使わない。そう声をかけると、向こうは急に真面目な顔つきになって「ワレイコムッサラーム」と返事してくるので、途中からなんだか申し訳ない気がしてきました。アラビア数字の表記は「0」と「1」と「5」だけ覚えた! 自慢にならない…。

Fi2006210_2e

シリアでは、50シリア・ポンド(SP)=約1ドル。紙幣には歴史上の有名人や名所がデザインされている。この200シリア・ポンドはサラディンだ! ヨルダンでもそうだったけど、たまに今にも真ん中から2つにちぎれそうなほど、ボロボロになった紙幣が流通しています。

Fi2006210_3e

ややこしいのがレバノン。1500レバノン・ポンド(LP)が約1ドル。桁が違いすぎて、買い物するときに頭の中でドルに換算するのが大変! 単位が大きいので結局コインは一度も手にすることなく終わりました。

シリアとレバノンはフランスの委託統治領だったため、英語よりもフランス語がふつうに通じる様子。観光客に対する挨拶も「アロー」や「メルシー」。ベイルートの大きなスーパーで買い物したときに、欲しい物があって店員に尋ねたら、英語の分かる店員を探すのに少し手間取ったりした。町なかの表記もアラビア語にフランス語が添えてあることが多かったです。

« ミッキー・ロークは楽しかったけど…。 | トップページ | ソニー・ロリンズは不滅です! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622231

この記事へのトラックバック一覧です: ヨルダン・シリア・レバノンでの通貨と言語:

« ミッキー・ロークは楽しかったけど…。 | トップページ | ソニー・ロリンズは不滅です! »

インデックス

無料ブログはココログ