« 選択が尽きるときは呼吸が止まるとき。 | トップページ | この夏、唯一のイベント »

2005年8月 7日 (日)

チラシコピーに偽りあり。

平日に映画は無理そうなので、初日にさっそく観てきた。多くの北村一輝ファンが待ち望んでいた(?)官能映画! 予定にはなかった望月六郎監督の挨拶が付いていた。

「濡れた赫い糸」(2005年 日本)
★★★☆

【ネタばれ注意】
映画は昭和のロマンポルノの雰囲気を継承しているらしい。舞台は大阪に実在するという15分7500円の売春街。チラシには「イキっ放しのラブストーリー」とのコピー。そして、タイトルもそれっぽいんだけどねえ・・・。

同じ監督の「皆月」「弱虫」に比べたらぜんぜんエロくなかった…。濡れ場はどこにあったの? ってくらい。キタキターー!と思えば、場面は飛んで、街の中を歩いていたりする。もしくはとっくみあい喧嘩を始めたと思ったら、いきなり発射して果ててたとか。看板女優の高岡早紀、吉井怜はバストどころか、肩一つ出してませんよ! それを目当てに映画観に来た男性がいたとしたらお気の毒(笑)。私も残念だった。1回くらい北村さんが腰を動かすサービスシーンがあると思っていたもので・・・。

もしかしたら露骨なセックス描写はあえて省いて、それ以外の部分で3人の男女の官能的な関係を描こうとしたのだろうか。でも、どうなのこれ? 意図した通りの作品になっているのかな。

主人公の茂(北村)が、クラブで出会った娼婦の一美(高岡)に一目惚れするシーンから映画は始まるけど、ライトを浴びて踊っている高岡が、アンニュイなんてもんじゃなくて、単にやる気のない女にしか見えなくて、だから、なんで一目惚れしちゃうかわからないわけだ。このつかみがダメだと、しばらくはとても退屈。
でも、もう一人の女、恵利(吉井)が登場するあたりから、笑えるシーンが増えて、テンポも良くなる。高岡に比べたら吉井は頑張ってた感じ。ぶち切れて開き直ったときの演技が面白かった。でも、やっぱり色気はなかったけどね。

もう一人、北村にからむ女性(佐倉萌)がいるんだけど、映画が進むにつれて、北村と「おもろい夫婦」のような関係になっていくのが可笑しい。いわゆるデブ専が喜ぶタイプの女性なのだが、組み合わせ的にも優男の主人公といちばんお似合いだったような。
売春街で女性たちから慕われる先輩ヒモの役で奥田瑛二。苦手な人も多いみたいだけど、やっぱり上手いから安心して見ていられる。

北村は、ホストやったりヒモやったりしながらも、基本的には人が良すぎて、女に振り回され、何度もひどい目に遭うという役の設定。映画の前半、中盤、後半とキャタクターを微妙に違えて演じているようで、自分としてはいつものチンピラ風の中盤と、力の抜けた後半が良かった。いろんな顔が見られて、ファンとしては楽しいかも。

で、映画としての出来はというと、う、うーん・・・・。愛とか嫉妬とかを、笑いをからめてライトに描いているところは結構好きだけど、ビデオシネマでも仕方ない気がするよ。あと、撮影カメラのレンズの油汚れらしきものが始終気になった。自分の気のせいかな。ありえないことだと思うから。

***************************************

さて、来週月曜日は、テレビ番組を観覧に行くのだぁー。時間ぎりぎりまで仕事が詰まっているのが、ちと気がかり。テレビ局に入るのも初めての経験。何か面白いことがあったら後日報告。たぶん8月の終わりくらいまで、ブログはお休みします。

水泳に続いて陸上も、見始めると止まらなそう・・・。

« 選択が尽きるときは呼吸が止まるとき。 | トップページ | この夏、唯一のイベント »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ユンソナちゃんと沖縄デート見たよ!11時前になると妹が騒ぎ出したんだけど、わたしゃメントレ見よ~思うたら野球のずれこみだったんで…(笑)「愛の告白ビデオ」人にやらせといて自分は絶対できない~っておもしろい人だねぇ。ユンソナちゃんハングルで言ってほしかったなぁ…でも私はやっぱり…韓国美人女優を2派に分けると、濃ゆい東南タイプよりジウ姫やチャングムのような白皙の北系の方が好きなので、ユンソナは範疇外。。。あっ北村さんの話だっけ?終わった後も妹はかっこい~を連発してたけど、私にはわかりませぬ。相変わらずスター・ウォーズ狂い継続中なので「戦国自衛隊」も行かなかったし、その映画も知ってるんだろか?ヒカさんのレビューを見せてやります。奥田瑛二…去年暮れの舞台、麻美れいの「エリザベス」でシェークスピア役だったけどあんまりうまいと思えませんでした。くせがある感じに演じてるようにしか見えないの(辛口かな?)

>ぱぴよんさん北村一輝、何がよいか、分からなくても気にしませぬよ。いろいろ映画やドラマを見ると、魚の小骨がノドにひっかかるような印象?とても面白いんだけど、今のところ好き嫌いはあるタイプと思う。妹さん、カムバーック!こんなレビュー、たいして参考にはならないですが・・。奥田瑛二はクセあるね。私も決して好きではないけど、こういうVシネ系だと気にならないですよ。水が合ってるんじゃないかな。

>魚の小骨がノドにひっかかるような印象? それって自分の好きなスターを評する表現なの?初めて聞いたぞ!(笑)愛とは苦しみなのか…ますますわからむ。 ところで沖縄そばとソーキそばっていうのは別ものだったのね~と初めて知りました。ソーキがきしめん状なのね…あすこで食べた~い~!東急ハンズ常設の沖縄食材コーナー(なぜかあの「ざわわ」の歌がかかっていることがある…いくらなんでも雰囲気が…)にあるタコスライスのレトルトをたまに食べたくなるのですが、昨日はそのミートソースと沖縄そばがセットになってるのを買いました。今晩はレタスを混ぜていただきます。 奥田氏はまあ舞台だったし翻訳ものだったしなので…「海と毒薬」なんて見たことないけど、そういう映画だったらうまいのじゃないかと思っています。

>ぱぴよんさん沖縄とソーキの違い、知らなかった。沖縄に行くと必ずそばのほうは食べるかな。評判の店を人に聞いたりして。泡盛に唐辛子が漬かってるやつを振りかけて食べるとおいしいよね。でも、なぜかこっちではあまり食べようという気にならない。あれは絶対沖縄で食べたほうが旨い!、特にダイビングの後は最高だよー!タコライスは発祥の店は、一度すぐ近くまで行って、寄らずに帰った。ちょっと後悔。

タコスはやっぱり米の方がウマ!沖縄行ったことないので何にも知らんし、こちらでも食べたことないけど、そばはラーメンより支那そばなお味?オリーブ油でなく泡盛に唐辛子?!泡盛すら飲んだことないのでどんな味か想像もつかん。てことはヒカさん高度の泡盛もイケル口なんですね(笑)それにもぐりもおやりになるとは!ほんとにスポーツウーマンだったんだ…私「グランブル」さえ見たことないけど、私より泳げないはずの妹がはまって、一時スーツまであつらえてました。結局自分にはできないことがわかったらしいですが…ジャック・マイヨールは100mももぐって何すんの?って聞いたら、くはーっ!て言われた。ケーブルで降りてがまん大会?ところで、長崎はどうでした?長崎人はちゃんぽんちゃんぽんて言うけれど、そのへんの店で食べてもおいしいと思ったこと一度もないや。やっぱり長崎でたべたらうまーい!の?

何も私が北村話に首をつっこまなくてもいいんですが…(笑)「戦国」では武士役だったそうで、現代人じゃないんだと言うと、妹もてっきり現代人のワルだと思ってたので意外だったと申しております。記者会見の頃は映ってる映ってる!(一瞬?で通り過ぎんのね)って騒いでたんだけどね~1回舞台を見てしまったから、映像よりまたお芝居で見たいそうです。私も篠井英介さんが火曜サスペンスに出る!って聞いても、本人がさほど入れ込んでもいないドラマを積極的に見る気もせず、気が付くといつも終わってるんです。ま、誰しも好きなスターの濡れ場は見たいもんですよね。「花と蛇2」は遠藤慶一だったのね。北村氏3でどうでしょ?1の時、劇場で見たかったけど銀座シネパトスだから尚更はばかりがあって行けなかったわ。石橋蓮司のことだけど、私的に勝手に和製クリス・魚犬と思うてんの…

>ぱぴよんさん唐辛子の泡盛漬けは「コーレーグース」という名らしいよ。沖縄食材のコーナーには必ずあると思う。調味料なので酔っ払わないです。あ、それで私スポーツウーマンじゃないし。グランブルーにはまってスーツまで作るってすごいね!あっちは素潜りで、私は酸素ボンベなどの機材背負ってだから、種類が違うんよ。グランブルーと違って、変な魚ウオッチングが始めた目的。でも、やってみないとわからない良さがある。しばらくやってないので無性に潜りたいです。長崎チャンポンは人に教えてもらった店は休店日で、どうってことない店で食べたけど、ふつうに旨かった。沖縄は気候の違いが食べ物の味も変えるかもよ。北海道なんかもそうかも。

>ぱぴよんさん私は映画の北村のほうがいいよぉー。お芝居、はっきり言って向いてない…。でも生はリアルで美しいです。先日ファンクラブで番組観覧が当たって、東京フレンドパークというのを見てきました。いい年して恥ずかしいですが。篠井さんは、そりゃお芝居のほうが満足感高いだろうね。花と蛇・・うわっ微妙(笑)。まあでも近い路線ではあるかな。石橋=ウォーレンね。うーん、昔は知らないけど、今はどうかなあ。否定はしません。わたしも好きでーす。

テレビ観覧て北村一輝だったのか…(笑)妹がうらやましがるよ!FCも入ってるんだ~!私も篠井さんひいき連に入ってますんでよろしかったら1度お越し下さいませ。でもこれから今年いっぱいはなんと1本の舞台もないそうで…そのかわりお茶会やってくれるみたいなんですけどね… 蓮司→和栗酢というのはやっぱり目とか雰囲気かなぁ…怒ってなくてもコワイのに瞳はどこか虚ろだったりしない?(笑)

>ぱぴよんさんお茶会・・・なんかすごく似合うね(笑) 上品な感じだわ。石橋さん、怒ってないのに怖いのは確かなんだけど、最近は市原悦子の2時間ドラマの同僚のイメージが強くて、あれ見ると、丸くなったなーと思う。映画では北村も出てる「許されざる者」がとてもよかった。この石橋さんはいいすよ。藤竜也の女房役。ビデオ2巻に分かれてるのが面倒だけど、気が向いたらどうぞ。

ヒカさんはどうしてそんなに何でも知ってるというか、洋画と邦画両立できるの?私韓流には1,2年で息切れちゃったよ。何々?蓮司&竜也?なんとす…素敵なカップル!市原悦子の同僚てのは家政婦じゃないよね?(笑)私蓮さんをちゃんと見たのは「日本の黒い夏」(?)松本サリン事件担当刑事とハイビジョンドラマの主演で、往年のシェフの役くらい。これは現役シェフ役で篠井さんも共演したの!クリスのようにあんまりうまいとは思わないけど、哀愁がある!日本には至極希少な雰囲気を持った人ですよね。でも出演作200本を越えるとは…クリスも負けたわ!

>ぱぴよんさん日本の映画俳優さんたち、vシネも含めると、ほんとびっくりするくらいの出演本数。映画製作本数だけは、今も世界で一番らしいですからね、日本。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622189

この記事へのトラックバック一覧です: チラシコピーに偽りあり。:

« 選択が尽きるときは呼吸が止まるとき。 | トップページ | この夏、唯一のイベント »

インデックス

無料ブログはココログ